« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の9件の記事

2011年2月28日 (月)

PowerPoint受講のお客様の悩ましい選択

早春のこの時期は、プレゼンテーションソフトの「PowerPoint」を受講されるお客様がチラホラ。(職場が医療関連の女性の方が多いです。)

「PowerPoint」でのスライドコンテンツ作成は、(日常的にWord、Excelを利用されている方なら)さほど難しいわけではないと思うのですが、受講を希望される方は普段からあまりOfficeソフトも利用されているわけではないようで、まして「独学で覚えよう」という気にはまずならないみたい。

こちらとしては受講希望はありがたいのですが、悩ましい問題が・・・。それは「PowerPoint」のバージョン。
P-ぽけっとでは「PowerPoint 2003/2007/2010」のバージョンがあるので、どのバージョンで受講されても問題ないのですが、問題は受講希望のお客様の職場状況にありまして・・・

大まかにまとめると、

  • 職場の多くが、まだ「PowerPoint2003(Office2003)」を利用している状態。
    (なのに、2003バージョンはもう通常購入ができない状態。)
  • 2007/2010バージョンでスライドコンテンツを作っても、通常の方法では2003バージョンでは表示できない。
  • (仮に2003形式で作成したり、Viewerソフトがインストールされていたとしても、)
    2003バージョンと2007・2010バージョンの大きなインターフェースの変化による操作性の違いは、ライトユーザーにとっては大きな負担で、目的であるはずのプレゼンテーションそのものに集中できない

というわけです。

そんなわけで、受講希望される方には、事前にご来所頂き以下のスライドを使って(それこそPowerPointを使ったプレゼンで)説明させて頂くことにしています。
(3枚ほどスライドなのでよかったらクリックでご閲覧をどうぞ。)

(上記のスライドみて頂ければお分かりだと思いますが、)職場は、まだ「Power Point 2003」だけどどうしよう・・・となった時のお助けソフトが以下の「キングソフト プレゼンテーション2010」。

KINGSOFT Office2010 Presentation CD-ROM版(windows7対応版) Software
KINGSOFT Office2010 Presentation CD-ROM版(windows7対応版)
Amazonで確認する

メーカー: キングソフト
発売日: 2009/09/17

マイクロソフト オフィス2003バージョンとインターフェイスがわらっちゃうくらい瓜二つ!
なによりも2,500円以下で、とても安いのが魅力!\(^o^)/!
(30日無償の体験版を利用してみましたが、中々テンプレートも充実していて、実用レベルを実感です。)

ちなみにWord、Excelも2003バージョンにそっくりなインターフェイスのものを選びたいならワープロソフト・表計算・プレゼンテーションソフトがセットになったこちら。

KINGSOFT Office2010 Standard CD-ROM版(windows7対応版) Software
KINGSOFT Office2010 Standard CD-ROM版(windows7対応版)
Amazonで確認する

メーカー: キングソフト
発売日: 2009/09/17

オフィシャル書籍もでるくらいだから結構人気あるみたい。(Amazonでのレビューをみると非常に良いみたいです。)

Kingsoft Office 2010 オフィシャルガイドブック Book
Kingsoft Office 2010 オフィシャルガイドブック
Amazonで確認する

出版社: キングソフト株式会社
発売日: 2010/05/10

プレゼンテーションソフトを月に数回使う程度のライトユーザーなら「キングソフト オフィス2010 プレゼンテーション」オススメです。(^^♪

| | コメント (0)

2011年2月22日 (火)

「PA-TCU1」がAmazonで投売り状態!

エプソンのUSBプリンタ・複合機を利用されている方は多いと思います。
そうした方の中で、今回の記載はもしかしたら「耳より情報」になるかも

以下の製品、(機種限定にはなりますが)エプソンのUSBプリンタ・複合機をワイヤレス化してくれます。

EPSON カラリオ用無線LANアダプタ (テレプリパ, 無線・有線対応) PA-TCU1 CE
EPSON カラリオ用無線LANアダプタ (テレプリパ, 無線・有線対応) PA-TCU1
Amazonで確認する

メーカー: エプソン
発売日: 2007/03/23

定価は14,980円ですが…
Amazonでなんと1,980円!(13,000円引き! 87%OFF!です。(2011/2/22 現在)
ほとんど投売り状態!普通じゃ絶対ありえない価格・・・(@_@;)

ただ、この製品は以下のように対応しているプリンタが限られています。

Photo

http://faq.epson.jp/faq/00/app/servlet/qadoc?3257

もし、お使いのプリンタ・複合機が以下の条件を満たしているようでしたら、購入してみる価値ありかも。(^^♪

  • 「PA-TCU1」に対応している、
  • ワイヤレス化したい、
  • 複数台のパソコンで共有利用したい、
  • 既に無線LAN環境が整っている、

なにせこのありえない価格ならイマイチだったとしても割り切れると思いますから・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2011年2月19日 (土)

Lenovo ミニ・ワイヤレスキーボード 「N5901」はXP、Ubuntu10.04、Wiiでも利用OK!

先日レノボのミニワイヤレスキーボード「N5901」を購入してみたので、ちょっと記載してみます。

Lenovo ミニ・ワイヤレスキーボード N5901 57Y6585 57Y6585 CE
Lenovo ミニ・ワイヤレスキーボード N5901 57Y6585 57Y6585
Amazonで確認する

メーカー: Lenovo
発売日: 2010/12/30

購入理由はいくつかあるのですが、まとめると以下のような感じ。

  • PowerPointを使ったプレゼン時に片手で操作できて便利?
  • 寝ながらノートPCでDVD視聴時のリモコン代わりに。
  • Wiiで使えたらキーボード入力が便利?

このサイズなので、キーボードが多少変則的。
「ファンクションキー」がない、「Windowsキー」がないなど、ショートカットキーを多用している私には使い勝手がイマイチと感じるところもあったのですが、トラックボールによるマウスポインタの移動は、思った以上に操作性がよく便利です。
(以下のサイトに詳しい製品レビューがありますので、ご参考にどうぞ。)

ITmedia
コロコロ、ときどき、プチプチ――レノボ「ミニワイヤレスキーボードN5901」
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1101/27/news028.html

ところでこの製品、珍しく対応OSがVista/7のみ
「USB通信規格に関するドライバーが組み込まれているXPやLinuxでも使えるのでは?」と思い、試してみたところ(XPは当然としてOKで)Ubuntu10.04でも、ほぼ問題なく利用できます。(^^♪

例外(の1つ?)としてUbuntuでの利用時では、日本語入力システムの起動は「N5901」の「半角/全角」キーでは変更できないので、パソコン上のキーボードを使って行うことになります
---2011/4/12---追記
IBUSのショートカットキー(標準は「ctrl」+「space」)を使えば可能でした。

Ibus

(ちなみに利用しているUbuntu10.04の日本語入力システムは標準の「IBUS-Anthy」からグーグルの「IBUS-Mozc」に変更しています。)

意外だったのが、Ubuntu10.04標準のメディアプレイヤー「Totem」を使ってDVD再生時に、このミニ・ワイヤレスキーボード 「N5901」のホットキー(ボリュームアップ、ダウン、一時停止、スキップ)が有効だったこと
「(Windowsでは当然できるとしても)Ubuntuでは使えなくても仕方ないなぁ~。」と思っていただけに、これはうれしい。(^^♪
これでUbutnu搭載ノートPCでも、ゴロ寝でDVDを閲覧できる…(^_^;)

デモ動画を公開している方がいないようなのでアップしてみました。
(例によって右手撮影、左手操作のため映像はブレブレですが…。)
どなたかのご参考になれば幸いです。

ちなみにデモ動画に映っているDVDはこれ。

ブラックホーク・ダウン(買っ得THE1800) [DVD] Book
ブラックホーク・ダウン(買っ得THE1800) [DVD]
Amazonで確認する

発売元: ポニーキャニオン
発売日: 2010/01/20

ゲーム機の「Wii」でも使用してみたところ、問題なく利用可能でした。(^^♪
暇をみつけて「Wii」で利用している時の動画もアップしてみる予定です。

| | コメント (0)

2011年2月17日 (木)

「隠す」から「見せてしまう」の逆転の発想に衝撃!

私、配線やケーブルがグチャグチャになっていると嫌悪感を感じるたちで、ワイヤレス化できるものはできるだけ実現したいと思っています。

が・・・例えば以下のようなワイヤレス化が無理な状況をみると「見なかったことにする。」となります・・・ちなみにこれは我家なんですがね・・・(^_^;)

Photo

そんなわけで?常々、コード関連を隠してくれるグッズのことばかりチェックしていましたが、以下の製品を知って衝撃!

ELECOM ホコリ防止シャッター付タップ flecc orbe 4口 2m ホワイト T-FLC02-2420WH
ELECOM ホコリ防止シャッター付タップ flecc orbe 4口 2m ホワイト T-FLC02-2420WH
Amazonで確認する

メーカー: エレコム
発売日: 2010/05/13

色違いは黒。

ELECOM ホコリ防止シャッター付タップ flecc orbe 4口 2m ブラック T-FLC02-2420BK
ELECOM ホコリ防止シャッター付タップ flecc orbe 4口 2m ブラック T-FLC02-2420BK
Amazonで確認する

メーカー: エレコム
発売日: 2010/05/13

というのも、このデザインを見ての通り、「隠そう」から「見せてしまおう!」という逆転の発想。今までの私にはこうした考えがまったくなかった・・・。

あとはコードをスパイラルテープで束ねれば、いい感じになると思う。
・・・ですが、スパイラルテープって地味なカラーと形(デザイン)しかないのが残念。ちょっとデザイン性を加えたもので、なおかつ安価で作れば大ヒットになると思うんだけどなぁ~。(゜o゜)
このご時世、日々電化製品は増えていく傾向にあるし、その機器のほとんどがコンセントを必要としているから潜在的なニーズは大きいかと。

話が戻りますが、このコンセントでいかに自分が先入観の塊で発想力のない人間というのを思い知らされました・・・(T_T)

これから今まで悩んでいたことや解決できなかったことについて逆転の発想ができないかちょっとだけでも意識してみよう!\(-o-)/

| | コメント (0)

2011年2月14日 (月)

Bluetoothワイヤレス印刷もあるじゃないか!

前回記載した、

の続きです。

HP複合機「Photosmart B209A」のセットアップ時に様々な問題が発生し、結局 ワイヤレス印刷は諦めかけていたのですが、(無線LANがダメでも)Bluetoothワイヤレス印刷ができる可能性が残されていることに気づく。\(◎o◎)/!

HP Photosmart 無線・大型タッチスクリーン搭載 黒顔料・4色独立インク A4インクジェット複合機 B209A CE
HP Photosmart 無線・大型タッチスクリーン搭載 黒顔料・4色独立インク A4インクジェット複合機 B209A
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2009/10/16

今回の激安複合機「Photosmart B209A」が正式サポートしているBluetooth USBアダプタは、HP純正の「bt500」。

Bt500

「bt500」は持っていないので、使っていなかったBluetooth USBアダプタ(このブログの2008/12/8に関連記載あり。)があったので、試してみることに。

Bluetoothusb

結果はすんなりOK!
Bluetoothの通信は標準規格化されているので、純正品のBluetoothUSBアダプタでなくも動作すると思っていました。
ただ設定やトラブルなどは純正品でないとサポート窓口では受け付けてくれない(ケースが多いよう)です。

そんなわけで(例によってブレブレですが)のデモ動画をUPしておきます。

撮影の関係上扉を開けていますが、(家庭用の扉1つぐらいなら)閉めた状態でも通信可能です。

(ペアリングに成功するとBluetooth印刷用の仮想シリアルポート(ここではCOM5)が作られる。)

Bluetooth

理論上は無線LAN(11gで最大54Mbps)に比べてBluetoothは通信速度(Ver2で2Mbps)が大幅に遅いのですが、実際にプリントしてみたところ数ページほどのテキスト中心のドキュメントなら、さほど遅さは気にならないですね。
(逆にファイルサイズが数メガで高解像度の画像の場合は、通信速度の差がハッキリ出ると思います。)

またBluetoothは双行方通信ができないので、インク残量などのステータスは表示できません

そうしたことをさし引いても、じゃまな配線から解放されるので、Bluetoothに対応しているプリンタ・複合機をお持ちの方は、試してみる価値はあるとかと。

Bluetooth USBアダプタは各メーカーから出ていますが、個人的には以下の製品がお奨めです。

PLANEX Bluetooth Ver3.0+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class1/100m) BT-Micro3E1XZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] CE
  • 新規格のBluetooth Ver3.0対応 (下位互換でVer2.0も対応)、
  • Class1対応 (Class2の最大10mよりは通信が安定)、
  • 1,000円前後と安価 (純正の「bt500」は4,200円はちと高い…)、
  • 非常に小型 (純正の「bt500」はちと大きい…)

などなど。

Bluetoothはルータを介しない1対1の通信(無線LANでいうところのアドホック通信)ですが、
無線LANでも「Wifi Direct(ワイファイ ダイレクト)」という規格が策定が進んでいるみたい。
しかも(ハードウェアの構成を変更することなく、)既存の無線LAN機器でも使えるようなので、大幅な追加投資も必要ないみたい。

そうなればBluetoothの弱点である通信の遅さも解決しそう。(゜o゜)

まぁ色々すったもんだあったけど、3,860円の複合機が高コストパフォーマンスなのは確か。サブ機だけど大事に使っていこう。(^^♪

| | コメント (0)

2011年2月12日 (土)

HPのプリンタ・複合機「Photosmart B209A」は無線LAN接続に少々問題あり?

前回(2011/2/9)、HPの複合機「Photosmart B209A」を格安でGetしたことを記載しましたが、今回はその続き。

この複合機はP-ぽけっと の無線LAN環境では、利用しかねる事実が判明…(T_T)
(もちろん故障品というわけではなく、印刷、やコピー、スキャン自体は何の問題もなく行えます。)

3,860円の激安特価品ということだったので、まぁしょうがないと思ってはいるのですが、気持ちがまだ吹っ切れていないので、不満箇所を列挙しブログで記載することで気を治めようかと。(^_^;)

以下、不満なところを列挙すると、

  1. インストール完了までの時間が長い。
  2. 無線LANモジュールのMACアドレス情報が見つけにくかった。
  3. プリンタ本体から無線LANの手動接続設定は行えない。
  4. 無線LAN接続には、ステルスモード環境では不可
  5. 有線LAN端子がない。

などなど。
以下にそれぞれの項目について長々と述べてみます。

1.…イライラ度 15%
ちょい古パソコンなら(シングルコアのCPUパソコンなら、)30分以上はかかります。
P-ぽけっとではメイン利用しているHPの複合機「Officejet 7410」の時もそうだったので、予想してはしていましたが…。

2.…イライラ度 30%…up
この複合機の無線LANモジュールのMACアドレスがわからないとP-ぽけっとの無線LANに接続することができない。
というのも、 P-ぽけっとでは通常の無線LANセキュリティ(WPA2-PSK/AES)以外に、MACアドレスフィルタリング設定をしているから。

HPの製品のマニュアルのほとんどがペラペラの紙1枚程度で、当てにならないのは前々から認知していましたので、頼りはメーカーサイトのサポート情報。
そのメーカーサイトでもMACアドレスに関する情報が中々見当たらず(見つけにくく)、ここでも結構時間をとられイライラがつのる…(-_-;)

最終的にはメーカーサイトの別機種のプリンタサポートのページから「ネットワークページ設定の印刷」するというのを発見して情報を得ることができましたが・・・。

Photo

3.…イライラ度 50%…bomb
タッチパネルから行える無線LAN接続設定は「プッシュ、PIN」だけで、直接SSIDや事前共有キーを入力することができない・・・。

Photo_2

「プッシュ、PIN」は、初心者でも簡単に無線LAN接続できる仕組みとして最近、多くの無線LAN機器に実装されています。
しかし簡単な反面、裏を返せば、ネットワーク管理者の目の届かないところで勝手に無線LAN接続設定されてしまう可能性もあって P-ぽけっと の無線LANルータはそうした自動設定機能(WPS、AOSS、PINなど)はすべて無効状態。

そんなわけでセットアップ時にパソコンとUSB接続して無線LAN情報を入力することでしか対応するしかないことに・・・。

4.…イライラ度 100%…impact
SSIDを隠匿するためのステルスモードの設定は、今時の無線LAN利用では特別な設定項目ではないはず(と思うの)ですが、
なんとこの複合機、ステルスモード環境では無線LAN接続できないことが判明!(≧ヘ≦)!

これに気づくまでに、時間のかかるインストール作業を何度も行う羽目に。
(きっかけになったのが、Amazonの以下のレビュー。この記述を目にしなかったら永遠に気づかなかったかもしれない。)

Hpbyamazon

そんな無線LAN機器、今時ありえんでしょー!( ̄○ ̄;)!

5.…イライラ度 0%…down (割り切り度 75%)
上記のステルス環境では、利用できないので(ステルス環境を止めるということは絶対にしなくないので)、常套手段の以下の製品を無線LANコンバータモードで利用しようと思ったのですが、

[Amazon.co.jp限定] PLANEX 手のひらサイズ 300Mbps ハイパワー無線LANルータ/アクセスポイント/コンバータ FFP-PKR01 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] CE

この複合機には有線LAN端子がないことに気づく・・・つまり無線LANイーサーネットコンバータは使えない…il||li _| ̄|○ il||li
(格安機だから文句言えないけど、無線LAN端子があれば有線LAN端子もあるのが普通なんだけどなぁ。)

このブログで以前記載(2011/8/29)したUSB機器をネットワーク化する「ETG-DS/US」もあんまり利用していないのでヤフオクで売却してしまって現在は持ってないし・・・(T_T)

I-O DATA USB機器共有ネットワークアダプター「net.USB」 ETG-DS/US CE
I-O DATA USB機器共有ネットワークアダプター「net.USB」 ETG-DS/US
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2009/12/18

もうこうなると(無線利用は諦めて、)大嫌いなUSBケーブル接続しかないと思ったのですが・・・はっ!・・・続きは、このブログの2011/2/14に記載あり。

| | コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

プリンタ・複合機を3,860円でGet!

P-ぽけっとには、サブ複合機として約4年間(2006/12/9導入)使用している以下の複合機があるのですが・・・。

BROTHER 薄型デジタル複合機 MyMio(マイミーオ) DCP-750CN CE
BROTHER 薄型デジタル複合機 MyMio(マイミーオ) DCP-750CN
Amazonで確認する

メーカー: ブラザー工業
発売日: 2006/09/27

先月末(2011年1月末)に以下のようなエラー表示が・・・(-_-;)

Photo

クリーニングが出来ない状態。
(インクヘッドかインクパイプ部分にインクが凝固してしまったと思われます。)
自分でバラして問題箇所部品を交換する作業自体は、さほど難しくないと思うのですが、パソコンのように部品調達が簡単にはできないのでどうしようもない…。

ハイエンド多機能複合機でないなら修理に出すよりも、新しく購入したほうが安いこのご時勢。(個人的には、こういう考え方はあまり好きではないのですが・・・。)
最近はエントリー機でもあっても、そこそこ性能がよかったりしますし。

そんなわけで、「特価品でいいのでサブ用複合機を購入しなくては・・・」と思っていたところ、たまたま立ち寄った近隣の電気量販店で、プリンタ複合機コーナーに足を運んでみると・・・
目立たない店舗奥のスポットに、ひっそりとたたずむ製品を発見!(◎o◎)!

Photo_2

ヒューレットパッカード社の「Photosmart B209A」
それはまるで、「君のような貧乏人を待っていたんだよ!」と訴えかけているかのよう(苦笑)。

Photosmart_b209a

「桁を見間違えた?」と錯覚するような表示価格に唖然・・・(@_@;)
しかもケーズデンキは表示価格からさらに3%OFFなので、3,860円也!
4色セットのインク代金(Amazonで約3,500円前後)とほとんど変わらない…(-_-;)

ヒューレット・パッカード  HP178 4色マルチパック CR281AA
ヒューレット・パッカード HP178 4色マルチパック CR281AA
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2010/11/01

このありえない価格を目の前しちゃったら、プリンタ複合機選びのポイントである、

  • プリント速度、
  • 画質、
  • インクのランニングコスト

云々といったことは、すべて脳裏から吹き飛び、消え去っていました。(^_^;)

だってこの複合機は、この価格で私が嫌いなUSB2.0だけでなく、Bluetooth(2.1)、無線LAN(11b/g)といったワイヤレス通信に対応しているから。
(ケーブル配線が大嫌いな私には、ワイヤレス対応か否かは重要な項目。)

HP Photosmart 無線・大型タッチスクリーン搭載 黒顔料・4色独立インク A4インクジェット複合機 B209A CE
HP Photosmart 無線・大型タッチスクリーン搭載 黒顔料・4色独立インク A4インクジェット複合機 B209A
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2009/10/16

展示品でしたが、

  • これといった目立つ汚れ、傷はなく、
    (もちろんインクカートリッジや電源コードは未開封・未使用。)
  • メーカー保障は購入日から1年間、
  • 元箱も含めて付属品はすべてあり。

Photo_3

十分納得のいく状態にウキウキ。o(*^▽^*)o

そう、この時までは・・・愚かにもこの製品固有の特性に、後ほど散々打ちのめされることが待ち受けているとも知らずに・・・続きは

にあります。よければどうぞ。(^_^;)

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

XmingでLinuxにGUIリモートログイン2

このブログで以前(2010/9/11に記載あり。)、WindowsXPからUbuntu10.04に「Xming」を使ってGUIでログインすることについて記載したことがあるのですが、
先日このブログのアクセス解析ログをみていると、SHARPドメインから以下の検索キーワードによるアクセスを目にする。

Xming

(Xmingを使ったイメージ図は以前の記事エントリー(2010/9/11)を見て頂くにして、)
今回はXmingの利用についての注意点を好き勝手に記載してみることに。

Ubuntu10.04の標準ディスプレイマネージャ、「gdm(グノーム・ディスプレイ・マネージャ)」はXmingで使うプロトコル「XDMCP」に対応しているのですが、デフォルト状態では使えないようなっているので、設定を変更する必要があります。
具体的には、「/ect/gdm/」にあるcustom.confファイルの[xdmcp]セクションに以下の記述を追加。

[xdmcp]
Enable=true
DisplaysPerHost=2

それと「XDMCP」プロトコルはUDP177番を使用するのでファイヤーウォールを利用している環境ではUDP177番を許可することも必要。

といったところなのですが・・・たまたま流し読みしていた「日経Linux 2011年2月号のP88~に目が点になる!(@_@;)

(前略) しかし、Ubuntu10.10のディスプレイマネージャであるgdmは、XDMCPをサポートしていないので、別なディスプレイマネージャをインストールする必要があります。
 ここでは、シンプルなxdmをインストールします。(以下省略)

日経 Linux (リナックス) 2011年 02月号 [雑誌] Book
日経 Linux (リナックス) 2011年 02月号 [雑誌]
Amazonで確認する

出版社: 日経BP社
発売日: 2011/01/08

Ubuntu10.10の「gdm」では、Xmingで使うプロトコル「XDMCP」に対応していない(しなくなった)とは!(◎o◎)!
これ読んでなかったら、今までどおりXmingは使えるとずっと思い続けていたと思うなぁ…(-_-;)

Ubuntuは年2回(4月と10月)、新バージョンがリリースされて、開発サイクルが活発のは、いいのですが、
弊害しとして(上記のような仕様変更が当たり前にあったりするので、)新バージョンの乗り換えをためらわれてしまうことかな。
かと言って安定しているCent OS(主にサーバー構築向け)ではアプリが物足りないし、何よりもお遊び用にしては敷居が高すぎる・・・・(^_^;)

ロングサポート(3年間)のUbuntu10.04 LTSをしばし使っていこうと思うのですが、10.04LTSのサポートが終了する2013年ギリギリまで新バージョンに乗り換えずにいたら、浦島太郎になっているかもしれないなぁ・・・(-_-;)

オープンソースOSは案外と悩ましい・・・なんも考えなくていい?クラウドOSに期待しちゃうよ。(^_^;)

| | コメント (0)

2011年2月 6日 (日)

「Google」からのご案内2!

昨年、このブログで「Google」からのご案内!(2010/3/13に関連記載あり。)という記事エントリーをUPしましたが、2011年入ってまたご案内を頂きましたので、懲りずにそれ絡みのたわいもない内容を記載してみます。

昨年と違って今回は2通。

Google_letter1

こちらはに「アドワーズの無料券(最大3万円分)」関するもので、
あて先は「広告宣伝担当者 様」となっている。

Google_letter2

こちらは「グーグルアドワーズ無料サポート」に関するもので、
あて先は「営業担当者様」となっている。

Google_letter3

以前このブログで、

と関連があるのかは、定かではありませんが、新たなネットプロモーションの試みとしてちょっとトライしてみようかな?(結局、昨年はできなかったし。)

(当然と言えば当然なのですが、)封書記載は、ちゃんと「P-ぽけっと」になっていました。
というのも当社への封書、年賀状といった郵便物やメールの記載の多くが、「P-ポケット」、「ピーポケット」って、カタカタ記載にされちゃっているんですよね・・・(-_-;)

(文字変換泣かせな社名で恐縮なんですが・・・(^_^;))
一応登記簿上は、「P-ぽけっと」で「P」は英語大文字、「ぽけっと」はひらがなです。

会社経費で買い物をすることがあって領収書をもらう時、レジの方がちょっと耳の遠いおばちゃんだったりすると、(「P-ぽけっと」ですって説明するのも面倒なので、)そのままにしてしまうことも結構あります。例えばこれとか。

B

「B-ポケット」って・・・苦笑いするしかない・・・(^_^;)

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »