« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の10件の記事

2010年1月27日 (水)

ワイヤレス製品が好みの私…その2

最近は入手した格安デスクトップパソコンをあれこれいじっているのですが、どうしてもデスクトップパソコンだとケーブルだらけになりがち。
ケーブルだらけの環境をみるとモヤモヤした感じになっちゃう私・・・(-_-;)
(このブログの2007/5/272008/6/29に関連記載あり。)

そんな状況に我慢できず、ワイヤレスのキーボードとマウスを入手を決意。
以下の製品は新品でもアマゾンで3,000円前後で入手できるお手頃製品ですが、ここは(中古品でよいので)少しでもケチってヤフオクで810円でGet!(送料等いれても1,500円なり。)

ロジクール EX100 コードレスデスクトップ EX-100 CE
ロジクール EX100 コードレスデスクトップ EX-100
Amazonで確認する

メーカー: ロジクール
発売日: 2008/06/13

こうなってくるとRGBケーブルも長ったらしくない、ジャストサイズのものをアマゾンで購入。
(長いケーブル類は近隣の電気量販店でも山ほど置いてあるのですが、790円と割安で70cmという短いものは意外と少ない。)

iBUFFALO Arvel 細ディスプレイケーブル フェライトコア付 0.7M ADS329FC CE
iBUFFALO Arvel 細ディスプレイケーブル フェライトコア付 0.7M ADS329FC
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2004/06/15

アマゾンは購入金額が累計で1,500円以上でないと送料無料にならないので、それなら「無線LAN端子も・・・」となっちゃいました・・・(^_^;)
安くて11n通信対応だったらなんでもよかったのですが、以下の製品は1,580円と値ごろ+Ubuntu9.10でも動作するとのことだったので決定。

PLANEX ドラクエもモンハンもWi-Fi通信するならこれ!  150Mbps ハイパワー無線LAN 小型USBアダプタ (WPSボタン) GW-USMicroN CE

ちょっとだけすっきりしました。ただそれだけ・・・(^_^;)

1

2

最近は、電気量販店に行くと電気製品よりもケーブリングのコーナーに目が行ってしまうのですが、むしろこの手のグッズは100円ショップの方がうわてのようで、「ケーブル巻取り」、「スパイラルチューブ」、「マジックテープ」などのすっきりグッズが多数よりどりみどり。

私のような貧乏人は特に活用したい。coldsweats01

| | コメント (0)

2010年1月26日 (火)

USBプリンタサーバの設定はネットワークプリンタの設定より面白い!?

ちょっと空いた時間があったので、放置したままだった無線LAN対応USBプリントサーバー「Mini-102MG」を実際に動作させてみました。
このブログの2010/1/15に記載あり。

PLANEX 双方向通信対応 有線/無線 USBプリントサーバ(Win・Mac) Mini-102MG CE
PLANEX 双方向通信対応 有線/無線 USBプリントサーバ(Win・Mac) Mini-102MG
Amazonで確認する

メーカー: プラネックス
発売日: 2008/07/25

Windowsでは間違いなく動作する(はず)なので、これではちょっと面白くない。
どうせならメーカーが公示してしている対応プリンタではないプリンタを実験に使ってみました。
(テストプリンタは、エプソンの「PM-890C」。結構お古なのはご愛嬌。(^_^;))

で、結果はというと動作OK。(^^♪
付属のユーティリティソフト「プリントサーバマネージャ」をインストールすることで、双方向通信に対応。

Photo_2

Photo

Photo

下は実際にワイヤレスプリントを行っているデモ動画です。
(ネットワーク経由でもちゃんと双方向通信によるインク残量を表示可能になっているのがわかります?)

この手の製品は、(ちょっと設定などにクセがありますが、)メーカーが公示している対応製品以外のものでも、結構動作することが多い。
メーカーサポート外になっちゃいますが、ダメもとでやってみるもんですね。
(ちなみに「Linux Ready」となっていたのでUbuntu 9.10で試してみたけど自分の技量ではダメだった・・・(^_^;))

最近は無線LANモジュール内臓のプリンタ・複合機も安価で出てきているので、コスト面だけでみると、プリントサーバーを導入するメリットは以前より半減していますが、既存のUSBプリンタ・複合機をネットワーク化するというのは(ネットワークプリンタを設定するのとは、)また違った面白さがありますね。(^^♪

| | コメント (0)

2010年1月25日 (月)

Office2010(ベータ版)を入れてみた!

この以前に記載した(ブログの2010/1/12に記載。)格安デスクトップパソコンのOSは、Ubuntuにしたり、XPに戻したりと色々といじっているのですが、今のところXPにしています。

というのもOfficeの次期バージョンの「Office2010」のベータ版をちょっと触ってみたかったから。
(「Office2010」ベータ版は、2010/10/31まで機能制限なく無償利用できるようです。
利用にはWindowsLiveIDが必要で、インストール時にプロダクトキーを入力する必要があるのですが、WindowsLiveIDに登録したメールアドレスにプロダクトキーが送られてきます。
ちなみにベータ版であっても(セキュリティ)パッチは提供されます。)

それにしてもサイズがドデカイ・・・(-_-;)。

Office2010

Officeの新バージョンがでると真っ先に確認したくなるのが、Excelの「DATEDIF(デイトディフ)」関数の扱いについて。
ご利用されている方も多いと思うのですが、この関数日数計算をしてくれる非常に便利な関数にも関わらず「関数ダイアログ」には現れないんですね。(その理由についてはPCオンラインでどうぞ。

で、結局今回も実装されていなかったみたい・・・(T_T)

Excel2010

ちょっと愚痴っぽくなりますが、「Office2003」バージョンに慣れきっている私には(「Office2007」同様)あのリボンがどうもおせっかいと言いますか、なじめないなぁ。
慣れの問題なのでしょうけど、わざわざ安くないコストをかけて導入するメリット(新機能による生産性の向上)がある?というとよく調べていないこともあるので、今のところ未知数。

このバージョンの普及はカギは、やっぱり「クラウド」との連携?
オンラインOfficeはレスポンスやセキュリティなど課題も多いけど、洗練されれば、ローカル環境とかわりなくシームレスに使えるのでかなり便利なのですが・・・。

| | コメント (0)

2010年1月20日 (水)

ひさしぶりのメモリ増設してみた訳は…

ヤフオクでバッファローの新品1GBメモリを2,980円(送料等除く)でGet。

Photo

それにしてもメモリは一昔と比べると、うそみたいに安くなったなぁ~。2005年頃は256MBでも6,000円前後はしましたからね。
もっともその当時もメモリは安くなったなぁ~って言ってましたが・・・(^_^;)

私がメイン利用しているオールインワンパソコンは、メモリを1GB(512MB×2枚)搭載しているのですが、

  • ページング(仮想メモリ)が頻繁に起こっているわけではなく、
  • 大量のメモリを消費するソフト(動画編集ソフトや仮想化ソフトなど)もあまり使っていないので、

本来なら現状の1GBより多くメモリ容量を増加しても、動作レスポンス向上はあまり期待できないわけですが、以下の理由があってちょっと増設したみようと思ったわけです。

  • メーカーサイトでは、(利用しているパソコンの)搭載メモリの上限が1GBとなっているのですが、どうやら2GBまでは認識OKらしいことをネットで見かけます。是非確認してみたい。
  • バッファローからフリーソフトとして提供している「RAM DISK(ラムディスク)」を使ってどれほど高速化の効果があるのか試してみたい。
  • 交換し余ったメモリは、(規格が同じ)他のデスクトップパソコンで利用できるので無駄にならない。

などなど。特に「RAM DISK」については、かなり前に、このブログに記載したこと(2006/10/7)があるのですが、それっきりだったしね。(^_^;)

Photo_2

仕事でお客様のパソコンにメモリの増設することは多々あるのですが、P-ぽけっとのパソコンにメモリを増設するのは約3年ぐらいぶり。
なにせ拡張性に乏しい一体型パソコンなので、取り外し方にクセというか手順があってちょっと戸惑う。(というか忘れてしまっていた・・・(^_^;))

で、交換増設みると確かにメモリ1GB以上でも認識する。(゜o゜)
(う~んなんでメーカーでは最初から2GB以上としてないだろ?)
まぁそれはそれでよしとして、バッファローのサイトから「RAM DISK」をダウンロード&インストールして、余っているメモリ領域を(仮想的に)ハードディスクに。

Ramdisk

出来上がった仮想ディスクはマイコンピュータから確認できます。
(ファイルシステムはFAT32になるようです。)

Ramdisk_2

で、早速仮想ドライブに200MBあるPhotoShopの画像ファイルを入れて開いてみると今まで5秒ぐらいかかっていたのが、一瞬で表示される。\(◎o◎)/!
各種キャッシュファイルはこのディスクに入るように設定すれば便利そうです。

メモリ領域を仮想的にハードディスクのように扱う技術及びソフトは前からいろんなメディアやパソコン雑誌で取り上げていましたが、わざわざギガレベルの大容量メモリを購入してまで使ってみようとは、思っていませんでした。
でも、メモリが手頃な価格で入手できるようになった今なら常時使ってみてもいいかなって思ってきましたね。

| | コメント (0)

2010年1月18日 (月)

もうデスクトップLinuxは特別なものではない!?

先日(2010/1/16(土))、釧路高専で開かれた「OSS利用技術修得プログラム 特別講演」に、プチドライブも兼ねて聴講してきました。

Photo

一般市民向けの講演で、(技術演習ではないので、)これといって大きな収穫はなかったのですが、結構意外だったのが聴講に参加していた10数名の参加者に女性の方々や年配の方々がそこそこいたこと。

「もうデスクトップLinuxは、特別なものではなくなったんだなぁ~。」なんて感じた瞬間でした。
(もっとも凝りだしたら際限のないワールドが待っているのですが・・・。)

| | コメント (2)

2010年1月15日 (金)

新年そうそう衝動買い2!

今回購入し(てしまっ)たものは、以下のUSBプリントサーバ。

PLANEX 双方向通信対応 有線/無線 USBプリントサーバ(Win・Mac) Mini-102MG CE PLANEX 双方向通信対応 有線/無線 USBプリントサーバ(Win・Mac) Mini-102MG

販売元:プラネックス
発売日:2008/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新品だと6,000円前後ですが、ヤフオクの中古品として3,000円(送料込み)でGet。
(本体と電源アダプターしかなく、マニュアルもソフトも保証書もないのですべてメーカーサイトで自己解決が前提だけど。)

このUSBプリントサーバを使っての印刷は、まだ行っていないのですが無線LAN接続して、ステータス画面はこんな感じ。
(実際に印刷してみた様子はこのブログの2010/1/26のエントリーに記載あり。

Photo

Photo

さて、このUSBプリントサーバ 実は全然必要ないんですね。
P-ぽけっとには複合機が2台あり、ともに無線LAN機能搭載しているので・・・。

ではなぜ?というと・・・「単なる衝動買い」といったところです。(^_^;)
あえて理由づけをするならば、P-ぽけっとをご利用のお客様の多くはUSBプリンタ・複合機をご利用しているので、こうした製品にご興味が沸いた時に多少なりとも活用できるかも?
「百聞は一見にしかず」と言いましょうか、下手に言葉で説明するよりも、実際に目の前でデモンストレーションをしてみせるほうがずっと説得力がありますからね。

この手の製品の多くは双方向通信を実現するために、付属のユーティリティーソフトを使って仮想USB(擬似USB)機能を利用している(と思われる)のでちょっと特殊ですが、
セットアップするにあたり、通常の「(プリントサーバを経由する)印刷データの流れの理解」と「IPネットワークの知識」がないと設定でハマちゃうと中々抜け出せません。

日経NETWORK 「プリンタ・ネットワークの奥義」より。

Photo_2

(原則釧路近郊の方になりますが、)USBプリントサーバの設定でハマった方は、P-ぽけっと が代理セットアップサポートをお受け致します。(^^ゞ

| | コメント (0)

2010年1月12日 (火)

新年そうそう衝動買い!?

1月といえばバーゲン月ですよね。皆さんはいろんなお買い物しましたか?
娘や奥さんもそうなのですが、今年は私も洋服など色々買っちゃいました。・・・ちょ~ひっ迫財政ないのに・・・(-_-;)

色々購入したモノの1つが、ヤフオクでゲットした見た目オンボロのパソコン。

Optiplex_gx60

普段なら「デスクトップならおよびでない!」となるのですが、何せ今Linux用に格安パソコンを探していたところに、この値段!気が付いたらゲットしちゃってました。

本体のみの出品だったので、付属品は何もなく(モニターはもちろん、リカバリーディスクなどもない)ので、品が到着して早速以下の事項をチェック。

  • パソコン本体内部のチェックとクリーニング。(特に冷却ファン周り)
  • ハードディスク及びメモリの障害チェック。(Ubuntu 9.10 LiveCDを使用)
  • 正規版Windowsかの確認。
    (Microsoft Updateで「Windows Genuine Advantage プログラム」を適用)
  • 未適用のドライバーの有無。(デバイスマネージャーで確認)
  • ウイルス感染の確認。
    (セキュリティパッチの適応とウイルス対策ソフトで完全スキャン。)
  • コンボドライブの動作確認。(CDの読み書き、DVDの読み込み)

結果、すべて問題なし!

ハードディスクが「シーゲート」だったので、ドライブを丸ごとバックアップできる「Disk Wizard(ディスク ウィザード)」が無償で使える。つまりハードディスクが故障しても、いつでも簡単に復元できます。
(「Disk Wizard」についてはこのブログの2009/4/8に関連記載あり。

Photo 

あっ!Linuxを動かすことが目的だったのに、いつの間にかXPを動かすことに専念してしまっている…いかん・いかん…(-_-;)

| | コメント (0)

2010年1月 4日 (月)

Bluetoothでサウンドをとばせ!by Linux

またまたLinuxでのハードウェア動作検証ネタ。今回はBluetoothを使ったワイヤレスサウンドの動作確認。
(こんな暇なことは、正月休み中しかできないですからね。(^_^;))

予想はしていたけど、やはりWindowsの時と違ってドライバーCDいらずで、USBポートに指すだけで動作OK。

使用したBluetooth機器として、

  • プラネックスのBluetooth USBアダプタ、「BT-MicroEDR2」。
    このブログの2008/12/22にも登場。
  • 同じくプラネックスのBluetoothレシーバー(受信機)、「BT-01R」。
    (既に生産終了品。)

Bt01r

Bluetooth

「BT-MicroEDR2」の動作認識は問題ないと思っていたのですが、「BT-01R」とのペアリングがうまくいくか確認しておきたいことの1つでした。
というのも、今回のプロファイルはオーディオで利用するA2DP
ヘッドセットなどで使われているHSPHFP汎用的?なプロファイルとは違うので、果たしてどうか?と。
(多数あるBluetoothの各種プロファイルはプリンストンテクノロジーのサイトの説明がわかりやすいです。)

で、結果はOK。(当然といえば当然かもしれませんが・・・。)

A2dp

が、しかし・・・
ペアリングしたものの、ステレオから音がまったく出ない・・・(-_-;)
しばし時間が流れ・・・サウンドの出力設定を変更しなくてはならないことに気づく。

Photo

自分で記載していてもわかりにくい文面なので、YouTubeの動画を(ちょ~お古の)ステレオにワイヤレスで音声出力しているものを撮影してみました。
(映像とズレることなくステレオから音声出力されているのが、ステレオのイコライザーの変動でわかってもらえるといいのですが・・・。)

下は言わずと知れた映画「炎のランナー」の音楽

こちらもちょ~メジャーな映画「地獄の黙示録」の第一騎兵師団の奇襲シーン

もちろん音楽CDや映画DVDの再生時の音声もこれでオーディオ出力可能になります。

パソコンでわざわざこんなことする?となるとまぁ少数派だと思うのですが、
音楽をかけっぱなしの環境(たとえばショップや美容室、サロンなど)には、うってつけのような気がしますね。
メディアプレイヤーソフトで簡単に複数の再生プレイリストを作成できるから、その日の気分などで選曲順を即チェンジできる。
PCによる音楽管理のメリットが享受できると思うのですが、どうだろ?

| | コメント (0)

2010年1月 3日 (日)

Linuxでワイヤレス印刷!

ここのところLinuxマシンを色々いじって遊んでいるのですが、まだまだ初心者の域なので、わかりやすい書籍を1つ購入してみました。

Ubuntu Magazine Japan vol.02 (アスキームック) Book
Ubuntu Magazine Japan vol.02 (アスキームック)
Amazonで確認する

出版社: アスキー・メディアワークス
発売日: 2009/11/30

それによると(P96)、Ubuntuとヒューレットパッカード(以下HP)のプリンタとの相性は極めてよいとのこと。
P-ぽけっと でメイン利用している複合機もHPの「Officejet7410」。そんなわけで早速確認してみました。

まずはUSB接続。
(自動的にドライバーを検索・設定してくれるので、)USBケーブルをただつなぐだけで終わり。普通に印刷可能に。
Windowsなら「Officejet7410」のプリンタドライバーやユーティリティソフトなどインストールにゆうに30分以上はまたされるだけに、しばらく目が点・・・(@_@;)

次はネットワークプリンタとして利用する場合。
「システム」→「システム管理」→「印刷」→「新規」でネットワーク上のプリンタを検索してくれる。これで終わり。しばし口がぽか~ん。(゜o゜)

Photo_2

さらにHPでは「HPLIP Toolbox」というユーティリティソフトをLinux用に提供していて、インク残量確認や印刷設定、クリーニング設定情報などが取得できる。
インストールして使ってみると、スキャナ設定も普通に利用できるのはたまげた!
(インターフェースは英語だけど、文面から何となく内容がわかるのでさほど気にならない。)

Hpliptoolbox

Photo

Print

Linuxにプリンタドライバーのインストール&設定は難しいという先入観があっただけに、この簡単さのギャップに新年そうそう晴天の霹靂状態・・・(@_@;)
(もちろんすべてのメーカーのプリンタがうまくいくとは限らないのがLinuxなのですが・・・)

この衝撃は、初めてインターネットを利用した時、初めてバーチャルPCを使った時(このブログの2007/12/23に関連記載あり。)と同じくらいです。
2010年はLinuxマシンをお遊び道具の域から、なんとか業務に利用できるレベルまでにもっていくことがマイ目標の1つ?

| | コメント (0)

2010年1月 1日 (金)

来る2010年

数日前から初日の出を拝めることができるか、ずっとネットウェザーで元旦の天気をチェックしていました。

雲がかかって「晴天」というわけではありませんでしたが、何とか初日の出を拝めることができ、心の中で「今年もよい年であるように」と祈願しちゃいました。(^^♪
朝日ってほんの一瞬で昇ってしまうのですが、私にとっては、うれしいようなありがたいような気がするなんともたまらない瞬間。「初日の出」ならなおさらです。

2010

さて、このブログも今年でなんだかんだで5年目突入ですが、アクセス数も大体平均すると200/日ぐらいになったようです。
(例によって自分自身のアクセスはカウントしないように、P-ぽけっと のLAN内にあるすべてのパソコンからのアクセスと、グーグルなどの巡回クローラーからのアクセスは、フィルタの設定で除外し、カウントしないようにしてあります。)

In2009

(著名な方のブログのアクセス数とは、比較にならない数ですが、)ただ、伸び率という視点で比較すると昨年と比較すると確実にアップしているようで。
(昨年及び過去のアクセス数については、このブログの2009/1/1に記載あり。)

「石の上にも3年」ということわざがありますが、しょうもないこのブログも地道に更新していくことで、(間接的ではありますが)多少なりとも業務で役立つこともあるから、まんざら捨てたものではないみたい。

2010年も飽きずに、しょ~もない内容を好き勝手に記載していきますので、ご興味のある方は今年もよろしくお願い致しま~す。(^^ゞ

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »