« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の6件の記事

2011年8月21日 (日)

WHDI技術を使った「WTR-HDAV/A」で非圧縮で録画番組を飛ばそう!

このブログで地デジ番組録画のポータブルHDDを格安Getしたことを記載(2011/8/15)しましたが、今回は次なるステップ?について好き勝手に長々と記載してみます。

次のステップは"録画番組をリビングのTVまでワイヤレスで飛ばす環境構築"。
文章では中々説明しづらいので、我家の大まかなレイアウトを表示。

1

地デジ放送番組を録画できるようになったのがRoom3にあるTV。
ただお世辞にも15インチアナログモニターでは快適とは言えず、大きなモニターで見たいと思う(娘と奥さんはまったく気にしてませんが・・・)。
それにRoom3は娘や奥さんの寝室でもあるため、就寝中は録画番組の視聴は出来ない。
(実際のところ私は昔から番組録画してまでTV番組をみるという習慣がないので全然問題ないのですが・・・(^_^;))

そうなってくると、おのずと"ネットワークの利用"となってくるわけですが、ご存知の通り(著作権の関係上)まどろっこしい縛りをかけている地デジ録画番組をIPネットワーク経由で視聴するにはDLNAサーバーDTCP-IP対応機器が必要になってきます。

先月(2011年7月)、「HVT-BCT300」の新ファームウェアがリリースされたのですが、ありがたいことに、このファームウェアの更新でDLNAサーバー機能が利用できるようになる!

Photo

小さなアナログモニターのTVでは文字がつぶれて何書いてあるかわからないので(書き込みに失敗すると一発でオシャカ)、ファームウェアの更新はリビングのTVで実施。

Photo_2

これで「HVT-BCT300」にDLNAサーバー機能が搭載され、新製品の「HVT-BCT300S」と同等になった。\(^o^)/

確認も兼ねてDLNAサーバー機能を搭載された「HVT-BCT300」にネットワーク接続できるか一応試してみたところすんなりupnp_descriptor_0(応答)した。

Dlna

録画番組の配信できる状況にはなったものの・・・リビングのTV「KDL-32CX400」は、DTCP-IPには非対応のため録画番組の再生は出来ない・・・これは間違いでした。「KDL-32CX400」はDTCP-IPに対応しています。<(_ _)>

「KDL-32CX400」で(USB HDDをつなげて)番組録画することも可能なのですが、シングルチューナのため録画中はチャンネルの変更ができない・・・これではTVチャンネル変更による家庭内紛争が頻発するのは目に見えているので却下。


そんなモヤモヤとした状態のところに、HD動画を非圧縮で飛ばす以下の製品がリリースされるのを目にする!(◎o◎)

IODATA テレビ用HDMI無線化ユニット WTR-HDAV/A CE
IODATA テレビ用HDMI無線化ユニット WTR-HDAV/A
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2011/08/30

製品仕様によると電波範囲は最大20メートルなので我家の環境では十分OK!
あとは気になるお値段は定価で21,000円也・・・(-_-;)。
しかし、今の自分にとってこの製品は価格以上の価値があると感じているのでなんとかGetしたいところです。

2

ちなみにプラネックスから以下の製品が既にリリースされていましたが、定価73,500円と激高ながらも、「ブチブチ途切れて使い物にならない」とユーザーレビューで大酷評…この製品は(今では15,000円ほどで手に入るみたいですが)やめとこ・・・(-_-;)

PLANEX ワイヤレスHDMIキット(HDMI端子/映像・音声用送受信機2台セット/10m) HDMI-WKIT CE
PLANEX ワイヤレスHDMIキット(HDMI端子/映像・音声用送受信機2台セット/10m) HDMI-WKIT
Amazonで確認する

メーカー: プラネックス
発売日: 2010/07/08


ところで、HD動画を非圧縮で飛ばすのに、無線LANで行うのは安定性の面で何かと課題が多い。
(チャンネル混信、帯域、接続機器の台数による影響 等)

そこで「WHDI(Wireless Home Digital Interface)」や「Wireless HD」という短距離ながら大容量のデータを非圧縮でワイヤレス送信を可能にする技術の製品が最近注目されているようです。
以下備忘録も兼ねて記載しておくことにしよう。

Wireless HDでは「ミリ波(30G~300GHz)」というものすごい超高周波を使うのですが、これだけの高周波だと直進性が強くとても制御が難しいとのこと。
(ちなみに無線LANでは2.4Ghz~5Ghzだから単純計算で約6倍~125倍)

そこでWireless HDでは安定したワイヤレス通信を実現するための特徴があるのですが、そのひとつが1方向に向けて強力な電波飛ばすビームフォーミングという技術。
また遮蔽物対策としてビームサーチビームトラッキングという技術が盛り込まれています。

Wireless HD(やTransferjet、二次元通信など)の詳細な仕組みは以下の書籍の「超・近距離間ワイヤレス通信のしくみ」が図解入りでとても参考になりました。(^^♪

絶対わかる!モバイル・ブロードバンド超入門―ネットワークのしくみを知る!基礎を学ぶ! (日経BPムック ネットワーク基盤技術選書) Book


そんなわけでビームフォーミング機能は「Wireless HD」をうたったいる製品だけに搭載されているのかと思っていたのですが、ややこしいことにビームフォーミングを実装している無線LAN製品が(まだ少ないながらも)登場してきています。
現在私が知っている限りでは、以下の無線LAN製品にビームフォーミング機能が搭載されています。

バッファローの最大450Mbps対応の超高速無線LANルータ「WZR-HP-G450H」!

BUFFALO 11n/g 450Mbps対応 無線LANルーター Air Station WZR-HP-G450H CE
BUFFALO 11n/g 450Mbps対応 無線LANルーター Air Station WZR-HP-G450H
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2011/06/12

IOデータからはテレビ家電向けの無線LANアダプター「WN-AG300EA-S」が2011年9月上旬に発売予定。

I-O DATA デジタル家電用 無線LANアダプター 親機&子機セット WN-AG300EA-S CE
I-O DATA デジタル家電用 無線LANアダプター 親機&子機セット WN-AG300EA-S
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2011/09/10

単に録画番組を別のテレビでみるだけの話なのですが、いろんな技術や導入コストが絡んでくるわけでして・・・そんな状況を一人で楽しく騒いでる私でした。(^_^;)

| | コメント (0)

2011年8月17日 (水)

日経Linuxに漫画が…

小難しい仕組みてんこ盛りのLinuxについて、図解等を挟んで解説してくれる「日経Linux」を読むのが私の楽しみの1つ。
(と言っても組み込み系や開発系のコーナーはチンプンカンプンで、さっぱりわかりませんけど…(^_^;))

ちょっと書店に立ち寄れる時間があったので、パラパラと立ち読み(苦笑)していると目が飛び出た!(@_@;)!
というのも"漫画コーナー"があったので!

日経 Linux (リナックス) 2011年 09月号 [雑誌] Book
日経 Linux (リナックス) 2011年 09月号 [雑誌]
Amazonで確認する

出版社: 日経BP社
発売日: 2011/08/08

以前購読していた「日経NETWORK」でもイラストカットを含んだストーリ仕立てのコーナーはあったのですが、それでも"漫画"はなかったぁ・・・(-_-;)

蛇足ですが、
「日経NETWORK」2007年11月号の「こちらセキュリティ相談室/"Winnyユーザーを探せ!"」は推理小説さながらの構成で、結構面白かったっけ。
この時はじめてダイナミックSSH(動的ポートフォワーディングを使ったSSH)という手法があることを知ったし。

Photo

4月号、9月号って連載モノの新コーナーがスタートする時期なのですが、「漫画入れることで品が損なわれるのでは・・・」と結構、編集会議で議論が白熱したんじゃないかなぁ・・・なんて勝手に想像してしちゃいました・・・(^_^;)

時代とともにLinuxもGUIが発達してエンドユーザーでも扱いやすくなったとは言え、それにしても"漫画"とはビックリしたなぁ・・・。

| | コメント (0)

2011年8月15日 (月)

番組録画用HDDをGet!次なるステップは…

地デジ移行に伴って、我家の寝室にあるアナログTVは地デジチューナー搭載の「HVT-BCT300」を接続して利用しているのですが、番組録画用のHDDが必要になってくる。(もうアナログビデオテープは使えないし…(^_^;))

購入するHDDは、ポータブルHDDであることが必須条件。(バスパワーで利用するため。)
私、コンセントやケーブルが煩わしくて大嫌いいうこともあるのですが、使っているタップにあまり予備がない状態という事情も。
(ちなみに取説によると「HVT-BCT300」は500mAまでバスパワー給電可能とのこと。)

ポータブルHDDだと価格と容量のバランスのとれた製品が思っている以上に少ないのですが、それでも目ざとく安いものを見つけました。(^^♪
今回Getとしたのは、以下の「NTT-X」で期間限定製品。 http://nttxstore.jp/_II_SL13096587

Nttx_hdd

ゴールドの筐体デザインはハッキリ言って私の好みではありませんが、
640GB4,980円(送料無料!)なので良しとしよう。(^_^;)

Silicon Power USB2.0/1.1対応 耐衝撃 Armor A50 ポータブルHDD 640GB Gold SP640GBPHDA50S2G CE
Silicon Power USB2.0/1.1対応 耐衝撃 Armor A50 ポータブルHDD 640GB Gold SP640GBPHDA50S2G
Amazonで確認する

メーカー: シリコンパワー
発売日: 2009/11/20

蛇足ですが、昨年末(2010年12月)に320GBのポータブルHDDを3,980円でGetとして一人で浮かれてましたが、半年経った現在では、それほどお得な価格ではなくなってしまったみたい。


私のような(バカの一つ覚えみたいに)ポータブルHDDにこだわらなければ、
2TB8,000円以下というのもAmazonでざらにある!

WD Elements Desktop 2.0TB (USB2.0, 静音/省電力, PC&Mac, レグザ/アクオス/ブラビアTV録画対応) WDBAAU0020HBK-JESN CE

(2011/8/15現在)7,708円。単純計算で1GBあたり約3.8円?

Lacie USB3.0/2.0 3.5インチ外付ハードディスクドライブ minimusシリーズ 2TB LCH-MN2TU3/E [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] CE

(2011/8/15現在)7,980円


「HVT-BCT300」につなげてみた状態。(ただつなげて乗っけているだけですが…)

640gb_hdd

  • 購入前に気になっていた録画中HDDへの書き込み音はほとんどなし。
    (むしろあまりにも音がしないので録画されているのか心配になったほど。)
  • (経年劣化にかかわる)発熱は、ほんのり温かくなる程度で常識の範囲内。

これで最大で約55時間の番組録画できる環境が整った。

次なるステップは、モニターと録画した番組コンテンツをワイヤレスで飛ばしてリビングのメインTVで視聴することを実現してくれる機器の導入だね。 ( ̄ー+ ̄)
(奥さんになんてプレゼンするかが最重要課題ですが・・・)

| | コメント (0)

2011年8月12日 (金)

海外の気象状況に「YoWindow」!

昨年、姪っ子がアリゾナに4ヶ月間、語学研修ホームスティに行ったのですが、どうやら今年も約1ヶ月間(2011年8月~9月)アリゾナに滞在しているようなので(ずいぶんインターナショナルになっているなぁ・・・(^_^;))それ絡みの記載を少々。

(ちなみに、このブログの2010/10/31記載の
釧路~アリゾナ間をビデオチャット+PCリモートコントロール!
に関連記載あり。)

姪っ子が海外に行ったことで利用しているのが、「YoWindow」というソフト。
(フリーソフト版は2箇所までの地域が登録可能。)
このソフト、米国立測候所(National Weather Service http://www.nws.noaa.gov/)のデータベースを参照できるようになっているようで、アメリカはもとより世界中の地域の気象わかる(しかもマイナーな地域でも結構対応場合が多い)。

ウェブサイトや定点設置されているウェブカメラ、PCガジェットソフト等の利用でアリゾナの時間や気象情報を知ることもできますが、
「YoWindow」のアニメーション表示が日差しや風雨雪の強さをイメージしやすく、何より遊び心があって結構気に入ってます。(^^♪

PCソフトの提供だけでなく、「YoWindow」のサイトでは(Google Mapsのように)簡単にパラメーターを変更でき、その結果をHPやブログ貼り付けるソースを生成してくれるのも利用価値が高い。
http://yowindow.com/weatherwidget.php?client=desktop

概ね現在のアリゾナ(フェニックス)の気象状況を貼り付けてみました。

YoWindow.com Forecast by NWS

比較用に涼しい釧路の状況もどうぞ。

YoWindow.com Forecast by yr.no

「夏のアリゾナは、日中40℃オーバーというのは普通」と姪っ子に聞いていたのですが、「そんな状態で普通に生活できるのかぁ?」とにわかに信じられずにいました。

が、「YoWindow」でみるとフェニックスの湿度(Humidity)はわずか20%前後

Yowindow

気温は高くてもカラッカラな状態で不快指数も高くないわけだ。妙に納得。(´∀`))

| | コメント (0)

2011年8月 9日 (火)

地デジチューナの需要と供給のバランスが…

2011/7/24(日)に地デジ放送に完全移行しましたが、我家もどうにか完了。(^_^;)

といっても、貧乏な我家には、2台あるTVを同時期に入れ替えるほどの余裕なんてあろうはずもなく、ちっこいモニタのサブアナログTVには、地デジチューナー搭載の「HVT-BCT300」(このブログの2011/5/19に関連記載あり。)を接続して使っています。

I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BCT300 CE
I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BCT300
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2010/03/26

Hvtbct300

小2の娘でもテレビを見るぶんには、なんの支障もなく使えて一安心。
(「HVT-BCT300」は非常に多機能なのでもっさり動作?と思っていたのですが、予想に反してレスポインスは上々。)

以前、このブログに記載(2010/11/22に記載あり。)した通り、ネットワークメディアプレイヤー機能付きの地デジチューナーを導入したからには、色々とデジモノ関連商品をそろえたくなるもので、まずはモニタを以下の製品にすることを画策中。(^_^;)

AOC 2436Vwh 23.6インチワイド液晶 AWV2436W0H-G13R CE
AOC 2436Vwh 23.6インチワイド液晶 AWV2436W0H-G13R
Amazonで確認する

メーカー: AOC
発売日: 2010/08/20
  • 画面サイズ: 23.6インチ
  • 画面解像度:フルHD(1920×1080)
  • ノングレア(非光沢)液晶
    (個人的にはグレアでもノングレアでもどっちでもいい。)
  • HDCP対応製品 (テレビ用モニタには必須)
  • HDMI端子搭載 (しかもHDMIケーブルも付属)
  • スピーカー標準搭載
  • 応答速度: 5ms (サブTV用ならこれで十分かと。)

概ね上記の感じのスペックながらAmazon(2011/8/9現在)で13,453円という一昔ではありえない激安価格!
その他、録画用大容量HDDや録画コンテンツのワイヤレス配信する機器の導入を夢みているのですが、その辺の独り言はまた今度にでも。
(導入の最大の障壁は、奥さんの説得かな・・・(^_^;))

話が本題とだいぶ反れてしまいましたが、地デジ移行後も「地デジチューナーがメーカー各社品薄もしくは品切れ状態!」というニュースを目にしたので、何気なく価格.comで人気の地デジチューナの1つ、バッファローの「DTV-S110」をチェックして目が点になる・・・( ̄◆ ̄;)

Dtvs100

モノが余っている(と言われている)この国でも需要と供給のバランスが崩れると恐ろしいことになるのを実感・・・。
それにしても特需とは言え4,000円程度のものが、15,000円以上になるなんて何かがおかしい気がするのですが・・・(`◇´*)

| | コメント (0)

2011年8月 1日 (月)

ワイヤレスプレゼンテーションシステム「GW-AP150PRS」が投売り状態!

先日たまたま「NTT-X」で買い物をしようと思っていたら以下の製品を目にする!

Gwap150prs

この製品(メーカー希望価格が49,800円なので)なんと約86%OFF

この製品の発売日が2010年8月上旬。
わずか1年にして原価に近いか原価割れの投売り状態の価格・・・。

プラネックスの製品の中には、他のメーカーが作りそうもない(ある意味万人受けしない)ネットワーク製品が見受けられますが、これもその1つになるのかな?(個人的にそういうの好きですね。) あんまり売れなかったみたいですが・・・(^_^;)

PLANEX 150Mbps ワイヤレスVGAプレゼンテーションシステム GW-AP150PRS CE
PLANEX 150Mbps ワイヤレスVGAプレゼンテーションシステム GW-AP150PRS
Amazonで確認する

メーカー: プラネックス
発売日: 2010/07/15

この製品の対応解像度がVGA(1024×768)と今日においては小さなサイズですが、それでも6,980円(送料無料)ならお遊び程度に購入して失敗してもなんとかなる範囲の価格なので、ポチっちゃいました・・・(^_^;)

---2011/8/9 追記--------------------------------

プラネックスダイレクトでは
(アウトレット品ではあるものの)なんと3,990円で、91%OFF

Gwap150prs

こんな値下げ率って見たいことない・・・( ̄◆ ̄;)
こうなると定価って何?ってなる。


「GW-AP150PRS」と同様な製品として、昔(2006年6月頃)プリンストンテクノロジーから「PTW-PTS」がリリースされてとても衝撃を受けたのを覚えています。

Ptwpts

というのも当時は無線LAN=有線LANの置き換え、マルチメディアの無線はBluetoothというイメージがまだ強力で、映像・マルチメディア製品で無線LAN対応って皆無状態だったから。

すごくほしかったけど結局、以下の点で購入を見送ることに・・・

  • 価格がむちゃ高。(当時で約3万円前後)
  • 無線通信の暗号化処理が脆弱なWEPのみ対応
  • 無線LANの通信速度が最大で54Mbps(11a/b/g)とPC画面の転送するには低速でカクカクしそう。
  • 対応OSはWindowsXPのみと何時まで使えるか微妙だった
    (販売終了ため後継OS向けのドライバーを開発する気なし)

以下のサイトに「PTW-PTS」の製品レビューが記載されているので興味ある方はご参考にどうぞ。
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/items/14986.html

「GW-AP150PRS」は通常プロジェクターにつなげて利用しますが、VGA入力端子があればPC液晶モニターで、(多分)テレビでも使用できますから色々遊べそう?
到着が楽しみ・楽しみ。(^^♪

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »