« 実家帰省 その2(羽田空港) | トップページ | リモートアクセスVPN その2 »

2007年9月10日 (月)

リモートアクセスVPN(PPTP)の実験

昨日はちょっとまとまった時間がとれたので、VPN( Virtual Private Network = 仮想専用網)によるリモートアクセスの実験を行っていました。
(VPNは簡単に言うと遠隔地から会社などのネットワークに安全に接続する技術の1つです。)
最近ではブロードバンド通信が高普及してきたこともあって、個人や小規模オフィスでもVPN環境を構築したいニーズは潜在的にあるような気がします。
(ただVPNの仕組みは結構複雑で、私は昔よく参考用に以下の書籍を読んでいました。)

失敗しないVPN構築―VPNベストチョイス/SoftEther自由自在 (アスキームック―Network magazine mook) Book
すっきりわかった!VPN (NETWORK MAGAZINE BOOKS) Book
すっきりわかった!VPN (NETWORK MAGAZINE BOOKS)
Amazonで確認する

出版社: アスキー
発売日: 2005/02

VPNには様々な種類があり、用途に応じて選定していくのですが、今回はルーターにVPNサーバー機能(PPTP)を搭載している、バッファロー社のWZR-RS-G54HP(生産終了品)でハードウェアVPNを実験。

1

この製品のVPN(PPTP)スループットが15Mbpsということで体感的にどのくらいなのかが、最も気になる点でしたが、個人的にはまったく気にならないくらいのレスポンス。
(もっともインターネット回線のトラフィックによって左右されるんですけども・・・(^_^;))

2

Photo

WZR-RS-G54HPは生産終了しているので、2007/9/10現在、無線LANルーターでVPNサーバー(IPSec/PPTP)機能を搭載している比較的な安価な製品はプラネックス社の以下製品ぐらいなのかな?

PLANEX VRRP 対応セキュア・ストレージBBルータ BRC-W14VG CE
PLANEX VRRP 対応セキュア・ストレージBBルータ BRC-W14VG
Amazonで確認する

メーカー: プラネックス
発売日: 2005/09/10

こちらはメーカーが公開しているVPNスループットは45Mbpsと上記の製品より復号処理(暗号化を戻す処理)が高速で、IPSecにも対応なので様々なオプション設定もあるようです。

PS.
PPTPとIPSecに関しての動作や違いはこちらのサイトがわかりやすいですね。

|

« 実家帰省 その2(羽田空港) | トップページ | リモートアクセスVPN その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実家帰省 その2(羽田空港) | トップページ | リモートアクセスVPN その2 »