« 衝動買いしてもいいと思うデジタルグッズの価格は3,800円まで | トップページ | USB機器をネットワーク化する機器の名称は各社様々で紛らわしい・・・。 »

2009年7月13日 (月)

オンラインデスクトップの「Glide OS」は標準でSSL通信対応!

コンピュータ業界では、オンラインでソフトウェアを動かす「クラウド」技術がホットな話題の1つですね。

無償で利用できるものが続々と登場してきているので、私も活用してみたいと思ってユーザー登録するのですが、結局それっきりのパターンが多い・・・(^_^;)

例えば、

などなど。

どうしてそれっきりのパターンかというと、こうした無償サービスの多くが暗号化(SSL)通信に非対応だから・・・。
(ちなみに「Start Force」は企業向けの有償コースの利用時にはSSLに対応、「lino」も有償ならSSLに対応。)

ローカルPCのデータ保存時に比べてレスポンスが遅いオンラインサービスをわざわざ利用する価値は、外出先などマシンやロケーションと問わずに使えるところに意味がある思うのですが、
(主に個人利用で大した内容のモノは何もないのですけど)自分の通信データが、傍受・解析にさらされた状態で使用するのは少々抵抗があります。

でも、たまたまコンビニでパソコン雑誌をパラパラ見ていたら・・・偶然発見!(「週刊アスキー7/14 号」のP74~79特集記事。)
SSL標準対応のオンラインデスクトップの「Glide OS(グライド オーエス)」!

もっともSSLに使うデジタル証明書は、技術的に偽造することが研究者によって発表されたようなので、たとえデータが暗号化されようとも、「なりすまし」によるフィッシングのリスクがあるけど・・・。
(日経NETWORK2009年2月号P48参照)

で、早速ユーザー登録して使ったみました。
(ユーザ登録は苦手な英語なのでちょっと苦労しましたけども・・・。(^_^;))

下はFirefox3.5を使ってログインして利用しているところ。

Gos1

付箋を貼ってみた。日本語にもバッチリ対応。

Gos2

無料で10GBのストレージ容量が使える。(◎o◎)!
その他多数の機能(アプリケーション)があるようです。
(ただカレンダーなどのいくつかのアプリは非暗号化通信だったけど。)

パソコンに限らず、iPhoneなどのスマートフォンなどのモバイル機器でも「Glide OS」は利用できるようだから上手に使えは、かなり自由度が広がるなぁ~。
「これは久々に使ってみよう!」と思えるツールになるかな?

|

« 衝動買いしてもいいと思うデジタルグッズの価格は3,800円まで | トップページ | USB機器をネットワーク化する機器の名称は各社様々で紛らわしい・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 衝動買いしてもいいと思うデジタルグッズの価格は3,800円まで | トップページ | USB機器をネットワーク化する機器の名称は各社様々で紛らわしい・・・。 »