« 無線LANルータも安くなったもんだ3! | トップページ | ようやくLinuxで無線LAN接続(11n通信規格)が実現できた! »

2010年6月24日 (木)

キーボードとマウスを共有するフリーソフト「Quick Synergy」を使ってみた。

最近プライベートでは、ほとんどLinux(Ubuntu)を使用しているですが、「あれWindowsではどうだったけ?」と比較することが結構多いんですね。
(といってもたいしたことは、何もしていないのですが・・・ひとりSkypeとか・・・(^_^;))

比較するとなると、LinuxマシンとWindowsマシンを大体は横並べにするので、キーボードとマウスは持ち替えることなく利用したいものです。

そこで、前々から使用してみようと思っていたLinux向けのキーボードマウスを共有するソフト「Quick Synergy(クイックシナジー)」を使ってみました。
ネットワークを介しての操作なので、タイムラグが結構でるかな?と思っていたのですが、それほど気にするほどでもなく、結構いい感じです。

下は例によって(片手で操作&撮影なので、)ブレブレのデモ映像です。(^_^;)

(VNCなどの)リモートコントロールソフトを使った場合、文字のコピー貼り付けは英数字はできるのですが、日本語は(文字コードの問題?)できません。
でも「Quick Synergy」なら問題なくできるのがいいところです。

ちなみにブログの過去の記事エントリー(2009/4/14記載)に、Windowsマシン同士のキーボードとマウスを共有するフリーソフト「DOKODEMO(ドコデモ)」を使ったデモ動画もありますのでよければ、そちらもどうぞ。

|

« 無線LANルータも安くなったもんだ3! | トップページ | ようやくLinuxで無線LAN接続(11n通信規格)が実現できた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無線LANルータも安くなったもんだ3! | トップページ | ようやくLinuxで無線LAN接続(11n通信規格)が実現できた! »