« 便利で危険な無線LANはいたるところあちこちに… | トップページ | 公衆無線LANでリモートアクセスVPNを行ってみた! »

2009年5月27日 (水)

またまた思わず衝動買いしてしまったPLC・・・1,960円也!

このブログで以前(2009/3/6)に、衝動買いしてしまったPLCについて記載しましたが、またPLCを衝動買いしてしまった私…。
だって新品・税込みで1,960円(1つ980円)でしたから!\(@_@;)/!
(通常、この機器は まだ4,000円前後はすると思います。)

Plc1

BUFFALO UPA方式 PLCアダプタ 増設用 PL-UPA-L1 CE
BUFFALO UPA方式 PLCアダプタ 増設用 PL-UPA-L1
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2007/08/20

(ちなみに前に購入したIOデータ「PLC-ET/M-S」は無線LAN接続できない環境のお客様に購入価格で売却済み。
今回の「PL-UPA-L1」はUPA通信方式を採用していて、以前の「PLC-ET/M-S」のHD-PLC通信方式とは互換性がありません
そのため両方所持していても、どちらかが使用できないのでちょうどよかったのかも。)

さて今回のPLCが格安だったのには訳があって、

  1. 在庫処分品(商品棚の隅っこに2つだけあった。)
  2. 型落ちモデル(後継機は「PL2-UPA-L1」)
  3. (セットモデルではなく)増設用モデル

「(増設用モデル)子機だけ買ってもね~」と思った方もいると思いますが、PLCは設定の変更で親機・子機を入れ替えることが可能ですから、実質的にセットモデルということになります。

Plc2

下は、実際に子機の設定を変更して親機にして動作させた状態。

Plc3

子機を親機に変更した場合、残りの子機に同じ「ネットワークID」と「暗号化キー」をセットにしなくてはならないのですが、これがマニュアルどおりに行ってもできなかった。
(IPでログインして手動で変更しましたが、この辺りは多少ネットワークの知識が必要になってくるので少々不親切かも。)

あと暗号化強度が「AES」に比べてやや低い「3DES」というのが残念なところ。
もっとも(無線LANと違って)パケットキャプチャされる可能性としてはかなり限定されますし、家庭や小規模オフィスレベルでの利用においては致命的な問題ではないと思うけども。

今度このPLCを使って、風変わりな使い方を紹介してみる予定です。
(いつになるかは未定ですが・・・(^_^;))

|

« 便利で危険な無線LANはいたるところあちこちに… | トップページ | 公衆無線LANでリモートアクセスVPNを行ってみた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 便利で危険な無線LANはいたるところあちこちに… | トップページ | 公衆無線LANでリモートアクセスVPNを行ってみた! »