« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の7件の記事

2011年11月27日 (日)

ネットワークメディアプレイヤー「PAV-MP1」を無線LAN環境で利用することについてのあれこれ。

このブログのアクセスログで結構見かけるのが、プリンストンテクノロジー社のネットワークメディアプレイヤー「PAV-MP1」を無線LANで利用することに関する検索キーワード。

Pavmp1usb1

Pavmp1usb2

プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー PAV-MP1 CE
プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー PAV-MP1
Amazonで確認する

メーカー: プリンストンテクノロジー
発売日: 2009/11/20


「PAV-MP1」には無線LANモジュールは標準搭載していないので、通常は有線LANでの利用となるのですが、我家ではプラネックスの以下のイーサネットコンバータを使って無線LAN環境で利用しています。

PLANEX デジタル家電やゲーム機を無線化 300Mbps 無線LANシンプルコンバータ(子機)MZK-SC300N2 CE
PLANEX デジタル家電やゲーム機を無線化 300Mbps 無線LANシンプルコンバータ(子機)MZK-SC300N2
Amazonで確認する

メーカー: プラネックス
発売日: 2011/04/28

Kdl32cx400

  1. 無線LANイーサネットコンバータ:「プラネックス:MZK-SC300N2」
    (テレビ「SONY:KDL-32CX400」の背面にガムテープ付け)
  2. USB給電コード「プラネックス:SSOP-USB01」
    (テレビにUSB端子があるのでUSB給電可能)
  3. テレビとLANケーブル接続
  4. 「PAV-MP1」とLANケーブルで接続


とまぁ普段ならこれで話が終わりなのですが、あまりに日々の検索によるお立ち寄りする方々が多いので、「もしかしたらUSB無線LANアダプター使えるのかな?」と思い検索してみると、(メーカー公認ではないものの)USB無線LANアダプターのチップセットがRealtekのものなら使えるらしい。\(◎o◎)/!

「お~!これは是非試してみたい」と思ったのですが・・・USB無線LANアダプターのチップセット情報ってメーカーサイトでも公開していない(のがほとんど)。
当てずっぽうに購入していては、お金と時間が無駄だし・・・困った・・・(-_-;)

しばし時間が流れ・・・「Ubuntu Magazine Japan Vol.4」で、多数のUSB無線LANアダプターをLinuxで接続テストしている特集があったのを思い出す!

Ubuntu Magazine Japan vol.04 (アスキームック) Book
Ubuntu Magazine Japan vol.04 (アスキームック)
Amazonで確認する

出版社: アスキー・メディアワークス
発売日: 2010/05/31

「確かチップセットの情報も載ってたはず!?」と思い確認してみると、ちゃんと記載されていた。\(^o^)/
ありがたいことに、この書籍はPDFにて公開されていますので、無償で閲覧・印刷が可能です。
http://ubuntu.asciimw.jp/elem/000/000/010/10269/

("動かし隊が行く!なんでもUbuntuで使いたい"のページに)記載されていた製品の中でチップセットがRealtek RTL8192Cの製品は3つあったのですが、テストなので安いコレガの「CG-WLUSBNM」に決定。

Corega Draft2.0 11n/g/b対応 無線LAN USBアダプタ CG-WLUSBNM CE
Corega Draft2.0 11n/g/b対応 無線LAN USBアダプタ CG-WLUSBNM
Amazonで確認する

メーカー: コレガ
発売日: 2009/05/10

Cgwlusbnm

つなげてみると白いデザインが浮いちゃってるし、少々出っ張って不恰好・・・。

Photo

見栄えはともかく、「PAV-MP1」のネットワーク設定画面をみてみると、通常はグレーアウトになっている無線LAN設定が有効になる。

Lan1

SSIDと事前共有キーを入力して接続テストしてみると、

Lan

繋がった!(ただそれだけなんだけど、結構感動!\(^o^)/)

Lan_2

無線LANルータのクライアントモニターで確認してみると通信はちゃんと11nモードで接続している。

Photo_2

一応コマ落ちが発生しないか、NASにあるDVD ISOファイルを30分ほど再生して確認してみたのですが、コマ落ち・延滞はなく無線LAN経由での再生はまったく意識しなくてもよい状態。
(手ブレがあって見苦しいのですが・・・)そのときのデモ動画がこちら。

virtual trip モーターパラグライダー空撮 沖縄八重山諸島 西表島・竹富島(トールパッケージ&低価格化) [DVD] Book

しかし最後に致命的な問題が・・・P-ぽけっとでは無線LANをステルス環境で使っているのですが、ステルス環境だと「PAV-MP1」を起動するたびに毎回SSIDと事前共有キーを入力しなくてはならないことが判明!( ̄○ ̄;)!
事前共有キーだけでも30字以上あるのに、これでは面倒でやってられない・・・(T_T)
(ちなみに半自動で接続してくれるWPS機能は便利ですが、勝手に接続される可能性が少ないながらもあるので停止してます。)

数あるネットワークメディアプレイヤーの中で(メーカー純正品として存在している)USB無線LANアダプターは、私の知る限りではデジタルカウボーイの「DC-MCNP1/W」用として「DC-MCWAN」があるだけ(だったと思う。2011年11月現在)。

【送料無料】【在庫限り 超特価中】 Hanwha USB 無線LANアダプタ DC-MCWAN [DC-MCNP1/DC-MCNP2/DC-MC35UL4/Xtreamer SideWinder/Xtreamer Ultra専用オプション] [IEEE802.11b/g/n Draft2対応] CE

無線LANは通信環境に大きく左右されて、時として不安定になるのは分かるのですが、ネットワークメディアプレイヤーの(メーカー純正品)USB無線LANアダプターにもうちょっと力をいれて欲しいものです。

とりあえずテストが終了したので、今回のUSB無線LANアダプター「CG-WLUSBNM」の行き場がなくなっちゃた・・・。
「NdisWapper」(Windows 用のドライバーをLinuxで利用できるようにするソフト)を使えば問題なく動作するようなので、Ubuntu10.04搭載のマシンに使うことにでもするかな?

| | コメント (3)

2011年11月25日 (金)

はじめてのHDD完全消去

意外かもしれませんが、私(コンピュータに関わるお仕事をしているのに)パソコンを廃棄したことがないんですね。(^_^;)

部屋の片隅に再利用するのも面倒なお古のパソコンがいくつか転がっていたままだったので思い切って?廃棄することにしました。

そのうちの1つがNECの1999年製ノートパソコン「PC-LW33H73D6」。

Pclw33h73d6

もうあまり古く、性能も貧弱、これではヤフオクで売却することは難しい。
(売れたとしても二束三文だし・・・)

  • CPUはなんとPentiumⅡ MMX!
  • メモリはたった64MB、
  • ハードディスクはわずか3GB・・・

幸い釧路市内に無料で引き取ってくれるところあって(そこで鉄くず・スクラップとして再処理してくれるみたいです。)助かるのですが、少々問題になってくるのがHDD内のデータ。

皆さんご存知の通りHDDは、データを消去しても、フォーマットしても、リカバリーしても、完全には削除されていないことが多く、専用ツールを使えば復元される(可能性が高い)・・・。
個人で利用していたので書き込まれたデータは大したものはないものの、復元される可能性があると思うとあまりいい気はしないですよね。
やはり第三者に渡る可能性がある場合はHDDの完全消去が望ましい。

で、そんなツールは色々あるようですが、今回使ったソフトは「DESTROY(デストロイ)」。
(家庭内の個人のみ無償利用することが可能のフリーソフト。)

今回は「DESTROY」の利用について写真入りで長々と記載してみます。(^_^;)

「DESTROY」はデータ書き込み専用OSで、元々はフロッピーディスクに入れて起動ディスクとして使うのですが、今時フロッピーとなると手元にすぐあるとは限らず、何かと不都合が多いので、ブートCDを作っておきましょう。

ダウンロードデータ内にISOイメージファイルがあるので、(ImageBarnなどの)ISOイメージファイルを書き込めるフリーソフトを使えば簡単に起動CDが出来ます。

Cd

起動したら"destroy"と入力してEnter。

Destroy

ちなみCD起動ですが、プロンプトではカレントディレクトリがA: \>となります。
これもISOイメージ(仮想フロッピーディスクのような感じ)のおかげ。

「DESTROY」画面が表示される。このでは個人利用か商用利用かを聞いてきます。
今回は個人利用なのでPを入力してEnter。

Personal_use

画面が切り替わります。FUNCTIONメニューで操作を選択できます。

初期状態では操作対象がDevice Fになっていますが、今回は完全消去対象は内蔵HDD(Device 0)なのでDevice SelectionのNを入力してEnter。

Device_selection

Deviceの選択画面に画面が切り替わります。
内臓HDDのDevice 0を選択するために0を入力してEnter。

Device_selection2

初期画面に戻りので、FUNCTION MENUから複数ある消去方法を選択します。
今回はNSA(アメリカ国家安全保障局)が推奨する(ハードディスクに3回データを書き込みをすることで復元を限りなく困難にする)にしてみました。

Device0

3を入力してEnterキーで画面が切り替わって、最終確認のメッセージが表示されます。
(問題なければYesを表す)yを入力してEnter。

Nsa

完全消去開始。

Hdd

目安時間がでるのですが、これはハードウェアの構成(CPUの性能や消去するHDDの容量等)によって変動します。

Write1

今回はたったの3GBしかないのNSAモードでもトータルで30分で終了。

HDD完全消去(完全書き込み?)完了。

Write2

年末は何かとドタバタすることが多いので、12月前に整理できてよかった。

今まで使命をまっとうしてくれたパソコンたち(廃棄するのは少々心苦しく感じるのですが、)お疲れ様でした。<(_ _)>

| | コメント (0)

2011年11月22日 (火)

PowerPointなしでMOS(PowerPoint)合格!

今月からPowerPoint 2007を受講頂きましたお客様のOさんについて少々記載。

P-ぽけっと では既存の受講カリキュラムとしてPowerPointのコースはご用意していないのですが、にもかかわらず(ありがたいことに)不思議とちょいちょい問い合わせと受講希望の方があったりします。

そのほとんど方が"仕事で急遽PowerPointを使うことになったのですが、PowerPoint触ったことないので即席でいいので教えてほしい!"という感じです。

今回のOさんもそうなのかな?と思い、受講前に色々メールでやり取りさせて頂いたところ、受講動機は、MOS(PowerPoint2007)の資格取得をしたいとのご返信。

さらに話を聞くと、

  • 求職者向けの職業訓練を受けて、
  • MOS Word2007、Excel2007の資格取得済みで、
  • PowerPointもスライドを作って15分間ほどのプレゼンを行ったことがある

ということでした・・・(゜o゜)
PowerPointの操作や機能は直感的で比較的簡単なので、

「そういうことでしたら、わざわざP-ぽけっとで学習されなくても、独学でも十分合格可能だと思いますよ。」

というと、

「(自宅のパソコンには)PowerPoint2007のソフトがないんです・・・。」

というご返答。

う~ん・・・MOS試験を受けるとなると性質上(普段めったに使わないような)細かい機能について問われてくるので、実機による反復操作学習なくして合格はありえない。

ただ困ったことにPowerPoint2007は、もう販売終了となってしまっているので、苦肉の策として"PowerPoint 2010"の"トライアル版(60日間試用可能)"を利用してみることを提案してみた・・・(;;;´Д`)ゝ

Powerpoint2010_trial1

実のところ私自身もPowerPoint2007と2010の違い(インターフェースや新機能等についての)詳細はよく理解していないのですが、まぁなんとかなるでしょう・・・(^_^;)

Powerpoint2010_trial2

とまぁこんな感じで一抹の不安があったわけですが、本日(2011/11/22)Oさんから合格のご連絡を頂きました。
あらためて Oさん合格おめでとう!\(^o^)/

よくわかるマスター MCAS Power Point 2007 完全マスター2 模擬問題集 模擬試験CD付 Book
よくわかるマスター MCAS Power Point 2007 完全マスター2 模擬問題集 模擬試験CD付
Amazonで確認する

出版社: FOM出版/富士通エフ・オー・エム
発売日: 2007/12

Oさんその後も、最終目標の「マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター(以下オフィスマスター)」を目指してOutLook 2007 も独学中で奮闘中みたいですが、「オフィスマスター」の称号を得るための条件が今年末(2011/12/31)から変更になるらしい。全然知らなかった・・・。

年内にOutLook 2007の合格をして「オフィスマスター」の称号を得られること願っていますよ。かんばれ Oさん。\(-o-)/

| | コメント (0)

2011年11月17日 (木)

2011年 初雪

昨日(2011/11/16)、愛犬「ニコ」dogの散歩中に急にハラハラと雪が・・・(゜o゜)

今年は全国的に温かいようですが、やっぱり雪を目にすると「いよいよ冬の季節」って感じ。これから釧路には極寒の世界がやってくるなぁ・・・(-_-;)

(最近スマートフォンからこのブログを閲覧して頂いている方が増えているところに大変恐縮ですが、)ベタベタと過去の冬のお散歩「ニコ」動画を貼っちゃいました。(^_^;)

2009/12/19 真冬日でも「ニコ」とお散歩

2010/02/07 お散歩「ニコ」・・・すってんころりん編

2010/02/17 お散歩「ニコ」・・・ボール遊び編1

2010/02/19 お散歩「ニコ」・・・ボール遊び編2

寒くなってもガンバレ自分!\(-o-)/
(今日も業務とは関係ないネタでした・・・)

| | コメント (0)

2011年11月12日 (土)

フリーOSの未来はいかに・・・。

無償で利用できるデスクトップLinuxの中では群を抜いて人気の高いUbuntuには、3年間の長期サポートのあるLTSバージョンがあるのはよく知られていることで、私もUbuntu10.04LTSを利用しています。

用途にもよりますが、メモリ(1GBほど)を積んでおけば、お古のパソコン(目安として2003年の製品まで?)でGUIでも中々軽快に動作してくれます。

以下はhpの「nx7200」で動くUbuntu10.04LTSの利用する時のマイスタイル。
(お古のPCにUbuntuを入れて、お古のモニターをつなげデュアルモニタ環境にしています。ブログ記載と平行しながら掲載する画像を加工するのが私の定番利用スタイルかな?)

Hp_nx7200

Ubuntuはプライベートを中心にゆる~く利用している程度ですが、たまたま来年(2012年)4月にリリースされるUbuntu12.04 LTSについてネットで調べてみたら・・・
12.04LTSからサポート期間(通常の3年から)5年間に延長になるみたい!
Σ( ̄ロ ̄lll)
つまり・・・Ubuntu12.04 LTSなら最長2017年3月末まで利用できるってことになる!これはありがたいぞ!\(^o^)/

Windowsのバージョンアップには必要以上にハードウェアスペックの増強を要求してくるので(実質的にPCハードの買い替えを迫ってくる)、正直うんざりしていました。(^_^;)

日経 Linux (リナックス) 2011年 11月号 [雑誌] Book
日経 Linux (リナックス) 2011年 11月号 [雑誌]
Amazonで確認する

出版社: 日経BP社
発売日: 2011/10/08

さらに話を進めると、(LTSバージョンは2年ごとのサイクルでリリースされるので、)その次は14.04。このバージョンはいつもとは異なったことでも話題になると思う。
と言うのも、Windows XPのサポートが終了する2014/4/8とほぼ同時期だから

世の中に大量に存在しているXP搭載パソコンを廃棄せずに有効活用することを考えると、おのずと

  • OSもアプリケも無償利用できて、
  • GUIアプリも充実していて、
  • 比較的ロースペックパソコンでも動き
  • (LTSなら)5年間のサポート期間がある

ということで、デスクトップLinuxがライトユーザー層まで普及する最大のチャンス?

もっともそのようなことは昔から散々言われていたんで、幻想にすぎないのかもしれないんですけどね・・・。
ただ、色んな意味でスペシャルな存在だったXPの終焉となれば、今までにはないインパクトのある特別な何かが起こる(かもしれない)?

しかしちょっと残念なこともあって、

  • アドビがLinux版「Adobe Air」の開発を打ち切ってしまった。
    (フレームワークのあんな便利な仕組みがLinuxで発展しないのは本当に残念。)
  • スカイプがマイクロソフト社の傘下に入ってしまった。
    (Linux版スカイプの開発は停滞する?)
  • 期待していた2つの「Web OS」が日本から消えてしまった。
    (スタートフォース.jpが解散、Glide OS(グライド OS)も日本市場から撤退)

フリーのデスクトップOSの未来は、吉と出るか凶とでるか・・・?
(個人的には現在では予想だにしないすごいテクノロジーの登場で、デスクトップLinuxが飛躍的に普及してくれるのを信じていたいのですが・・・)

以上、ツイッターレベル以下のくだらない独り言でした・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2011年11月 6日 (日)

WindowsXP登場から10年、それでもXPを必要としている人たちがいる!

WindowsXPが今年の10月で10年間(2001/10/25のリリース!)の月日が経ったことはご存知の方も多いと思います。

サイクルの早いコンピュータ業界の中で、

  • 10年間以上も現役で
    (しかももうXPは発売されていないにも関わらず)
  • 最もシェアの大きいOSであって、
    (2011年11月現在)
  • 後継版のVista(Home系エディション)よりもサポート期間が長い。
    XPは2014年4月までに対し、Vistaは来年2012年4月と不可思議な逆転現象まで起こっている
    ちなみにWindows7(Home系エディション)は現在のところ2015年1月で終了となっています。)

ということは異例中の異例。

Windows7がXPに比べて最新のハードウェアアーキテクチャーに最適化された設計であることやセキュリティ構造で勝っていることは周知の通りで、開発元のマイクロソフトは積極的にWindows7への移行を促していますよね。

しかし私の身の回りでは、まだまだXPを必要としている方々が存在しているので、今回(ごく一部ですが)ご紹介。
長ったらしい文面ですけどお付き合い下さい。(^_^;)


■ケース1:
愛用しているWindows95搭載のパソコンがついに故障したKさん。

ご要望としては

  • XP搭載PCを希望。(同居している娘さまがXPを使用しているため。)
  • 一体型のデスクトップもしくはノートPCを希望。
  • Word/ExcelとFDドライブが必要。
  • ネット接続はしていない。今後もしない予定とのこと。
  • 予算は(サポート費込みで)30,000円以下を希望。

Rs18d

上記のことにより2003年製の富士通の「RS18D」をヤフオクで格安Get。
メモリは増設可能な最大容量の768MBにしておきました。
(ちなみにこの機種、P-ぽけっとの事務所でも現役利用しています。)


■ケース2:
長らく利用していたパソコンのOSが海賊版のXPだったCさん。
(たまたまHDDのパーティションのサイズ変更をお願いされて確認したら海賊版だったということが発覚! Cさんご本人は海賊版とはまったく認識して知らず、2003年頃に悪徳業者から騙されて購入しちゃったみたい・・・)

ウイルスセキュリティゼロをインストールしてあるものの、

  • ネット接続はダイアルアップ接続でルータがない環境
    (通常ブロードバンドルータはパケットフィルタやSPIなどを実装しているので、DoS攻撃や不正侵入をかなり防いでくれています。)
  • サポート期間が既に終了しているWindowsXP SP2のまま

と危機にさらされた状態だったこともあるのですが、それ以上に、「これを本当に使っていたのですか?(@_@;)」とお気の毒に思ってしまうくらいの劇遅さに閉口してしまう・・・。

そのパソコンは2001年製のSONY「PCV-LX81/BP」。
元々はWindowsMeがプリンストールされている製品で、

  • CPU: Pentium3 868MHz
  • メモリ:384MB

です。
(試しにUbuntu10.04を動かそうとしましたが、どうもビデオカードが合わないようでアウト・・・。)

そんなわけで状況を説明して、正規版XP搭載のパソコンで最低限ストレスなく使える環境のパソコンに乗り換えることを強く奨めたのですが、

ご要望としては

  • 現在利用しているモニターとキーボードをそのまま利用したい
  • 生活が苦でお金はかけられない

ということ・・・。こちらもボランティアではないので困ってしまう・・・。
(しかし困っているからこそ、なんとか助けてあげたい。(;;;´Д`))

この状況をいつもヤフオクでお世話になっているKさんに相談してみたところ、廃棄しようとしていた2002年製のSONY 「PCV-LX55/BP」を無償で提供してくれるとの申し出が!\(◎o◎)/! (Kさんいつも親切にありがとう。<(_ _)>)

Pcvlx55

コンディションは(外装、内装ともに)汚れらしい汚れもない非常にキレイな状態! 

  • CPU: Pentium4 1.7GHz
  • メモリ: 1GB(に増設済み)

と、Cさんが利用されているパソコンからすれば比較にならないくらいスムーズ。
(その目安としていつも行うのが、この劇重のブログをIEで問題なく表示できるかという変なベンチマーク?テストなんですね。(^_^;))


■ケース3:
年賀状印刷のみにWindows98搭載のパソコンを利用されているNさん。

Windows98_1

Windows98SE(SecondEdition)でないところが、またなんともシュール。(^_^;)

Windows98_2

パソコンは壊れていないのですが、ご利用されているプリンタが故障・・・。

安いプリンタの買い替えを検討しているのですが、多くのプリンタ・複合機はもうWindows98には対応していない現状にお困りになってご依頼を頂きました。

現在激安パソコンをヤフオクで調達中です。


と、まぁ極一部の事例をご紹介させて頂きました。

こうした最新パソコンやネット利用をあまり必要としていない方々が、この地区には大変多い。
「中古パソコンショップに行って格安品買えばいいのでは?」と思われるかもしれませんが、往々にしてそうした人々は(パソコンやネットに興味がないので)中古パソコンショップやおろか家電量販店にすら積極的に足を運ぶようなことはありません。

P-ぽけっとではお客様のご要望に応じて中古のXP搭載パソコンを調達致しております。

(ハードウェア・ソフトウェアともに)メンテナンスして比較的動作が良好な状態にしてご提供しておりますので、

  • 釧路近郊にお住まいの方で、
  • 中古でもソコソコ動けば新品はいらない方、
  • パソコン購入費用を3万円以下に抑えたい方
  • WindowsVistaを所持していて来年のサポート期間終了後ついて心配している方
  • WindowsXP搭載パソコンが欲しい方、

などなどございましたら、ご遠慮なくご相談下さい。(^^ゞ

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

半年ぶりに愛犬「ニコ」登場!

気が付けば、愛犬「ニコ」dogの写真をこのブログに最後に載せたのがちょうど半年前(2011/6/4に関連記載あり)。月日が経つのは早い・・・。
もっとも私自身はほぼ毎日(豪雨の日を除いて)いろんなところに「ニコ」とお散歩に行っているので、ブログに載せたいようなショットが結構あるのであんまり久しぶりという感じがしないのですが・・・(^_^;)

先日(2011/11/2)たまたま半年前と同じく別保公園に行ってきたので、(意味ないけど)その時の写真を掲載しておこっと。

平日の15:00頃ということもあってほとんど人がいないのと、もう紅葉の見頃の時期は過ぎていることもあって葉が落ちてしまちゃってちょっと寒々しい感じの別保公園。

1

(公園内のノーリードは禁止なのですが、そこはまぁ大目に見てね。)

2

(写真や動画は撮れなかったのですが、)
相変わらず人なつっこいお得な性格で、別保公園に来ていた若奥様とお子さんたちの所にピョコピョコと愛想よく駆け寄り、ハートをがっちりキャッチしてました・・・なんともうらやましい・・・(^_^;)

Photo

ひとしきりボール投げで遊んでもらって満面の笑み(のような感じがする)。

そんなわけで今回も?業務とはまったく関係ないでした。 (^_^;)

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »