« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の5件の記事

2009年2月28日 (土)

ついに導入!ネットブック Eee PC 1000H

雨の日の後の竹の子のように次々各社から登場して今ではどれにするか迷うくらいあるネットブックですが、私は買うなら以下の製品と決めていました。

ASUS EeePC EEEPC1000H-WHITE 10インチ パールホワイト EEEPC1000H-WHI078X CE
ASUS EeePC EEEPC1000H-WHITE 10インチ パールホワイト EEEPC1000H-WHI078X
Amazonで確認する

メーカー: Asustek
発売日: 2008/10/25

理由は、

  • 10.2インチは適度にコンパクト
    (8.9インチタイプでは画面とキーボードが私には小さすぎる。)
  • ネットブックだけど、仕事柄ソフトやデータをたんまり入れる可能性大なので、SSDより大容量のHDDタイプ。
    (将来的にSSDの価格がこなれてきたらHDDと換装すると思うけど。)
  • バッテリーの持ちが4時間以上ある!
    (アスース社に決めていた最大要因がズバリ!この要素。
    「Super Hybrid Engine」という独自のバッテリー管理システムを搭載し、他社よりも圧倒的にバッテリーのもちがいい!)
  • Bluetoothも標準搭載。
    (Bluetooth機器をいくつか所持しているので、Bluetooth非搭載のヤマダ電機モデルの「1000HA」は安いけど、どうも購入は踏み切れなかった。)
  • 使い慣れた「Windows XP」の搭載がうれしい。

そのマシンが価格.comでついに4万円を切ったの導入決定!\(^o^)/!

今までずっと我慢に我慢をしていたので喜びもヒトシオっす。
だってこれでロケーションフリーになって、より仕事が(PCサポート業務)楽になる可能性がありますからね。

さてネットブックを導入したら、一度はやってみたい寝ながらネット&布団でネット。

Eeepc1000h1

私も御多分もれずやってみました。
これで仕事がはかどるわけではないですが・・・う~ん気分がいい。(^_^;)

そしたらこんな商品もほしくなってきた。(おいおい仕事は!?・・・(-_-;))

サンコ- ゴロ寝 de スク アルミ GORODE51
サンコ- ゴロ寝 de スク アルミ GORODE51
Amazonで確認する

メーカー: サンコー
発売日: 2008/02/07
サンコ- スーパーゴロ寝クッション GOROSPRB
サンコ- スーパーゴロ寝クッション GOROSPRB
Amazonで確認する

メーカー: サンコー
発売日: 2008/08/01

そんなわけで?これから時々1000Hの仕事上での利用について好き勝手に記載していく予定で~す。(^_^;)

| | コメント (2)

2009年2月22日 (日)

PanasonicのレンタルテストPLCが届いた!

このブログで(2009/02/02)記載したパナソニックの「PCLお試し・お貸し出しキャンペーン」で申し込んだPLCが到着したので、そのことについて少々記載。

届いたPLCは、「HD-PLC」通信方式の以下の製品。

パナソニック PLCアダプター スタートパック プラグインタイプ BL-PA300KT CE
パナソニック PLCアダプター スタートパック プラグインタイプ BL-PA300KT
Amazonで確認する

メーカー: パナソニック
発売日: 2008/04/18

PLCの利用は拍子抜けするほど簡単で、親機はルーターに、子機はパソコンにLANケーブルでつなぐだけ。(^_^;)
(企業向け製品などは細かいチューニングするようですが、個人/SOHO向けの小規模LAN環境では初期状態でOK)

Plc1

むしろ試してみないと実感できないのが、ノイズによる影響や通信速度。
(PLCは分電盤の2系統・異相によって大きく通信速度が変化するらしい?ので。)

「goo スピードテスト」サイトで試したところ職場の1F、自宅の2Fの主なコンセントでは概ね10Mbps前後。
また、同サイトテストで有線LANで15Mbps前後、無線LANで5Mbps前後。
(※これはあくまでも自分の参考値として。
インターネットの通信トラフィックは時間帯によって大きく変動していますし、そもそもこの方法では、LAN内の通信ベンチマークにはならない。)

Plc2

このテストをしている時にちょうど、お客様のOさん(このブログの2008/3/24に関連記載あり。)から以下のようなご相談が。

パソコンの無線LAN通信は問題ないのですが、
ゲーム(無線LANに接続したPlayStation3)は、通信が時々途切れて不安定でして・・・何かいい方法ないです?

とのこと。

お~これはグッドタイミング。早速PLC試してみよう!\(-o-)/
ゲーム機器の通信には10Mbpsもあればいける?

| | コメント (0)

2009年2月15日 (日)

「Microsoft Producer for PowerPoint 2003」って知ってる?

先週からまた新しいお客様が数名ご来所頂いてくれています。
(このご時勢にありがたいことです。<(_ _)>)

その中に「パワポ」が愛称の「PowerPoint」を使った効率的なスライド編集の学習を希望しご来所されたお客様がいるんですね。
以外?かもしれませんが、P-ぽけっと は開業(2004年4月)してもうすぐ5年ですが、「PowerPoint」の受講依頼は初めてなんですよね。
(まぁ正規の受講コースに設けていないってのも多少あるのかな?)

さて、今回「PowerPoint」の話ではなく、(^_^;)
マイクロソフトが無償配布している「Microsoft Producer for PowerPoint 2003」というソフトについて少々記載。

それ何?って方も多いと思いますので、簡単に説明すると、
既存の「パワーポイント」コンテンツと動画や音声ファイルを編集して合成したWebページを作るソフト。
実際のコンテンツをみてもらったほうが話しがはやいと思いますので、こちらをクリックでどうぞ。

「Windows Media 9シリーズ 」なので、インターフェースが「Windows ムービー メーカー2.1」とそっくり。

Producer1

普及していないせいか「Producer」について詳細に記載している書籍は、ほとんどないといっていい状態。

私の場合、前職時代に以下の書籍をよく読んでいて、
その書籍に「Windows Media テクノロジー」というコーナーがあって、「Producer」の存在を知りました。

Windows

Producer2

Producer3

「Windows Mediaサーバー」を使ったマルチキャスト配信についてまで記載してあり、現在でも時々参考にしている書籍の1つです。
当時(2002年)はかなり目を皿のようにして読み込んでました。 (^_^;)
(ただ現在は再編集された改訂版しかないようで、改訂版には「Producer」のことが記載されているかはわかりません。)

そんなわけで、「Producer」について詳しく記載されているもので、現在購入できる書籍は以下のものぐらいかな?

PowerPoint プレゼンに勝つスライド作成の技  2003/2002/2000対応 (技引き解決シリーズ) Book
PowerPoint プレゼンに勝つスライド作成の技 2003/2002/2000対応 (技引き解決シリーズ)
Amazonで確認する

出版社: 技術評論社
発売日: 2004/05/12

はっきり言って全然普及しているとは言えない「Producer」ですが、私、こうした色々なコンテンツを編集ができるソフト嫌いじゃないです。(^_^;)

| | コメント (0)

2009年2月 6日 (金)

「ネットワークメディアプレイヤーで、ISOファイルをLAN経由で再生する!」 ことについての雑感!

以前から購入を検討していた、
バッファローのネットワークメディアプレイヤー:「LT-H90LAN」をYahooオークションで12,000円(手数料等を除く)でGetしたので、そのことについて少々記載。

BUFFALO LinkTheater ネットワークメディアプレ-ヤ LT-H90LAN CE
BUFFALO LinkTheater ネットワークメディアプレ-ヤ LT-H90LAN
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2007/11/30

Lth90lan_1

Lth90lan_2

購入の最大の目的は、
P-ぽけっとの無線LANネットワーク環境でISOファイルを再生できる?を確かめてみたかったということ。
(※DVDをリッピングしてISOファイルを利用するには、「コピープロテクト」と「アクセスコントロール」について(とってもややこしい日本の)法律上の見解を知っておいて損はないと思います。
私はその辺について詳しく書かれている「日経PC21 2009年3月号のP50、P51」が参考になりました。)

で、無線イーサネットコンバーター(54Mbps)を利用して試してみたところ、ISOファイルの再生は一応できるものの・・・
何度やっても、15分前後でカクカク映像のコマ落ちが発生する・・・。(-_-;)
受信ロス時のパケット再送が追いつかないようで、こうなってくると快適再生は望めそうもない。
テスト環境時の備考として、

  • 無線イーサネットコンバーターは2F設置、無線LANルータは1F設置
    (直線距離で6m前後)
  • 接続していた無線LAN機器は無線コンバータを含め4台
    (つまり帯域は最大13.5Mbs(=54Mbps/4台)で実質 5Mbps前後ぐらい?)
  • 無線LANの設定はWPA-PSK/AES
  • フレームバーストEX 利用

結局のところISOファイルの再生には、素直に有線LAN利用かUSB-HDD(最大480Mbps)からの再生が無難という結果に・・・(+o+)
(あと残る可能性としては、PLCがあるけど)

Lth90lan_3

追記として無線LAN(54Mbps)の場合、

  • (コンテンツのビットレートにもよるけど)10分前後の動画コンテンツなら問題なさそう。
  • WMAなどの音声コンテンツは一度も、とぎれなかったので、(音声品質はさておき)テレビで音楽を再生するして聞くという利用も問題なさそう。

ネットワークメディアプレイヤーという機器は、個人ユース向けのデジタル機器のイメージが一般的にはあるようですが、一部の学校教育機関の現場でも活用されているようです。

また最近はネットワークメディアプレイヤーの自作キットもあるようで、
HDDを内臓させれば、単に「メディアプレイヤー」としてだけでなく、
「Sambaサーバー」、「FTPサーバー」、「DLNAサーバー」、「BitTorrentクライアント」などを拡張追加することができるというからビックリ!\(◎o◎)/!

Popcornhour_b110

コンピュータ雑誌の「PCJapan」の2009年2月号 P134~P139に
「Popcore Hour B-110」を使って性能テストなどが記載されています。
(残念ながら「PCJapan」は2010年3月号で休刊に・・・。)

通信ネットワークの特性を理解し、活用シーンが思い描ければ、企業向け機器としての利用もありかも。
(例えばVPN(IPsec)で拠点間接続している環境など。)

う~ん私も自作してサーバー機器して活用みたいなぁ~。
お金の話は別としてですが・・・(^_^;)

PS.
こちらの記事エントリー(2010/7/4)にも、ネットワークメディアプレイヤーの記載をしたのでよろしければどうぞ。

| | コメント (0)

2009年2月 2日 (月)

2月に入った!PLCを試してみよう!

気がつけば今年も2月に突入・・・はやい・・・(-_-;)

さて2月上旬に、バッファローから新型のPLC(Power Line Communication、高速電力線通信)が発売されますね。(かなり話の展開に無理があるなぁ~(^_^;))

BUFFALO UPA方式 PLCアダプター PL2-UPA-L1/S CE
BUFFALO UPA方式 PLCアダプター PL2-UPA-L1/S
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2009/02/10

同社製品の前モデル「PL-UPA-L1/S」に比べて

  • 暗号プロトコルの変更(3DES→AES)
  • 通信速度の向上(最大25%UP)
  • 筐体サイズの小型化(約30%)

といったところが大きな改良点。

で、「なんで今更PLC?」というと、
P-ぽけっと のお客様の中には、従来の無線LANでは対応できない環境(「地下室」や「3F建て」)の方々がいるので。
(無線LAN 中継器(WRP-AMG54)でも対応可能と思うのですが、「無線LANルータ」、「中継器」、「11a対応の無線LANデバイス」などをそろえることを考えるとコスト的に難しい。)

こうしたお客様にPLC導入で問題解決の提案をしてみたいと常々思っていたのですが、私PLCは一度も触れたことがありません・・・。
PLC独特の「電源ノイズ」や「分電盤の配列」によって通信速度が大きく左右される特性を確認しないで、お客様に薦めるわけにもいかない。

そんなモヤモヤした感じが前々からありましたが・・・、
パナソニックから2/5より200名限定で1週間テスト用のPLCをお試しレンタルができることを知る!\(◎o◎)/!

詳しくはパナソニックの「PCLお試し・お貸し出しキャンペーン専用サイト」で。

ほ~これはいい機会だぞ!申し込んでみよう。 (^^♪

----2/23追記---
(届いたテスト用PLCについてはこのブログの2009/2/22に記載あり。)

---------------

意外と知られていないのが、PLCとは逆?のような規格の「LANケーブルを使って電力供給する」 PoE(Power over Ethernet)。

PoE給電アダプター機器を使えば、
天井に無線アクセスポイントを設置する場合など美観上の問題や電源コンセントが近くにないなどの問題を解決できます。

法人向けのハブやルーターには標準搭載(内臓)しているようですが、SOHOや個人向けには、安価な給電アダプターを利用することで実現できます。
(事前にしっかり対応機器や供給電力量などの確認が面倒でも必須)

BUFFALO WLE2-POE-S PowerOverEthernet給電アダプタ CE
BUFFALO WLE2-POE-S PowerOverEthernet給電アダプタ
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2003/02/28

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »