« 2012年も別保公園で桜をみることがギリギリできた! | トップページ | 我家にフルハイビジョンムービーカメラがやってきた! »

2012年6月 6日 (水)

はじめてのスマホからスマホへの機種変更

先月(2012年5月)末にスマートフォンの機種交換することになり、今回はそのことについて好き勝手に記載してみます。

機種交換前のスマートフォンは「L-04C」(このブログの2011/9/16に関連記載あり)。
エントリー製品なのでスペック的に色々と物足りない部分があるものの、私はガラケー時代の時から携帯端末には無頓着で、今回の機種交換も仕方なくという感じ・・・。

というのも、貯まっているドコモのポイントの一部が2012年5月末で失効するというお知らせメールが届き、(このままポイントの一部がみすみす消えてしまうのも)なんだかもったいないという貧乏性からくるものでした。(^_^;)

Photo

近くのドコモショップに立ち寄り、ポイントの使い道について訪ねてみると、ポイントは(月々の通話料金には還元できず、)ドコモショップの販売品や機種交換等に利用できるとのこと。

そんなわけでスマートフォン変えてみようと思い、展示している多くの製品を見てみるも、(機種交換であっても)ほとんどが3万円以上・・・(-_-;)

貧乏人の私には"お呼びでないか・・・"と思い帰ろうと思ったときに1つのスマートフォンに目に留まる!( ̄○ ̄;)!


それはNECカシオモバイルコミュニケーションズの「N-06C」。

N06c

なぜかこの製品だけ(機種交換時の価格が)14,600円と激安!( ̄◆ ̄;)
所持している全ポイント(10,500ポイント)を補てんすれば4,100円!

新品(未使用品) docomo スマートフォン MEDIAS N-06C by NEC ゴールド 白ロム携帯 標準セット品 CE

これなら貧乏人の私でも購入できると思い、(とりあえず無線LANが11n対応になっていることだけを確認して、私にしては珍しく)即決。

主な比較をしてみると、以下のような感じ。
(カッコ内は「L-04C」のスペックで赤字の部分は貧弱さを感じていたところ。)

  • OS: Android2.3 (Android2.2)
  • 無線LAN: 11b/g/n (11b/g
  • テザリング: 対応 (非対応
  • ディスプレイサイズ: 4インチ (3.2インチ)
  • ROM/RAM: 1,024MB/512MB (同じ)
  • 重量: 約113g (149g)
  • 薄さ: 7.9mm (15.3mm)
  • カメラ画素数: 約510万画素 (約320万画素
  • Flashコンテンツ: 対応 (非対応
  • ワンセグ/お財布ケータイ機能: 搭載 (非搭載)

「N-06C」の第一印象は"なんて薄い"でした!
(今時の携帯端末では普通なのかもしれないけど、)わずか7.9mmしかない!

Photo

「L-04C」はハードウェアキーボードが搭載されていたので、少し厚みがありますが、個人的には多少厚みがあるほうが手にはしっくりくるかな。

ワンセグ、お財布携帯機能も標準搭載。使わないと思うけど悪い気はしない。

Photo_2

それにしてもなんでこんなに安いのかな?と思って精算後明細をみると、どうやらこの機種は「ご愛顧割」対象の機種だったからみたい。(◎o◎)!

Photo

携帯はほとんど通話受け状態で(しかも3G通信も止めてる)、無線LAN経由で通信がほとんどの私にとって、良かったのが月額980円の新料金プラン「タイプSSバリュー」のことを知りえたこと!

Photo_2

携帯電話会社の通信プラン・コースは非常にわかりにくいので、機種変更をしなかったらずっと気が付かなかったと思う。よかった・よかった。


自分の携帯電話の機種変更の履歴は、

  1. 1997年?月頃から約3年ほど使用…(ドコモ mova 機種は忘却)
  2. 2000年03月頃から約8年ほど使用…(ドコモ mova 機種は忘却)
  3. 2008年04月頃から約3.5年ほど使用…(ドコモ FOMA 機種は「SH-902i」)
  4. 2011年09月頃から約8ヶ月ほど使用…(ドコモ FOMA 機種は「L-04C」)
  5. 2012年05月末から (ドコモ FOMA 機種は「N-06C」)

という感じ。

見ての通り、初めてのスマートフォン「L-04C」が自分の携帯利用史の中で最も短命。しかし一番使って(いじって)いたのが「L-04C」でした。

  • Android搭載のスマホの基本操作、
  • Androidのシステム構造について、
  • PCとの親和性、連携について実践、
  • スマホ乗り換え時のポイントになる部分

など色々と触っていました。

このまま現役引退となりそうだけど、今月(2012年7月号)の日経Linuxの特集記事には、

1万円マシンを現役復帰
中古スマホ/タブレット再生術

スマートフォンとタブレットの中古市場には、現役を去った高性能機があふれています。OSをAndroid4.0にしたり、ARMで動作するUbuntuを入れたりして、1万円から買える中古品をお宝に変える術を解説します。

というのがある!(◎o◎)!

日経 Linux (リナックス) 2012年 07月号 [雑誌] Book
日経 Linux (リナックス) 2012年 07月号 [雑誌]
Amazonで確認する

出版社: 日経BP社
発売日: 2012/06/08

是非試してみたい! あっ!でも今は忙しすぎてそんな時間はないなぁ・・・(技量もね。) 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

|

« 2012年も別保公園で桜をみることがギリギリできた! | トップページ | 我家にフルハイビジョンムービーカメラがやってきた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2012年も別保公園で桜をみることがギリギリできた! | トップページ | 我家にフルハイビジョンムービーカメラがやってきた! »