« パケットキャプチャソフト | トップページ | 能登半島地震!でなぜか家系図作成ソフト? »

2007年3月23日 (金)

ネットワークターミナル ELSA nX-STATION

3月に入っても相変わらずお問合せが多くうれしい悲鳴ですが、最近はちょっと眼精疲労+肩と背中と首の痛み+頭痛がひどくちょっとお疲れモードで日常業務をこなすのが精一杯な状態・・・(^_^;)

さてさて、そんなボヤキはさておき、いつもお世話になっているMさんから、またパソコンの新規導入のご依頼がありました。(正確にはMさんの職場に導入です。)
OSはVistaではなく、やはりWindowsXP(Professional)をご指定です・・・(^_^;) 
(このブログの2007/3/43/8にもXP導入についての記載あり?)

色々ヒアリングしていくと今回のPC導入は現状のWindows 98搭載パソコンを入れ替えが背景にあって、15万円の予算がついたので、予算額を全額使い切りたいようです。

実際の主な利用としては一般使用(Web閲覧、メール、Officeソフト、HP作成・更新、印刷)のようなので、デュアルコアCPUなどの、いまどきのマシンはオーバースペック?
(まぁ拡張性の面からみると、高速に越したことはないのですが。)

当面は(新規導入の予算は)つかないとのことのようなので、提案してみたいのは、標準マシン1台+ネットワークターミナル「ELSA nX-STATION L100/L120」+バックアップ機器の構成。

ELSA シンクライアントELSA nX-STATION L100 ENXL100-SR CE
ELSA シンクライアントELSA nX-STATION L100 ENXL100-SR
Amazonで確認する

メーカー: エルザ
発売日: 2005/06/10

ネットワークターミナル機器は中々ユニークな製品!
この機器+旧マシンのモニタ+キーボードを使用して、ネットワーク経由で接続することで1台のパソコンに複数人が同時にログオン利用できるのです。
つまり、1台のパソコンを同時に別々の利用が可能なのです。!\(◎o◎)/!

ちなみにWindows XP(Professional)には「リモートデスクトップ」という遠隔操作機能があるのですが、これはOSのライセンスの関係上?、同時に2名以上のユーザーが利用することが出来ず、遠隔操作される側はログアウトになって制御が出来なくなる仕様です。

Photo_19

Windows Server 2000/2003 には「ターミナルサービス」といって複数ユーザーが同時利用できる機能がありますが、サーバーOSを導入することまで考慮しはじめると、今回の案件の趣旨が違ってくるので、必要ないでしょう。(苦笑)

さて、この「ELSA nX-STATION」はLAN経由での利用なので、データ転送速度の関係上、処理の重いソフト(画像処理ソフトやマルチメディアソフト)の利用には向かない(と思う)。

それでも、(ホストOSに)最も普及しているWindowsXP HomeEditionに対応していることは特筆に価すると思います。
一般家庭なんかでも、「子供用にわざわざ新しいマシンを購入するのはちょっと・・・」と考えているケースではの検討の余地あるかも。(^^♪

こうしたユニークなネットワーク機器が比較的手頃な価格で購入できるなんて、一昔では考えられないなぁ~。(そういえば、このブログの2007/1/21でも似たようなこと言ってますね・・・)

|

« パケットキャプチャソフト | トップページ | 能登半島地震!でなぜか家系図作成ソフト? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パケットキャプチャソフト | トップページ | 能登半島地震!でなぜか家系図作成ソフト? »