« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の8件の記事

2009年12月31日 (木)

さりゆく2009年

今日で2009年も最後ですね。今年も新しい発見、いろんな困難がありましたが、何とか無事に乗り切ることができました。

P-ぽけっとは、小さな小さな事業所ではありますが、それでも頼ってご依頼を頂きましたお客様に感謝・感謝です。

来年も皆様にとってよい年でありますように。\(^o^)/

Sunset_2009

| | コメント (0)

2009年12月29日 (火)

ついにLinuxデビュー!?

3年連続12月に風邪を引いてしまった私・・・(*_*)
昨年(2008年12月)は溶連菌で喉をやられましたが、今回は耐え難い頭痛に襲われ、のた打ち回っていましたが、さすがに病院の薬は効きますね。
ようやく体調も回復してきました。

さて、今までも何度もトライしようと思いながらも、(ヤフオクであまりにWindowsXPパソコンが安く入手できるので、)利用する大義名分を見失いかけていたデスクトップLinux。

しかしプライベートで利用しているWindows2000(このブログの2007/5/11に関連記載あり。)が来年(2010年7月)でサポート終了になるので、ついに(というかようやく、)重い腰を上げ、Linuxをインストールしてみました。(^_^;)

選択したディストリビューションは、使いやすさで人気の、Ubuntu(ウブントゥ)9.10。

インストールしたマシンは家の隅でお蔵入りになっていたNEC「PC-VL1000N/8」。
CPUはAthlon1Ghz、メモリは384MBと、ちょ~お古マシン。
XPはおろかWin2kだってまともに動いてくれるか微妙なスペックなので、ちょっと無理があるかなと思っていたら、パーソナルファヤーウォール「Gufw」を稼動させてもそこそこ動くから驚き!さすが、カーネル2.6.31は高速だね。
(3次元デスクトップ「Compiz Fusion」を動かすのはアウトだったけど・・・。)

コマンド操作が必要になるような深い理解は、まだ全然だけど、とりあえず最低限の基本操作と環境は整った。
Windows2000で行っていることは、Linuxでも行いたいので、(HP閲覧は当然として、)リモートデスクトップ、VPNとネットワークカメラの利用は押さえておきたい。
そんなわけで早速動作検証に。

Ubuntuには最初からリモートデスクトップソフト(vino)がインストールされていることもあって、これは難なくOK。

次はVPN接続。これができると行えることの幅がぐっと広がる。
リモートアクセス(pptp)クライアントソフトをインストール。

Pptp

必要な設定(ユーザ名や接続パスワード、プロトコルの選択)を済ませておく。
Windowsのそれとほとんど同じなので、一度でも設定したことがある方はすぐできる。

Pptp

Pptp_2

接続する瞬間を動画でもちょっとだけ撮ってみた。

同じくネットワークカメラ(BL-C131)に接続して動作確認中の動画も撮影。
FirefoxにJavaランタイム環境をプラグインすることで動作OKに。

お正月の空いた時間にファイルサーバーソフトのSamba(サンバ)も設定してみよう。
それにしてもよくできるなぁ~Ubuntuは。しかもこれだけ完成度の高いソフトすべてが無償とは・・・。(゜o゜)

2010年は間違いなくUbuntu Linuxがマイブームの1つになりそう!?
これで完全にWindows7はどうでもよくなった・・・?

| | コメント (0)

2009年12月18日 (金)

お金と手間をかけずにバックアップのバックアップ!

12月も中旬を終え、何かと所用が増えてくる時期ですが、私の仕事ではこの時期のパソコンの故障は、ある意味死活問題の1つです。
(正確に言いますと、パソコンそのものよりも、データの消滅が死活問題。)

そんなわけで、P-ぽけっと では複数台のパソコンのデータは、ファイルサーバー(NAS)に、自動バックアップで二重化しています。

が、しかし・・・NASが故障した時の損害もはかり知れない・・・(-_-;)。
そこでバックアップのバックアップも自動化処理で行っています。
本来ならRAID(レイド)対応のNASだと、そうしたことにもバッチリ対処可能なのですが、P-ぽけっとで利用しているNASはRAID構成にはできない・・・(T_T)
そこで、結構前(このブログの2007/9/6)にも記載したことがある、フリーソフトの「BunBackup」を活用しています。(と言っても、別にたいしたことではないのですが・・・(^_^;))

さてバックアップのフリーソフトは多数ある中、BunBackupがお気に入りなのは、

  • アクセス権を設定している共有フォルダにあらかじめログイン設定ができる。
    (この機能がないと事実上、LAN環境での自動バックアップができない。)
  • バックアップ元とバックアップ先を共有フォルダに指定・設定することができる

無償ながらNAS→NASのバックアップのバックアップに、必須の機能を備えています。

Nas

(IPSecなどの)LAN間接続VPNなら、理論上はインターネットを経由して遠隔地にあるLANにあるNASへの自動バックアップも可能です。

Vpn

回線品質やルーターの処理能力、データ総量など、考慮すべき事項は多数あるものの、無料のWebストレージよりいいかな。
(個人情報や会社データなどの重要データを社外に置くのはたとえ暗号化してあるとしても少々抵抗が・・・。それに無料のものは、大体10GB以下という容量制限問題もある。)

まぁ小難しい事はさておき、データのバックアップは(ウイルス対策同様、)絶対に行っておくべきです。
普段あまりパソコンを使わないライトユーザの方でも、12月は何かと使う必要に迫られる時期。そんな時に限って災難は襲ってきますから。

P-ぽけっとでは、パソコンの故障対応、ネットトラブル、データバックアップ設定のサポート(原則釧路近郊)を行っています。
このブログで何か感じるものがありましたら、ご遠慮なくご相談下さいませ。(^^ゞ

| | コメント (0)

2009年12月14日 (月)

Windows7搭載ノートPCをセットアップしてみた。

特に珍しい話ではないのですが、Windows7を購入・セットアップする機会があったのでそれに絡めたことを好き勝手に記載です。
(このPCは、P-ぽけっとで利用するものではなく、大学進学予定の姪っ子用のなのですが・・・。(^_^;))

機種は、レノボのエントリーノートPC。

Lenovo G550 2958GCJ 送料無料 Lenovo G550 2958GCJ 送料無料
販売元:ショッピングフィード
ショッピングフィードで詳細を確認する

Officeソフトは未搭載ですが、標準でメモリが3GBもあり、CPUはCeleron Dual-Core T3000(1.8GHz)。これでネット通販では5万円程度と、中々コストパフォーマンスが高い。

Win7

統合セキュリティ対策ソフトに、マカフィーがバンドルされていたけど、ライセンス期限切れなどが面倒なので、無償のマイクロソフト謹製、「Microsoft Security Essential(MSE)」をチョイス。
(MSEはパーソナルファイヤーウォールは非搭載なのですが、Vista・7標準のパーソナルファイヤーウォールは、アウトバウンド通信も管理してくれるので、そのまま使うことに。)
P2Pファイル交換ソフトを入れるなど、無茶な使い方をしなければ、ある程度のセキュリティは確保できそうです。
(MSEもメジャーなセキュリティ対策ソフト同様、未知のマルウェアを検出する技術「ヒューリスティックエンジン」を搭載しているとのこと。)

費用対効果を考えるとP-ぽけっと でWindows7を導入する必要性は、今のところ何も見当らないなぁ~。
Windows8が出る頃(2012年にリリースされるとの噂)には、テクノロジー事情も変わっているだろうけど、これもメディアに踊らされず、費用対効果のバランスを考慮しての慎重判断だね。きっと。

それにしても、2007年1月リリースのWindows Vistaは結局、最後?まで未導入だった。
Vistaがなくて困ったことは特になかったし、むしろお客様には一環してVistaPC導入はお奨めはしなかった。
(時には、ダウングレード権を使ってでもXPを導入することを推奨していた。)
理由は様々あるけど、最も大きな要因として、Vista(HomeBasic、HomePremium)のサポート期間は2012年4月でXPの2014年4月より2年も短いってことが大きかったですね。(2009年12月現在の情報。)

| | コメント (0)

2009年12月10日 (木)

11b/gの無線LANルータの通信ボトルネックを解消しよう!

数日ほど前ぐらいから、無線LANルータをプラネックスの「BRC-W14VG」に変更してまたIPSecでインターネットVPN(LAN間接続)の接続状況を試していました。
このブログの2009/9/27に関連記載あり。)

4日間ですが、今のところVPNトンネルが切断されることなく、順調に連続稼動中。
システムログをみても「IKE(鍵交換)」もうまく行われているのがわかります。

Photo

なんでまたわざわざIPSec対応のルータに交換したかというと、
P-ぽけっとのLAN内にあるファイルサーバーのデータをVPN経由で遠隔地にあるNASに自動バックアップしたい考えていたわけです。

(まぁその話は後日記載するにして、)今回は通信速度のボトルネック解消の話を少々。

「BRC-W14VG」は、11b/g規格(最大54Mbps)の無線LANルータなので、このままの利用では、現在順次買い換えている11n(最大150Mbps)対応の無線LAN機器の通信性能を生かしきれず、ちともったいない。
かといってIPSec対応で、かつ11n通信可能な無線LANルータは存在しない。
(仮に存在したとしても、貧乏人の私に数万円以上の通信機器の導入は当面ありえません・・・(^_^;))

PLANEX VRRP 対応セキュア・ストレージBBルータ BRC-W14VG CE
PLANEX VRRP 対応セキュア・ストレージBBルータ BRC-W14VG
Amazonで確認する

メーカー: プラネックス
発売日: 2005/09/10

そこで格安購入した11n通信対応のポケットルータ「MZK-MF150W」(このブログの2009/12/4に記載あり。)をAPモードに変更して無線LANブリッジ構成することに。

Lan

Lan2

こうすることで通信速度のボトルネックをある程度解消できます。
(もっともイーサネットは最大100Mbpsのものなので、完全な解消にはなっていませんけど。)

この状態でブラウザを起動してみると、いつもよりも一瞬だけ表示に間があり、その後一気に表示という感じです。
(「あぁ~(゜o゜) ブリッジ接続しているなぁ~。」と一人で勝手に納得。)

仕事柄、多々無線LANのご相談や導入依頼があるのですが、(無線LANルータを現在利用している方であっても、)無線LANルータをあえて有線LANルータで利用するといった機能を分離するという話をしても、あまりピントこないようなので、今回ちょこっと記載してみました。

そういえば以前に記載(このブログの2009/6/19記載。)した内容とちょこっとかぶるってるなぁ・・・。(^_^;)

| | コメント (0)

2009年12月 4日 (金)

ポケット無線LANルータ「MZK-MF150」が4,000円以下!になったので

このブログで約1年ほど前(2008/11/15)に記載したエントリー、

ポケット無線LANルータ「GW-MF54G2」が3,000円以下!になったので

の続編?

「GW-MF54G2」の後継機、「MZK-MF150」を先月末(2009/11/26)に何気なく立ち寄った近くのパソコンショップで3,980円で発見!\(◎o◎)/!

PLANEX 150Mbps 手のひらサイズ2ポート ハイパワー無線LAN モバイルルータ (ルータ/AP/コンバータ) 白 MZK-MF150W CE

Photo

2009/12/4現在、きっと最も安い価格じゃないかな。
(もっとも、アマゾンでも4,500円前後で入手できるけど・・・貧乏人の私には、3,980円と4,500円ではインパクトが違うんですよね。(^_^;))

「GW-MF54G2」の後継機だけあって改良点が多数。

Mzkmf150

  • 11n通信対応になり、通信速度が54Mbpsから最大150Mbpsに大幅に向上したことはもとより、
  • アンテナは本体に内臓となり、コンパクトで持ち運びがさらに便利に。
  • LANポートが2つになったので、(無線LANルータとして利用している時でも)有線LAN接続可能に。
  • マルチSSIDで異なる複数の無線LANセキュリティの設定が可能に。

など等。
PCサポート用(APモード)と自宅で使用しているネットワークメディアプレイヤー用(コンバータモード)に2つ購入しちゃいました。(^_^;)

NASに入っている(DVDをリッピングした)ISOファイルをネットワークメディアプレイヤーで再生してもコマ落ちがしない。さすが11n対応は違う。\(^o^)/
このブログの2009/2/6に関連記載あり。

プラネックスの製品は、設定に少々クセあるので、万人向けではないけど、うそみたいなコストパフォーマンスがたまりません。

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

外付けUSBハードディスクをバスパワーで簡易NASに。

P-ぽけっと で、現在使用しているバッファローの無線LANルータ「WZR-HP-G300NH」は非常に多機能。
その1つとして「簡易NAS(ネットワーク・アタッチ・ストレージ)」機能があるのですが、それについて前々から確認してみたいということがありました。

それは、「外付けUSBハードディスクをバスパワーで簡易NASが動作する?」ということ。
メーカーサイトでは非対応ということになっているので、いつもならこれで納得して終わるのですが・・・

Qa

ハードウェアの新製品の詳細レビューで、日々チェックしているサイト「清水理史のイニシャルB」では、バスパワーで使っているではないですか!( ̄○ ̄;)!
製品レビュー記載時は発売前の試作機ということ。

Usb2

これは試してみないと!
周辺機器はメーカー側では動作保障はしていないけど、やってみると動作するってことが結構ありますから。
(もちろんトラブル・故障時のメーカー保障やサポートは受けれないから基本的に自己責任。)

使用していない2.5インチHDDをキットを使って外付けHDDにして試してみました。

Usb1

(メーカーとしては、安定性・信頼性を重視してACアダプタの必須としているのでしょうが、)
結果は動作OK・・・なんかあっけない・・・(゜o゜)

Nasok

Photo

P-ぽけっと では共有フォルダのアクセス権やユーザーグループを柔軟に設定できる、本来のNAS(Samba)を重宝しているせいもあって、「簡易NAS」は、ちょっと機能的には物足りなく感じちゃいます。
それでも、設定の手軽さやHDDの交換ができるということ、それに日々増え続ける容量の大きい画像や音声・動画など今時のマルチメディアデータは容量のことを考えると、ネットワークストレージはいくつあっても悪い気はしないですね。

最近のバッファローは矢継ぎ早に高機能無線LANルータをリリースしているから、そのうち「簡易NAS」機能から「簡易」という文字がとれた製品をリリースする日が来るのもそう遠い話ではないかも・・・安価だったら絶対に乗り換えるよ。

あっ!そしたら(自社の)NASが売れなくなっちゃうか・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2009年12月 1日 (火)

質問して、解決して、図書カードGet!

無線LANルータを11n対応(最大300Mbps)に変更したので、(このブログの2009/9/18に関連記載あり。)複数台あるパソコンの無線LAN子機も徐々に11n対応のものに入れ替えているのですが、ちょっとした疑問が・・・。

機種固有の問題の可能性が高いので、メーカーサポートに聞くのがよいかな?と思ったのですが・・・

  • 疑問内容が中々口頭での説明が難しいことと、
  • ネットワーク機器が複数のメーカーを使っていたこと

などもあり躊躇していました。
そんな中、SAK2(サクサク)で、ちょうど「質問・回答キャンペーン」をやっていて、しかも画像を添付できるから、口頭で説明しづらいことでも、もしかしたらと思って、質問を記載したら当選しちゃった!\(◎o◎)/!

Photo

Photo

疑問も解消したし図書カードもゲットできたし。ちょっとうれしい。(^^♪

Photo
(2009/12/7、郵送された写真追加。)

ちなみに投稿した質問は以下の内容。
http://www.zqwoo.jp/sak_bbsq/show_c/142437

荒業ですが、ポート・マッピングを使ってネット越しから「Wake On LAN」を行うことは可能。
(ただ、すべてのルータでできるわけではないのですが・・・。)
具体的な方法は、「日経ネットワークの2006年9月号、P109」に記載されています。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »