« 悲しき?職業病… | トップページ | 愛用しているフォント »

2006年11月21日 (火)

Excelでデータベースシステム構築?

以前より、P-ぽけっと で受講頂いているMさんから、
「Excelで(小規模)販売管理システムをつくれないでしょうか?」とのご依頼。

このような場合、パッケージソフトを購入して使用するか、小規模環境だとデータベース管理ソフト(AccessFileMakerStarSuite 8 Base)で開発するケースが考えられるのですが、状況次第ではExcelでも十分対応できます。そしてExcelには以下のメリットもありますしね。(^^♪

  • GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)で操作が覚えやすい。
  • 多機能なのでエンドユーザーレベルでの開発が容易。
    (VBAを利用して専用フォーム等を作成すればさらに操作性の向上が期待できる?)
  • 汎用性が高い(活用できる業務ケースが多い)
  • 開発コストの軽減
    (概ねWindows搭載のパソコンにはExcelがインストールされているケースが高く、追加ソフトを購入するコストを抑えられる。)

データレコード件数が数万件単位になると、ちょっと実用的ではなくなるのですが、(ここがExcelの弱点の1つですね。)Mさんにお話を聞くと想定としては小規模環境とのこと。
また最近のパソコンであれば、ハードウェアの性能が飛躍的に向上しているのでデータ件数が多い場合でもある程度は処理できそうです。

で、今回は一般の方々でも作成できるように、VBA等は使用せずに以下の構成で指導してみる予定。

Excel

中でも活用したい機能の1つが『Microsoftクエリ』。
Excelに標準で付属しているツールで、データベース管理ソフトのAccessのクエリと非常に構成が似ています。
1_9
ですから『Microsoftクエリ』の操作性に慣れておくと、将来的にデータレコード件数が数万件単位になってきた場合でもAccessに移行するのもそれほど苦ではないと思いますしね。

こうした制限がある中でお客様の問題解決の力になれるのは非常にやりがいを感じますね。がんばるぞ~! ヽ(^o^)丿

|

« 悲しき?職業病… | トップページ | 愛用しているフォント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 悲しき?職業病… | トップページ | 愛用しているフォント »