« ようやくLinuxで無線LAN接続(11n通信規格)が実現できた! | トップページ | PLCでちょこっとお小遣い稼ぎ! »

2010年7月 4日 (日)

ネットワークメディアプレイヤーの良し悪しは使ってみないとわからない!?

このしょうもないブログに「ネットワークメディアプレイヤー ISOファイル 再生」というキーワード検索で、過去に記載した(2009/2/6)記事エントリーをご閲覧に頂いてくれる方々がまことに多い。<(_ _)>

そんなわけで、現在使用している以下のネットワークメディアプレイヤー絡みで少々記載。

プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー PAV-MP1 CE
プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー PAV-MP1
Amazonで確認する

メーカー: プリンストンテクノロジー
発売日: 2009/11/20

以前、バッファローのネットワークメディアプレイヤー「LT-H90LAN」を使用していたのですが、今年のはじめ(2010年1月)に乗り換えました。

Photo

私の乗り換えの主なポイントをまとめると以下のような感じ。

  1. 「LT-H90LAN」より価格が安い。
  2. 「LT-H90LAN」より再生対応している動画形式が多い。
  3. 「LT-H90LAN」より小型。
  4. 「LT-H90LAN」同様、DVDをリッピングしたISOファイルを直接再生できる。
  5. 「LT-H90LAN」にはできない、USBストレージの簡易NAS化が可能。

以下、(好き勝手でおせっかいな)各説明をすると

1.について
(2010年7月現在、価格.comで9,700円前後です。)
私のような貧乏人がネットワークメディアプレイヤーを2台も所持できるわけもなく、「LT-H90LAN」をヤフオクで売却して原資を確保し、乗り換えコストなしで導入機種を考えていました。
その候補の1つに「PAV-MP1」があがったというわけです。

2.について
「LT-90LAN」は、私が利用しているムービーカメラ、サンヨー「ザクティ」の動画、「MPGE4」ファイルを再生できないのが、ちょっと残念に思っていました。これも乗り換えを検討した大きな要因の1つ。
(ちなみに「PAV-MP1」はフラッシュの「FLV」ファイルさえも再生対応している。)

3.について
小さいのは、省スペース化になるから文句なしにいい。
(ただ、リモコンも小さいのは頂けない・・・ボタンが押しづらいし・・・(-_-;))

ちなみに「PAV-MP1」はカーナビにつなげて利用することもできるみたい。
(そうした利用をするかしないかは別ですが…)車内利用できる製品は小型化が必要条件。そんなわけで車内利用として以下のオプション製品も。

プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー用シガーソケット変換アダプタ PAV-MP1DC CE
プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー用シガーソケット変換アダプタ PAV-MP1DC
Amazonで確認する

メーカー: プリンストンテクノロジー
発売日: 2009/11/20

4について
これは当然必須。(メニュー画面の表示及び操作設定も可能。)
「LT-90LAN」は購入当時、ISOファイルの再生はできるけど、メニュー画面表示ができなかったので、字幕設定や音声設定ができなかったことがあるんですね・・・(T_T)
(ちなみに現在の「LT-90LAN」はファーウェアの更新で対応されています。)

5.について
これも乗り換えるを決めた大きな要因。
6歳の娘やメカおんちな奥さんでも利用できるように、ISOファイルや写真、動画ファイルはUSBハードディスクの中に入れているのですが、(NASなどの共有フォルダに入れておくと操作が子供には複雑でアウト・・・)
TVで映画や動画鑑賞し始めた場合、私がそのUSBハードディスクの中に入っているデータを利用するにはいったん鑑賞を中断してしなくてはならない
そうなると家族からの、冷た~い視線にさらされます・・・(T_T)
USBハードディスクをNAS化できれば、家族はTV再生で利用しながらも、私はパソコンからLAN経由でアクセスすることで同時利用ができるので、ありがたいというわけです。(^^♪

最近では以下のようなUSBストレージをNAS化できる機器も4,000円前後と手頃な価格でリリースされているから特別なものではないと思うけど。(^_^;)
(この機器は単に簡易NAS化するだけでなく、ちゃんとアクセス権も設定できる。安価ですが、結構あなどれない?)

PLANEX USB機器のデータをパソコンやデジタル家電で共有できるUSB 2.0メディアサーバ 1ポート (PS3・Xbox 360対応) MZK-USBSV CE

で、公私ともにお世話になっているMさんに、たまたまネットワークメディアプレイヤー「PAV-MP1」を提案みる機会があって、ご訪問テストもしてみた結果、導入する運びに。
以下はセッティング中の写真。(Mさん公開承諾済み)

Photo_2

我家では一生おめにすることもなさそうな大画面TVで接続。迫力ありますね~!
(反面、大画面だと高画質映像データでないと荒さが目立っちゃうけども。)

と、まぁいい話で終わるはずでしたが・・・最近公開されたファームウェアVer1.81はちょっと不安定・・・もっさ~り動作がたまにキズ。(T_T)

ファームウェアの更新作業も、
「LT-H90LAN」の場合(パソコン要らずで、)直接ネットワーク経由で行えたけど、
「PAV-MP1」はUSBメモリなどにファームウェアファイルを置いて読み込ませることしかできなく、パソコンが必要なるのは少々わずらわしい・・・。

ネットワークメディアプレイヤーのOSには、限られたリソースでも動作する「組み込みLinux」が搭載されているのですが、
メーカーサイトでは、搭載CPU、フラッシュメモリ容量などのスペック記載していないことが、ほとんど・・・できれば情報公開してほしいところです。
(公開されたからといっても性能判断材料となるかは微妙だけど、指標というか、目安は欲しいですよね。)

子供でも使えるようにするには、クイックレスポンスが必須で、もっさり動作は頂けない・・・
結局のところ、各社からリリースされているネットワークメディアプレイヤーの良し悪しは使ってみないとわからないといったところ・・・「DLNA」対応や「DTCP-IP」対応の有無と価格とのバランスも悩ましい・・・しかも価格が高いからと言って高性能とも限らないし。

と言いながらも、個人的に大好きなんですよね~。こうしたネットワーク家電って。(^_^;)

---2011/11/29追記----

この大した内容もない記事エントリーは「ネットワークメディアプレイヤー」というキーワードの検索でやたらと多いのですが、よろしかったらこちらもどうぞ。(^^ゞ

|

« ようやくLinuxで無線LAN接続(11n通信規格)が実現できた! | トップページ | PLCでちょこっとお小遣い稼ぎ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ようやくLinuxで無線LAN接続(11n通信規格)が実現できた! | トップページ | PLCでちょこっとお小遣い稼ぎ! »