« 行ってよかった釧路どんぱく花火大会 | トップページ | スタックページの予備がありません? »

2006年9月19日 (火)

グーグルアース その1

ついに!ついに!リリースされました。
Google Earth(グーグルアース)日本語版!\(^o^)/

いままでも(ベータ4まで)改良を続けてリリースされていましたが、どうも日本語版でないということと、日本エリアが一部の都市部に限定されていましたので、実用性の面でイマイチでした。
(それでも初めて使用した時には、それはそれは、大変エキサイトしましたが。)

で、改めてこのGoogle Earth日本語版の(私なりの)よい点を申し上げますと、

  • 無料である。(笑) ダウンロードサイトはこちら
  • 日本語版である (日本語入力に対応している。)
  • 日本エリアに対応している。 
  • 都市部での解像度が格段に向上している。(地方都市では解像度が限定。)
  • 操作性が非常に簡単で小学生でも使用できる。
  • 表示された地域エリアを画像として保存できる。
    (ファイル→保存→イメージを保存)
  • 3D表示がある程度できる。(ポリゴン表示は有料のGoogle Earth プラスが必要。)

まだまだその他色々述べたいことがあるのですが、とりあえず画面をキャプチャーしてみたものを以下に掲載してみますね。(クリックで拡大表示します。)

釧路湿原
Photo_1

実家の富山
(海と山に囲まれている県であることがわかります?)Photo_2

フランスのモンサンミッシェル(Mont Saint-Michel)
(いつか行ってみたいなぁ~。(^^♪ 小さい時からの夢です。)
Photo_3

このGoogle Earthを利用してP-ぽけっと で地域の小学生を集めたイベントを行ってみようと考えています。主な理由として

  • 地理的感覚を磨くきっかけに。
  • 社会の授業に興味をもったり、授業とリンクするきっかけに。
  • パソコンに興味をもつ?
  • 単純に面白い(苦笑)

いいことずくめに見えるGoogle Earthですがと~ってもハードウェアの性能を要求されます。(T_T)
(正直いって古いPCではまともに動作しません。あしからず・・・)

次回はGoogle Earthのハードウェアリソース消費の現実とリソース不足対策?について何度か記載していく予定なので乞うご期待。

|

« 行ってよかった釧路どんぱく花火大会 | トップページ | スタックページの予備がありません? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102207/3496188

この記事へのトラックバック一覧です: グーグルアース その1:

« 行ってよかった釧路どんぱく花火大会 | トップページ | スタックページの予備がありません? »