« ネットワークメディアプレイヤー「PAV-MP1」でWake on LAN! | トップページ | 擬似SSD化でLinux…撃沈! »

2011年1月15日 (土)

「WHR-G301N」 VS 「MZK-EX300N」 無線LAN中継器対決!? 

最近バッファローの無線LANルータ「WHR-G301N」が価格改定(5,300円)されたことにともなってAmazonで「WHR-G301N」が3,871円とついに4,000円を切った
\(◎o◎)/!(2011/1/15 現在)

BUFFALO 11n/g/b対応 無線LANルーター WHR-G301N/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] CE
BUFFALO 11n/g/b対応 無線LANルーター WHR-G301N/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2011/12/26

「WHR-G301N」は無線LANルータ以外に無線LAN中継器としても利用できるので、価格が4,000円以下になった今なら、2台(無線LANルータ+中継器)まとめての購入しても十分よいかなと。

Wds

ところで、買いやすい価格の無線LAN中継器と言えば、このブログでも何度か記載し、(P-ぽけっとでも利用している)プラネックスの「MZK-EX300N-EZ」。
このブログの2010/9/23に関連記載あり。

PLANEX 無線LANエリアをかんたんに拡大 300Mbpsハイパワー無線LAN中継器 MZK-EX300N CE
PLANEX 無線LANエリアをかんたんに拡大 300Mbpsハイパワー無線LAN中継器 MZK-EX300N
Amazonで確認する

メーカー: プラネックス
発売日: 2010/09/03

価格的に共に同じくらいですが、無線LAN中継器として運用していく場合、微妙な差が出て来ますので、比較しやすいように主な内容をちょこっと表にしてみました。
(ファームウェアの変更等により違いがあるかもしれません。あしからず <(_ _)>)

項目 WHR-G301N MZK-EX300N-EZ
メーカー バッファロー プラネックス
発売時期 2009/12/05 2010/09/03
Amazon 価格
(2011/1/15現在)
3,871円 4,089円
ボディカラー ピアノブラック ホワイト
方向性アンテナ なし(内臓) 2本
無線LAN通信規格 11b/g/n
(最大300Mbps
11b/g/n
(最大300Mbps
自動無線設定機能 AOSSとWPS WPS
中継形態 WDS ユニバーサル
リピーター
中継台数 2台まで 2台以上可
中継元の
無線LANルータ
WHR-G301N のみ (基本的に)
無線LANルータなら
なんでもOK
中継器以外と
しての機能
無線LANルータ
アクセスポイント
無線LAN
コンバータ
MACアドレス
フィルタリング登録台数
最大64個 最大50個
製品マニュアル
サイト情報
(比較的)
丁寧な記載あり
基本的な情報のみ
(の場合が多い)
メーカーサポート
(自己イメージ)
比較的
初心者でも安心
独特の製品も多いため少々クセあり?
電話はつながりにくい
こともしばしば

上記の比較表から(勝手に)判断してみると無線LANルータを問わずに無線LAN中継できて、多段中継にも対応しているプラネックスの「MZK-EX300N-EZ」のほうに軍配があると思うのですが、
プラネックスは、製品やサポートに少々クセがある(と思う)ので、ネットワーク関連の設定に自信があまりなく安心感を求めるならバッファローの「WHR-G301N」かと。

個人的にはどっちもコストパフォーマンスが抜群にいいのは間違いないと思います。
(なんなんだ、このはっきりしない終わり方は・・・(^_^;))

|

« ネットワークメディアプレイヤー「PAV-MP1」でWake on LAN! | トップページ | 擬似SSD化でLinux…撃沈! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネットワークメディアプレイヤー「PAV-MP1」でWake on LAN! | トップページ | 擬似SSD化でLinux…撃沈! »