« 「Norton Internet Security 2008」導入…その1 | トップページ | 今年最後にて最大の衝撃? »

2007年12月13日 (木)

「Norton Internet Security 2008」導入…その2

先日(2007/12/11)の続きものです。
「Norton Internet Security 2008」の「ネットワークセキュリティ」という新機能について感想を少々記載。

P-ぽけっと では安価なネットワーク機器を積極的に導入しているのでネットワーク管理機能は前々から「ほしいなぁ~」と感じていました。

Photo

  1. 無線LAN環境が適切な設定(特に暗号化設定)かどうか一目でわかる。
  2. 設定されている無線LANのESS-IDが表示(複数の表示も可能?)される。
  3. LANに接続されている(いた)機器の数が一目でわかる。
  4. ネットワークに接続されている機器はリアルタイムで表示されるわけではなく「更新」ボタンをクリック(ブロードキャストで)しないと現在の状態になりません。
  5. ネットワークマップ・・・LANに接続している機器の一覧。
    (グレーになっている機器は電源が入っていないことを表しています。)
  6. 5の一覧の機器は編集することができ、何の機器かがよりわかりやすくなります。
    (ただし管理編集できるのはブロードキャストが届く、単一のネットワーク内だけ。)
  7. 「信頼制御」・・・ウイルス定義ファイルなどが最新版かどうかが一目でわかる。
  8. 5で選択した機器の物理アドレス(MACアドレス)と論理アドレス(IPアドレス)が表示されます機器が一目でわかる。

などなどです。
簡易的な集中管理機能でしかないですが、小規模事業所・SOHO環境では、中々これでも有益な機能に思います。

実はネットワーク管理機能は「ノートン」よりも昨年の「ウイルスバスター2007」のほうが先に「無線LANパトロール」機能として実装していましたが、今年の初めに体験版で動作テストしたところ(このブログの2007/1/6に関連記載あり。)恐ろしく処理が重く、却下・・・

しかも、「ウイルスバスター2007」の場合、3台までパソコンにインストールできると謳っているものの、法人は不可!・・・(+_+)
(※「同2008」からは法人もOKになったようですが・・・いまさらねぇ~(-_-;))

|

« 「Norton Internet Security 2008」導入…その1 | トップページ | 今年最後にて最大の衝撃? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「Norton Internet Security 2008」導入…その1 | トップページ | 今年最後にて最大の衝撃? »