« S.M.A.R.T情報でハードディスクの故障を予測?その1 | トップページ | S.M.A.R.T情報でハードディスクの故障を予測?その3 »

2008年1月19日 (土)

S.M.A.R.T情報でハードディスクの故障を予測?その2

先日(2007/1/17)の続きで、ハードディスクの故障予測について。
最も故障率の高いパソコンを例によって「HDD Health」を使って検査してみると・・・
今度は精度が97%と高いぞ・・・(-_-;)

1
それにしても、正月早々(2013/01/02)に壊れなくても・・・

2

項目「ID09」の「Power On Hours Count」は
工場出荷状態からのハードディスクの通電時間の合計を表し、主にMTBF(平均故障間隔)の計算に用いられます。

項目「IDC1」の「Lord/Unload Cycle Count」は
ロード/アンロード機構によってヘッドがプラッタ表面から退避し、その後再びプラッタ表面に戻った回数の合計を表します。

|

« S.M.A.R.T情報でハードディスクの故障を予測?その1 | トップページ | S.M.A.R.T情報でハードディスクの故障を予測?その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« S.M.A.R.T情報でハードディスクの故障を予測?その1 | トップページ | S.M.A.R.T情報でハードディスクの故障を予測?その3 »