« キーボードとマウスを共有するフリーソフト「Quick Synergy」を使ってみた。 | トップページ | ネットワークメディアプレイヤーの良し悪しは使ってみないとわからない!? »

2010年6月27日 (日)

ようやくLinuxで無線LAN接続(11n通信規格)が実現できた!

(ヘビーLinuxユーザーの方からすると、たわいもない話ですが、)
念願のLinuxで無線LAN接続(11n)ができるようになったので、自分の備忘録も兼ねて記載。

利用したUSB無線LANアダプタは以下の製品。

PLANEX ドラクエもモンハンもWi-Fi通信するならこれ!  150Mbps ハイパワー無線LAN 小型USBアダプタ (WPSボタン) GW-USMicroN CE

搭載チップセットはRalink社のRT2870らしく、数あるUSB無線LANアダプタの中でも、非常にUbuntuと相性が良いみたい。
Linuxのカーネルに無線LANドライバーが含まれているので、(Windowsと違ってドライバーなどインストールすることなく、)USBポートに刺すだけで利用できる。(アマゾンで1,000円前後とお手頃でなのも魅力ですね。)

ただ、実際に使ってみると接続通信規格は11g(54Mbps)での通信接続になってしまう・・・
本来の高速な11n(150Mbps)通信で利用できないものかと、前々から思っていたのですが、たまたま書店で立ち読みしていた以下の書籍で、11n通信設定の記載(P40~P43)を発見!\(◎o◎)/!

Ubuntu Magazine Japan vol.04 (アスキームック) Book
Ubuntu Magazine Japan vol.04 (アスキームック)
Amazonで確認する

出版社: アスキー・メディアワークス
発売日: 2010/05/31

この書籍はPDFで公開されているので無償で閲覧、印刷ができます!\(^o^)/
参考にしたい方は こちらをクリックでどうぞ。

Screenshotrt3070sta

で、(ちょっと戸惑いましたが)11n通信規格で接続できました。\(^o^)/

Screenshotiwconfig

そんなわけで?、11n通信の醍醐味を得るべく、NASに置いてある(映画DVDからリッピングした)ISOファイルを無線LAN経由でコマ落ちなく再生することなくできるか試してみることに。

ISOファイルを直接扱えることができるVLCPlayer(Linux版)を使って、30分ほど再生してみたのですが、映像は途切れることなく順調に再生。\(^o^)/
(ちなみにマシンは特別ハイスペックなものではなく、2005年製、PentiumM1.6Ghz搭載の中古ノートPCで今となっては、平凡以下のスペックなものです。)

Iso

もっともパソコンで映画をみることなんてほとんどないのですが…まぁ無線LAN環境なら11n通信にしておいて特に悪いことはないです。(^^♪

パール・ハーバー 特別版 [DVD] Book
パール・ハーバー 特別版 [DVD]
Amazonで確認する

発売元: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日: 2006/01/25

一応動画もUPしてみました。
早い動きの映像でもカクカク(コマ落ち)することなく、普通に再生されているところに注目してね。(^^♪

---2012/10/25追記---

このページは検索でお立ち寄りされる方が結構多いのですが、LinuxでUSB無線LANアダプタを使う仕組みのようなこと?を(2012/10/21に)記載した以下の記事もよろしければどうぞ。
日経Linuxの力を借りてようやくLinuxカーネルモジュールの仕組みを理解?

|

« キーボードとマウスを共有するフリーソフト「Quick Synergy」を使ってみた。 | トップページ | ネットワークメディアプレイヤーの良し悪しは使ってみないとわからない!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キーボードとマウスを共有するフリーソフト「Quick Synergy」を使ってみた。 | トップページ | ネットワークメディアプレイヤーの良し悪しは使ってみないとわからない!? »