« 新しいお客様 | トップページ | 新しいお客様 »

2006年6月 7日 (水)

表計算ソフトさまさま

いつも不思議に思うのですが、お問合せというのは何故か集中することが多いものですよね。本日もそうでして、「表計算ソフトを習いたい」との問い合わせが3件。
う~んExcelさまさまです。(笑)

表計算ソフトとして確固たる地位を築いているExcelですが、私が大学生だった頃は表計算ソフトといえば、ロータス123でして、「えくせる?何それ」という感じでした。(苦笑)

ですが、コンシューマ市場でWindowsが爆発的にヒットしたこともあって、一気にマイクロソフト社のアプリケーションが活気づき、あれよあれよと言う間に表計算ソフト市場のシェアが逆転。あんなにロータス、ロータスと言っていた人々がいなくなってしまうなんて・・・
う~んすさまじいものです。

さて、ご存知の方も多いと思いますが、来年(2007年)の1月ごろにWordやExcelなどが統合(スイート)されたOfficeソフトのバージョンアップ版がリリース予定で、今までにない大幅なインターフェイスの刷新となるようです。

私がExcelの新機能面に関して注目していることがいくつかあるのですが、中でも

  • 条件式書式が現行3つまでだったの無制限に
  • ワークシートの行数が現行65,536行だったのが100万行以上に

などの機能は大変興味があります。
ですが、今まで慣れ親しんだ操作画面が大きく変わることは既存ユーザ側にとってちょっと大変かも・・・
例えば、初めてパソコン購入してExcelを学習する方はExcel2007、職場ではExcel2000だとはたして業務効率が上がるかは・・・?かもしれません。

まぁそれはさておき、こうした機能の強化とは別の流れとしてWebアプリケーションとしての表計算ソフトに私、結構注目しています。
ネット環境があればOSに依存することなく使用できますし、なんといってもパソコンを多数所有する企業にとってはバージョンアップごとにかかるOfficeソフトのライセンス料は(ボリュームライセンス版であっても)結構大きいものです。
ですが、通常Webアプリケーションはオープンソース(開発コードが公開されているソフト)だったり、ブログのように無料または非常に低料金なケースが多いため、コストダウンにつながる点も注目です。

まぁ、Excelだから使える、使えないではなく、ソフトウェアに依存しないオールマイティなスキル磨くことがコンピュータ学習において、目指すべき最終型なのかもしれませんね。

|

« 新しいお客様 | トップページ | 新しいお客様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102207/2120055

この記事へのトラックバック一覧です: 表計算ソフトさまさま:

« 新しいお客様 | トップページ | 新しいお客様 »