« ひさしぶりのメモリ増設してみた訳は… | トップページ | USBプリンタサーバの設定はネットワークプリンタの設定より面白い!? »

2010年1月25日 (月)

Office2010(ベータ版)を入れてみた!

この以前に記載した(ブログの2010/1/12に記載。)格安デスクトップパソコンのOSは、Ubuntuにしたり、XPに戻したりと色々といじっているのですが、今のところXPにしています。

というのもOfficeの次期バージョンの「Office2010」のベータ版をちょっと触ってみたかったから。
(「Office2010」ベータ版は、2010/10/31まで機能制限なく無償利用できるようです。
利用にはWindowsLiveIDが必要で、インストール時にプロダクトキーを入力する必要があるのですが、WindowsLiveIDに登録したメールアドレスにプロダクトキーが送られてきます。
ちなみにベータ版であっても(セキュリティ)パッチは提供されます。)

それにしてもサイズがドデカイ・・・(-_-;)。

Office2010

Officeの新バージョンがでると真っ先に確認したくなるのが、Excelの「DATEDIF(デイトディフ)」関数の扱いについて。
ご利用されている方も多いと思うのですが、この関数日数計算をしてくれる非常に便利な関数にも関わらず「関数ダイアログ」には現れないんですね。(その理由についてはPCオンラインでどうぞ。

で、結局今回も実装されていなかったみたい・・・(T_T)

Excel2010

ちょっと愚痴っぽくなりますが、「Office2003」バージョンに慣れきっている私には(「Office2007」同様)あのリボンがどうもおせっかいと言いますか、なじめないなぁ。
慣れの問題なのでしょうけど、わざわざ安くないコストをかけて導入するメリット(新機能による生産性の向上)がある?というとよく調べていないこともあるので、今のところ未知数。

このバージョンの普及はカギは、やっぱり「クラウド」との連携?
オンラインOfficeはレスポンスやセキュリティなど課題も多いけど、洗練されれば、ローカル環境とかわりなくシームレスに使えるのでかなり便利なのですが・・・。

|

« ひさしぶりのメモリ増設してみた訳は… | トップページ | USBプリンタサーバの設定はネットワークプリンタの設定より面白い!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひさしぶりのメモリ増設してみた訳は… | トップページ | USBプリンタサーバの設定はネットワークプリンタの設定より面白い!? »