« 「Norton Internet Security 2008」導入…その2 | トップページ | 私の中での今年一番のドラマはNHKの「ハゲタカ」! »

2007年12月23日 (日)

今年最後にて最大の衝撃?

Linuxを自己学習するという目的で導入したWindows2000搭載の中古のパソコン。
このブログの2007/5/11に関連記述あり。)

慣れ切っているWindowsにあぐらをかいてしまって、いっこうにLinuxには進まず・・・(-_-;)
しかし、努力もしないで言い訳しているというか、なんだか嘘をついている自分が許せなくて、無償の仮想化ソフト「Virtual PC 2004」で無理やりトライしてみました。

結果はアウト・・・(+o+)
というのも「Virtual PC 2004」は仮想化するゲストOSにLinuxは保障していないから・・・Windowsと同じくAT互換機上で動作するLinuxなら(動作保障外であっても)、イケるのではと思ったのですがね・・・(-_-;)

そんなことで同じく無償の仮想化ソフトの、「Virtual Box」で再トライ!
(実はこのソフトが英語版と思っていたので敬遠していましたが、日本語化されていることを知る・・・(◎o◎)!)

で・・・動作しましたよLinux!
動作した時には私にとっては「今年最後にして最大の衝撃」!\(◎o◎)/!
(蛇足ですが私が初めて仮想化ソフトを見たのは今から8年ぐらい前。
MacでWindows98がアプリケーションソフトのように動作するのを見た時、「いったいこれはどうなってるんだぁ!?」とそれはそれは大変な衝撃を受けました。)

Virtualbox3

ゲストOSにはメモリ容量を自由に割り当てることができるのですが、もともとパソコンに実装しているメモリが512MB。やはりスワップしてしまい動作は重い・・・

Virtualbox4

「Virtual Box」がNATを実装している(ルーターのような働きをする)のでゲストOSもインターネット接続が可能です。

Virtualbox

下はゲストOSに最新の「Fedora8」を使ってP-ぽけっと のHPを表示したもの。

Virtualbox2

動作は重いのですが、とにかくLinuxを試す環境は何とか確保できたぞ。(^^♪
ようやく一歩前進。そう、千里の道も一歩からです。(^_^;)
来年はLinuxにもっとハードウェアや書籍を投資しよう。

|

« 「Norton Internet Security 2008」導入…その2 | トップページ | 私の中での今年一番のドラマはNHKの「ハゲタカ」! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「Norton Internet Security 2008」導入…その2 | トップページ | 私の中での今年一番のドラマはNHKの「ハゲタカ」! »