« 電話も変ったなぁ~。 | トップページ | HP完成まであと一息 »

2007年10月17日 (水)

ブロードバンドルーターのセキュリティ

ブロードバンドルーターに「パスワード設定」を行うのは、企業では当たり前なのですが、
(でないと勝手にルーターの設定を変えちゃう輩が社内にいるとも限らないので・・・)
家庭やSOHOなどの小規模オフィスでは、そうでもないケースが多いようです。
というか、そうした機能自体をご存知ないと言った方が正しいかも?

なんでこんなことを述べるかと言いますと、ブロードバンドルータにパスワード設定していないと「ドライブバイ・ファーミング」攻撃をうける可能性があるから・・・

「ドライブバイ・ファーミング」とは簡単に言うと「パスワード設定」していないブロードバンドルーターの設定を強制的に書き換えて、悪意のあるサイトに自動誘導させてしまうという手法。

よく似た手法の「ファーミング」が、一時話題になりましたが、Windowsを直接攻撃する方法は最近は下火?のようです。
(Windowsのシステムファイル内にある「hosts」ファイル情報を書き換えて、悪意のあるサイトに誘導。ファーミングと呼ばれるのは「植えつける」意味から。)

そして、最近「バッファローのVPNサーバー機能を搭載しているブロードバンドルーターに脆弱性を発見!」というニュースが!\(◎o◎)/!

バッファローでは、ファームウェアを最新の「Ver 2.49」に更新することで対処とのこと。

Photo

P-ぽけっと では、導入段階でファーウェアの更新をしているのですが、お客さまに納品予定だった今回問題のあるルーターのファームウェアの更新は、まだだったからあぶないところだったぞ・・・(-_-;)

それにしても最近はパソコンだけでなく、ルーターも攻撃対象になる時代・・・
そのうち、携帯電話に感染するウィルス、マルウェアなどもでてくるのは時間の問題・・・?

|

« 電話も変ったなぁ~。 | トップページ | HP完成まであと一息 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電話も変ったなぁ~。 | トップページ | HP完成まであと一息 »