« またまた思わず衝動買いしてしまったPLC・・・1,960円也! | トップページ | 今さらながらプラネックスのVPNルータ「BRC-W14VG」があつい! »

2009年6月 5日 (金)

公衆無線LANでリモートアクセスVPNを行ってみた!

以前から気になっていたこととして、
「フリースポット」など無料の公衆無線LANサービスのルータはVPNパススルー(pptpパススルー,IPsecパススルー)なの?ということ。
VPNパススルーの設定が許可されていないと(SSL-VPNなどを除いて)NAT越えの問題があるためVPNリモートアクセスができないんですね。

一般的に公衆無線LANは、認証/暗号化処理がなく(もしあったとしてもかなり脆弱)、危なっかしいこと この上ないのですが、VPNと組み合わせて使えることができれば、利用価値が俄然でてくる

昨日、無線LANの再設定にお伺いしたお客様の近くに「フリースポット」があったので、「これはいい機会!」と思い、試してみたところ・・・結果はOK!ヽ(^o^)丿

Vpn

VPNルータのログ

Vpn

  1. VPN接続セッション開始。
  2. MS-CHAP-Ver2で認証処理開始。
  3. MPPE(128bit)を使って暗号化処理開始。
    (Statelessはパケットごとに暗号化キーが異なりStatefulより安全性が高い)
  4. 接続通信時間(約11分)。
  5. VPN接続セッション終了。

リモートアクセス(レイヤー2)が実現できれば、LANで出来ることのほとんどが実現できるようになります。ちょっと思いつくものを記載してみると、

などなど。
場所の制限が大きく下がり、タイムリーな情報処理ができてとても便利です。
ちょっと大げさな言い方かもしれませんが、仕事の進め方やスタイルそのものが変ってくるかもしれません。
(もっとも最近はVPNよりも「クラウド」などのオンラインサービスのほうが注目を浴びているようですが・・・)

VPN経由でファイルサーバに接続中のスナップ。

Vpnbynas

VPN経由でネットワークカメラに接続中のスナップ。

Vpnby

VPN経由でネットワークプリンタに接続中のスナップ。
あまり意味ないけど外出先から印刷も可能。
(但しプリンタとプリンタポートは固定IPアドレスで運用いることが前提条件。)

Vpnby_2

P-ぽけっと では小規模環境向けVPNルータ(IPsec、PPTP)を低コストで入手し、導入から外部からの接続利用方法までサポート致します。(原則 釧路近郊になります。)
ご興味のある方はご連絡下さいませ。<(_ _)>

|

« またまた思わず衝動買いしてしまったPLC・・・1,960円也! | トップページ | 今さらながらプラネックスのVPNルータ「BRC-W14VG」があつい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« またまた思わず衝動買いしてしまったPLC・・・1,960円也! | トップページ | 今さらながらプラネックスのVPNルータ「BRC-W14VG」があつい! »