« 苦悩するデザインという産物 | トップページ | 突然訪れるHDDの故障!その1 »

2007年2月20日 (火)

Linuxで無線LAN?

このブログでも時々記載している、(サーバーではなく)デスクトップリナックスとしての利用。
オープンソースとして公開している無償OSのリナックスは器用貧乏の私には非常に魅了なのですが、以前から気がかりなことが1つ。
それはリナックスは無線LAN環境下で使用できる?ということです。

(無線イーサネットコンバーターを使用すれば確実にOKなんでしょうけど、できればちょっとでもコスト削減のために既存の無線LANカードを利用したいのです。)

通常、無線LANカードのWindows版デバイスドライバーは、100%存在していますが、数あるディストリビューションが存在するリナックスではどうなのか?
リナックスに関してはまったくの無知な私には少々不安材料。

そんな言い訳を自分にしつつ、モタモタしていたら時々購入している「日経Linux」の 今月号(2007年3月号)で無線LANの特集をしているではありませんか!

日経 Linux (リナックス) 2007年 03月号 [雑誌] Book
日経 Linux (リナックス) 2007年 03月号 [雑誌]
Amazonで確認する

出版社: 日経BP出版センター
発売日: 2007/02/08

(ちなみに別の特集の「Stateless Linux」(ネットワークブートによるシンクラアントシステム)も読みごたえがありましたね。)
リナックスに詳しい方なら「あたり前じゃん!」ということなのかもしれませんが・・・

そんなわけ?で以下、自分ための備忘録として記載です。

最新カーネル(バージョン2.6.17以降)には無線LANドライバが標準で組み込まれています。
もしカーネル標準の搭載のドライバーが利用できない場合でも「Ndis Wrapper」というソフトウェア(Windows用のドライバをLinux用として使える)をインストールすれば対応できる(可能性が高いようです。)

また私がデスクトップリナックスとして利用予定の「Fedora Core 6」には無線LANの暗号化の設定を行うツールとして「wpa_supplicant」が標準で実装しているとのこと。
これはありがたいぞ。 (^^♪

それにしてもいつになったらリナックス利用するの? 私!(苦笑)

|

« 苦悩するデザインという産物 | トップページ | 突然訪れるHDDの故障!その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 苦悩するデザインという産物 | トップページ | 突然訪れるHDDの故障!その1 »