« 「WHR-G301N」 VS 「MZK-EX300N」 無線LAN中継器対決!?  | トップページ | ついに?累計25万アクセス »

2011年1月19日 (水)

擬似SSD化でLinux…撃沈!

お古のパソコンを再利用するというのは、Linuxのお家芸?のようなもので、様々なパフォーマンス・チューニング方法やツールがあるのですが、その1つに(ハードディスクではなく)擬似SSDを利用するという手法があります。
(なぜSSDではなく擬似SSDかというと、SSDは高価なので、安価なコンパクトフラッシュやSDカードなどを代用してSSDっぽくするから。)

ハードディスクを使うより擬似SSDを利用すると主に以下の点でメリットがあります。

  • ディスクアクセスが(ハードディスク利用時よりも)格段に早い。
  • 静か。(ハードディスクのように回転音がない)
  • 振動に強い。
  • 交換が簡単。
  • (16GB以下なら比較的)安価。

擬似SSDを使えるとという芸当ができるのも、(Windowsでは考えられないほどの)Linuxの容量の少なさで、8GBもあれば余裕でOSインストール&パッチ&アプリたっぷりインストールが可能です。
ただユーザがオーサリング(編集)するデータは、容量を食う(場合が多い)ので、外付けHDDやクラウドストレージを利用することになると思いますが。

そんなわけでLinuxユーザーの間では、擬似SSDの利用は(特別のことではなく)ごく普通のことで、ネット上でも「あっけなく認識した」との記載もよく目にすることもあって、私も以下のSATA規格の変換アダプタとコンパクトフラッシュを使って擬似SSDに初トライしてみることに。(ヒマだね~(^_^;))

玄人志向 インターフェース CF → 2.5型 SATA-SSDアダプタ UDMA対応 KRSD-CF2.5SSD/SATA CE

ちなみに変換アダプタは雑多にあって、インタフェースが(SATA規格ではなく)IDE規格ならこちらとか。

玄人志向 インターフェースボード CF → 2.5型IDE-HDD互換コネクタ変換ボード キワモノ KRHK-CF2.5IDE CE

シリコンパワーの(16GB、200倍速)コンパクトフラッシュを変換アダプタにセットして、Ubuntu(10.04)LiveCDを使ってインストールをしようとしたのですが、まったく起動してこない・・・。

Ssd

あれっ?と思ってBIOSを起動してみるとBIOS上では一応認識している・・・。

Bios

はて・・・(・・?
気を取り直して別のコンパクトフラッシュ(PQIの16GB、233倍速)を使ってみるも、同じくUbuntuは起動しない・・・(-_-;)

PQI JAPAN PQIブリスターパッケージ 233倍速コンパクトフラッシュカード 16GB 永久保証 BCF23-16G CE

Pq1

「地雷ふんじゃった(不良品購入しちゃった)?」と思いつつ、(Ubuntuを)インストールするには、絶対容量の足りない128MBのコンパクトフラッシュを無駄だと思いつつセットしてみる。

BUFFALO RCF-X128MY コンパクトフラッシュ 128MB CE
BUFFALO RCF-X128MY コンパクトフラッシュ 128MB
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2002/05/20

Buffalo_cf

すると・・・あれれ・・・

Ubuntu_1

来ちゃったよ・・・よりによって128MBのコンパクトフラッシュに・・・(@_@;)

Ubuntu_2

この容量じゃどうしようもない・・・il||li _| ̄|○ il||li

データ読み書き速度が200倍速以上は無理なのか? はたまたコンパクトフラッシュのメーカー相性のようなものなのか?
いずれにしても、これ以上お遊びに(認識するかはっきりしない)コンパクトフラッシュを多数購入するわけもいかない・・・。

擬似SSD化でLinux…撃沈!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

|

« 「WHR-G301N」 VS 「MZK-EX300N」 無線LAN中継器対決!?  | トップページ | ついに?累計25万アクセス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「WHR-G301N」 VS 「MZK-EX300N」 無線LAN中継器対決!?  | トップページ | ついに?累計25万アクセス »