« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の7件の記事

2008年1月27日 (日)

あやうくウイルス感染!

本日、朝からネットで調べ物をしていると、画面表示の動作が明らかに遅い・・・
「変だぞ?」と思ったら、セキュリティ対策ソフトが反応!\(◎o◎)/!

Photo

あやうく、マルウェアが仕込まれるところだった!(-_-;)

それにしても、Webページを閲覧しているだけで感染するタイプは本当に怖い!
ユーザーが目視で確認できるわけではないので、セキュリティ対策ソフトの検知能力が頼みの綱ですね!
P-ぽけっと のお客様にも、セキュリティ対策ソフトの有効期限が切れている方が、いらっしゃるのですが、この記事でわかってもらうしかないなぁ~(^_^;)

日本国内にも40~50台に1台がウイルス感染しても気づかずにそのまま利用している可能性があるそうです。(日経パソコン 2006/8/14号・・・P67
本当に他人事ではありませんね。(*_*)

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

Linuxへの投資第一弾!

Linuxへの投資、今年の第一弾はとりあえず書籍から・・・(苦笑)
このブログの2007/12/23に関連記載あり)

すっきりわかった!Linux 使い方から管理まで (NETWORK MAGAZINE BOOKS) Book
すっきりわかった!Linux 使い方から管理まで (NETWORK MAGAZINE BOOKS)
Amazonで確認する

出版社: アスキー
発売日: 2007/12/17

最近の(デスクトップ系)Linuxの操作性は一昔とは比べものにならないくらい発展して続けていて、Windowsライクな操作性にかなり近づいてきていますが、やはりLinux独特のお作法やシステム構造は知っておくべきと思い、以前から手頃でわかりやすい書籍を探していました。

しかし・・・コマンドラインの記載のばかりで、ミョ~にこむずかしいかったり、(しかも結構高価!)
そうかと思えば、Linuxシステムというよりは、(メールとかOpenOfficeなどの)アプリケーションの操作記載に紙面を割いているものが多かったり・・・中々私にとって読みやすいLinuxシステムの書籍がありそうでなかったのでした。

でも、上記の書籍はLinuxのファイルシステムやyumの仕組みなどがビギナーの向けに図解されていてわかりやすい。
(特にP63~のディレクトリー構造、P74の図説によるyumによるソフトウェアのインストールの仕組みがいいですね。)

「アクセス権」や「ユーザーグループ」の概念は、P-ぽけっとでファイルサーバーでSambaを日常的に使っているのでこれは問題なし。

それにWindowsとの比較による記載も理解しやすい理由の1つかな?
(当方、MCDST。多少Windowsやネットワークには若干知識があるので。)

(とりあえずゆっくりですが)また1つ前進! がんばれ自分!\(-o-)/!

| | コメント (0)

2008年1月21日 (月)

S.M.A.R.T情報でハードディスクの故障を予測?その3

仕事で資料作成や、ネット閲覧など比較的軽い処理で、ほぼ毎日利用しているノートPC、「HDD Health」でちょっとチェックしてみると・・・

Photo

2

購入時期がたしか2003年の6、7月ごろだったから、ちょうど5年…(*_*)
(利用方法にもよりますが、一般にハードディスクは5年が故障時期の目安。)
ほぼ毎日使っているからなぁ~

ハードディスク買ってこよっと・・・

| | コメント (2)

2008年1月19日 (土)

S.M.A.R.T情報でハードディスクの故障を予測?その2

先日(2007/1/17)の続きで、ハードディスクの故障予測について。
最も故障率の高いパソコンを例によって「HDD Health」を使って検査してみると・・・
今度は精度が97%と高いぞ・・・(-_-;)

1
それにしても、正月早々(2013/01/02)に壊れなくても・・・

2

項目「ID09」の「Power On Hours Count」は
工場出荷状態からのハードディスクの通電時間の合計を表し、主にMTBF(平均故障間隔)の計算に用いられます。

項目「IDC1」の「Lord/Unload Cycle Count」は
ロード/アンロード機構によってヘッドがプラッタ表面から退避し、その後再びプラッタ表面に戻った回数の合計を表します。

| | コメント (0)

2008年1月17日 (木)

S.M.A.R.T情報でハードディスクの故障を予測?その1

年明けからもサポート依頼が止まらず、うれしい悲鳴ではあるのですが、さすがに眼精疲労+首痛がひどく、ブログはしばらくお休みしていました。(苦笑)
でも、自分のペースで仕事を進められる環境ですし、何よりやらされているのではなく、自分で好きでやっている仕事なのが幸いです。(^^♪ 

で、今年も年始からパソコンの導入+(無線)LAN設定の相談依頼が3件。
依頼主はみなさん(小規模、SOHO)企業ユーザーなので、費用対効果の高い以下のような中古(新古)パソコンをご提案。

  • 外装コンディションがよくて、
    (パームレストとキーボードのテカリが目立たない白、シルバー系。)
  • 仕事での利用でストレスなく動作するスペックで
    (目安としてはCPU セレロン2GHzとか、Pentium M1.4GHzぐらいかな?)
  • 光学ドライブはお客さまの利用目的に応じて、
    (DVD-ROM コンボドライブ程度でOKの場合が多い。)
  • Windows XP搭載のノートパソコン
    (できればMicrosoft Office付きが望ましいのですが、なければOpen Officeで対応。)
  • 故障時に復元できる機種
    (リカバリーCD付きかハードディスク内にリカバリー領域がある機種)
  • バッテリーの持ち時間は特に気にしない。
    (これはお客様にあらかじめ了承確認をとる。)

などが、私の(現在の)チョイスの主な基準。
このくらいのマシンなら3万円~5万円ぐらいでネット上には山ほどあります。
(概ね2003年から2004年頃にリリースされた製品あたりが狙い目かな?)

ただ少々気になるのがハードウェアの経年劣化による故障。
特にハードディスクは最も故障しやすい機器の1つなので、納品する新古PCにはフリーソフトのHDD Health日本語パッチ化をインストールして納品の約1ヵ月後を目安にお客様の会社を定期訪問し、HDDの様子と自動データバックアップがうまく機能しているかチェックしています。
(ちなみにHDDの故障については、このブログの2007/2/222/27に記載あり~(>_<))

あっ!今どきはどの会社もブロードバンド通信環境+ルーターがUPnPに対応しているでしょうから、リモートアシスタンスを利用することで、オンラインチェック可能ですが・・・
直接お客様と合うことで新たな相談依頼を受けることが、とても多く 商売上あえて「フェイス to フェイス」を重視しています。(^_^;)

で、ふと自分のプライベートマシンが中古にも関らず、「HDD Health」でチェックをしていないことに最近気がつきまして早速行ってみました。

結果は「2014/07/11」・・・まぁ予測の精度25%ですからあくまでも目安。(^_^;)

1

で「S.M.A.R.T」タブをみるとこんな感じ。
ちなみに「S.M.A.R.T」は「Self Monitoring Analysis and Reporting Technology」 の略でHDDの状態を自己解析して故障日を予測するといったとこです。

2
項目「ID08」の「Seek Time Performance」とは、
磁気ヘッドシーク時間に要した平均時間を表していて、現在値がしきい値の+10前後(約200)の値なら即HDD交換が無難です。

ネットワーク管理者にとっては警告通知機能が便利です。Photo

| | コメント (0)

2008年1月 5日 (土)

無線LAN中継機で約6万円のコストダウン!その1

年明け第2弾目は、P-ぽけっと へのテクニカルサーポートで
P-ぽけっと 代表のO宅にあるパソコンをP-ぽけっと 無線LANネットワークに接続することで年間約6万円のコストダウン!を試みようというもの。

代表O宅のパソコンは現在インターネット(ADSL)接続契約をしているんですが、
P-ぽけっと の無線LANネットワーク接続できれば、O宅のネット接続契約を解約できるので、年間約6万円(約5,000円×12ヶ月)の出費を抑えられるわけです。
6万円は結構バカにできない額ですからね。 (・へ・)

で、下準備としてまず距離計測と電波状態の確認。
P-ぽけっと とO宅までの距離は約33メートル。

Photo

無線LANの電波は見通しのよい所なら100メートル前後は受信可能なのですが、無線LANで使う電波周波数の帯域は2.4GHz(IEEE802.11g)、5GHz(IEEE802.11a)と非常に高周波で障害物に弱い
(一般的に電波は高周波になるほど障害物の影響を受けやすくなる性質があります。)
以下のように、スタッフM宅が間にありますので・・・ダイレクトにO宅まで無線電波を安定して受信するには少々無理があります。

2
ちなみにスタッフM宅のパソコンとは安定して無線LAN接続ができています。
このブログの2007/5/6に関連記載あり。)

そこでこの問題を解決するために利用するのが、以下の2つの機器。
(ちなみにいつも大変お世話になっているKさんにネットオークションで2つの製品まとめて約8,000円ほどで落札して頂きました。Kさんありがとうございます。)

BUFFALO WRP-AMG54 AirStation 無線LAN中継機 CE
BUFFALO WRP-AMG54 AirStation 無線LAN中継機
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2006/05/10
BUFFALO WLE-AT-AMG 11a/11g AirStationアタッチメントアンテナ CE
BUFFALO WLE-AT-AMG 11a/11g AirStationアタッチメントアンテナ
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2006/03/20

さて上記の製品は無線LANの電波を中継する大変ユニークな機器。
(おそらくこのような製品はコンシューマー向けにおいては、今のところバッファローぐらいしかないと思います。)
特記すべき点は11g通信と11a通信を分けることで電波干渉による減退を防いでいること。

Wds

さらにWLE-AT-AMGアタッチメントアンテナをつけることで11gの通信距離をより伸ばし安定させます。


無線LANルーターのハイパワーモデルを利用する手もありますが、P-ぽけっと で利用している無線LANルーターは外出先からリモートアクセスできる機能(VPNサーバー)を実装しているルーター。
この便利なシステム環境は変更したくないのでハイパワーモデルは却下。

全体的なイメージとしては以下のような感じになります。Photo
来週あたりに通信テストを行ってみよう!

PS.追記はこのブログの2008/3/7のエントリーにあります。

| | コメント (0)

2008年1月 3日 (木)

お正月は「なんちゃってミニシアター」でDVD鑑賞

みなさん新年あけましておめでとうございます。(^^ゞ
P-ぽけっと は1/7(月)から通常営業ですからまだお休みですが、今年初のブログを記載してみました。

ところで、お正月は(元旦、2日を除いて、)我家はしばらく私ひとり・・・
というのも、奥さんと娘はP-ぽけっと スタッフの女性グループで「TDL&TDS」+「八景島シーパラダイス」にお正月旅行です。

そんなわけで私はひとりお留守番・・・といっても P-ぽけっと 開業以来、毎年こんな感じなのです。
(奥さんを含めP-ぽけっとのスタッフは祝日や日曜日も働いているので、ほんとにお正月ぐらいしか旅行にいけないので。)

そこで今回は壁にプロジェクターを使って映画を投影する「なんちゃってミニシアター」を組んでDVD鑑賞!とひとり張り切って?ました。
(プロジェクターは P-ぽけっと の備品なんですが・・・ちょっとご拝借。)

Photo

1

とりあえず大画面?ですから、DVDはこれに決定。(映画館で観てきたんですが。)

ダイ・ハード4.0 [DVD] Book
ダイ・ハード4.0 [DVD]
Amazonで確認する

発売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日: 2008/10/16

2

大多数の方は「そんな面倒くさいことするより、サラウンドスピーカー付きの大画面テレビでDVD再生したほうがよっぽどいいんじゃないの?」と思われるでしょう。
そう!まさしくそのとおりです。はっきり言ってこのシステム?を組むのはとても面倒・・・はやい話が自己満足なんですね。これが。(^_^;)

よくよく考えてみると、DVDを観ること以上に、既存の機器だけでひとりでなんとか工夫して「なんちゃってミニシアター」を組む事、自体が私の楽しみになっているのかもしれません。
(普段はDVD鑑賞なんて、眼精疲労と首が痛くてまともに出来てませんし・・・)

この器用貧乏的なところが、良くも悪くも仕事に活きているのかな?って思ってもいますが・・・(苦笑)
こんな私ですが、今年も皆様よろしくお願い致します。(^^ゞ

| | コメント (2)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »