« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の3件の記事

2010年3月17日 (水)

ハードウェアでデジカメ画像を絵画調にする!

このブログのサイドバーに「PhotoShop Elementsで趣味の絵画」ってリンクがあって、PhotoShopで写真画像を各種絵画調に加工したものを乗せているのですが、これが結構アクセス数が多い。(゜o゜)

「PhotoShop Elements」のフィルタ機能をちょっと合わせ技で使えば、絵が下手な私でもそれっぽっくできちゃいます。(^_^;)

下は娘(生後7ヶ月の時)の加工前の写真画像。

Photo

ペンタッチ風に加工してみたら下のような感じに。

Photo_2

一時期、結構好き勝手に作っていましたが、最近はご無沙汰。
というのも、日々の業務でパソコンに触れている時間が長いので、自由時間までパソコンをつかうと目と肩が悲鳴をあげてしまいそうで・・・。

そんな状況で月日が流れ、最近何気なく読んでいた「週間アスキー(2010/3/2号)」のP123をみて瞳孔が開く!(◎o◎)!
それはカシオが海外でリリースしたデジタルフォトフレーム「Digital Art Frame」。
(2010年3月中旬段階で日本では未発表。)

Digital_art_frame

巷によくあるデジタルフォトフレームと同じでしょと思いきや、このデジタルフォトフレーム側でデジカメ画像の絵画調(水彩画やパステル画など8種類あるらしい)にレタッチしてくれるらしい。
これならお手軽に(と言うか全自動で)絵画調にしてくれる。

売れるかどうかは別として、今までのデジタルフォトフレームとは異なった斬新なコンセプトには感動しちゃった!
(こういうのでてくると、最近にわかに活気付いている個人向けの小型プロジェクタにも実装なんてことが考えてしまう。)

ただ絵画調の加工にマッチする画像(建物や木々など輪郭がハッキリしているもの)とそうでない画像(空や水など輪郭がハッキリしないもの)があるから、ハードウェアの処理でどれだけ楽しめるかは未知数だけど・・・。

作る過程を楽しむのなら「ソフトウェアで」、出来上がった作品を楽しむのなら「ハードウェアで」、ってことになるのかな?

| | コメント (0)

2010年3月13日 (土)

「Google」からのご案内!

仕事を営んでいると正直うんざりするくらい営業・勧誘ダイレクトメールが届くのですが、その多くはゴミ箱直行便。
が・・・今回はちょっと違った!だって「Google」からだったので・・・(@_@;)!

Dm1

内容は期間限定の無償アドワードについて。
せっかくなので、ありがたくご利用させて頂くとしよう。(^^♪

Dm2

それにしても道東の片隅の小さな事業所にも案内がくるなんて思ってもみなかったので驚き!\(◎o◎)/!

ちなみに過去(2008年6月)に、「マイクロソフト・ラーニングソリューション部」からもDMが着たことがありましたが・・・。

Dm3

内容は「マイクロソフトが認定するITCスクールにならない?」とのお誘い。
(ITCスクールとは、大雑把に言うと、主にホームユーザー向けマイクロソフト社の製品を使ってIT技術を学ぶスクール及び資格試験会場)

Dm4

P-ぽけっと PC教室をご利用頂いているお客様の中には専業主婦の方や定年者の方も多数いるので、ITCスクールや励みになるITC検定試験実施のコンセプト自体は賛同できなくもなかったのですが、
認定スクールになる条件として「WindowsVista」、「Office2007」の搭載のコンピュータが確か?必須となっていた!
(そして「Windows XP」や「Office2003」では不可だったと思う)。

そうなると(当時)ぜんぜん普及が進まない「Vista」と「Office2007」を躍起になって浸透せようとしたプロモーションと、(自分には)思えてしまって正直引いてしまっちゃった・・・(-_-;)

そしてITC関連のプログラムは2010年6月には終了(予定)。
どうやら不発だったみたいだね・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2010年3月10日 (水)

この仕事で「知っている」と「知らない」の差は結構大きいのかも?

予想はなんとなくしていたのですが、春が目覚めたかのように、3月に入ってから問い合わせが急増!(比較的落ち着いてのんびりできた2月とは大違い)
ブログの更新どころではなかったのですが、ちょっと面白いサポート依頼があったので記載してみます。

依頼者のMさんが所属する会社では、「ヤマト運輸」を使っての発送物が多く、送り状も手書きだと「ヤマト運輸」のドライバーも大変ということで、「当社の「B2」を使ってみては?」と勧められてたそうです。

B2

無償だし、簡単に導入できるということだったので導入しようと思ったらしいのですが・・・。
何度やってもインストールできず、「ヤマト運輸」の担当ドライバーの方やサポートの方も根を上げてちゃって、P-ぽけっとに依頼してきたという流れ。
(話を聞くと3年前(2007年頃)からずっとトライ&エラーしてきたそうです・・・全然簡単導入じゃない!?)

訪問してみてみると「SQL Native Clientのインストールに失敗」との画面!

この段階でピピンとくる・・・(◎o◎)!
そう「B2」は「SQL Server 2005 ExpressEdition」をベースにしているDB管理ソフト。

これは実行環境のドットネットフレームワーク(Ver2.0 以上)がないな・・・きっと!」と条件反射的につぶやく。
というのもP-ぽけっと でも「SQLServer2005 ExpressEdition」をテスト環境として使用していたので。 (このブログの2007/12/1に関連記載あり。

またご利用されていたパソコンがXPだったのにも一要因が。
Vistaや7には標準でインストールされている「.NETFrameworks2.0」ですがXPには標準ではインストールされていないんですね・・・(^_^;)

_netframework20

「ヤマト運輸」のサイトにも一応そのようなことは記載してはありますが、一般の方がその文面を読み取ってどうすればいいかを判断するのは、ちょっと酷かもしれない。

Sqlserver2005expressedition

結局導入から、簡単な説明も含めて90分ほどで完了。
パソコンサポートという仕事は、広域なPCスキルとお客さまへの対応スキルがともなって、なんぼの世界。
「聞いたらできる」のコロンブスの卵では勤まらない。「知っている」と「知らない」の差は結構大きいと改めて実感でした。

カッコつけた言い方になりましたが、私も最近物忘れが多くなったので、変化の激しいITテクノロジーについていけるか心配ですけどもね・・・(^_^;)

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »