« ブログへのアクセス! | トップページ | 本日でブログ1周年(勝手に祝!) »

2007年5月11日 (金)

新しく導入した中古パソコン (・・?

今回の記事エントリーは変なタイトルですが、昨日約3年ぶりに新しく購入しました。中古のパソコン・・・(^_^;)
「Windows Vistaが出ているのに今更中古かい?」と言われそうですが、これは無償OSのLinux(Fedora Core 6を動かすことを目的に購入しているんですね。

昨今のLinuxはGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)環境が飛躍的に向上してきましたし、対応するハードウェアならびにデバイスドライバ環境も整備されてきました。
(エプソンやキャノンは一部の製品に対してLinux用のプリンタドライバを提供。)

何より、ファイルサーバー(Samba)としての用途はP-ぽけっと の既存お客様の中でも潜在的ニーズがあり、導入が見込めそうです。
つまり(中小企業むけに)無償OSのLinux(Fedora Core 6)搭載マシンの導入・サポートの提案で売上げ増加というちょっとよこしまな考えも少々あるのです。(^_^;)

そんなわけで?当初は以下に記載のスペックレンジの中古パソコンを検索。

  • 金額は本体で20,000円以下
    (OS無し、画面モニター無し、キーボード&マウス無しでもOK。)
  • CPUはPentiu4(2GHZ)程度またはそれ以上
  • 搭載メモリはDDRで256MB以上
  • HDDは40GB以上
  • 光学ドライブはDVD-ROMドライブ以上を搭載

Linuxは、(サーバーとして使用するのでないなら)こんなに高いスペックでなくても十分動くのですが、増設・拡張することなく最初から低価格で満足なスペックのマシンをチョイスしたかったのです。
それが出来ちゃうのが中古パソコン市場の魅力でもありますので。

で行き着いたのが以下のスペックを搭載したマシン。

Usedpc

色々「価格.com(中古パソコン)」で物色しているうちに欲がでてきて、結局OS付き(Windows2000)、液晶モニタ付きをチョイスしちゃいました。(^_^;)
それでもこのスペックで2万円代には私的に十分満足しているんですけどもね。

で、昨日到着したマシンを動かしてみたのですが、中々軽快な動作。
ベンチマークとして『GoogleEarth』などを動かしても画面描画も違和感がない。
(ただ大きな筐体と冷却ファンの音はちょっと気になりますが・・・・)

なんだかんだ言ってもWindowsはやはり普段使い慣れたOS。
このままWindows2000で使い続けるかな・・・
(マイクロソフト社はWindows2000の最終サポート期限を2010/06/30としていますので今からだと概ね約3年はネット接続利用できます。)

「Fedora Core 6」の導入は先延ばしに・・・(-_-;)
いやいや、会社の資金を投じて購入した品。絶対に年内にモノにしてみせるぞ!
(がんばれ自分!(^O^)/~~~)

|

« ブログへのアクセス! | トップページ | 本日でブログ1周年(勝手に祝!) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログへのアクセス! | トップページ | 本日でブログ1周年(勝手に祝!) »