« はじめのサンピラー! | トップページ | 真夏なのにカイロを使用するなんて・・・ »

2012年7月31日 (火)

約150km先の書店に立ち読みに・・・!

気がつけば今年(2012年)も半分が終わったと思っていたら、7月も本日で終了・・・(-_-;)

ここのところホントに忙しくて(記載したことは山ほどあるのですが)ブログの更新は約1ヶ月ぶり。

とりあえず今月(2012/7/1(日))にあったことで、"これは自分用にブログに載せとこっと"と思ったことの1つとして、釧路から北見市にある大型複合書店「コーチャンフォー北見店」にまで、立ち読みに行ってきたことかな。

距離にしてなんと片道約150kmもあるので、家族もつれてドライブも兼ねて楽しみながら行ってきたんですけどね・・・(^_^;)

以下ダラダラと記載してみます。


なんでわざわざそんな遠方の書店にまだ行ったのかというと、とあるお客様から以下のようなご依頼がきっかけでした。

MS-Accessで業務DBシステムを作りたいのですが、(Accessの各オブジェクトはVBAも含めてある程度理解しているので)システムを作る上でのテクニックというかポイントを教えて頂きたいのですが・・・。

う~ん・・・これって本来なら業務モデリング(外部設計)が先にこないといけないのですが・・・(-_-;)

業務効率化のシステムモデルを設計し、そのモデルを実現するに当たってよりマッチするDBソフトを選択すべきなのですが、Accessありきになっている・・・。
(もっともそうしたことはDBエンジニアレベルの話であって、一般の方の場合は、DBソフト=Accessにおのずと決定してしまうわけですが・・・。)

ただそれを言ってしまうと身も蓋もないので、とりあえずお客様には、「マッチした教材を探してみて良いものがあれば(対応します)。」ということにしました。

そんなわけで書籍を探すことになるのですが、(今回のような依頼のケースの場合は特に)書籍の内容の全体像を大雑把でいいので実際に見てみないと良書であるかの判断はできない。
しかもコンピュータ専門書籍の部類は結構いいお値段しますので、購入の失敗は避けたいところ。

そんなわけで、遠方にある大型書店にわざわざ足を運ぶことになったというわけです。
(釧路では書店にコンピュータの専門書籍を占める割合は年々縮小傾向で寂しい・・・(T_T))


モデリングでAccessを使って解説しているものは(当然と言えば当然かもしれませんが)想像以上に少ない。(-_-;)

ただソフト(Access)を使わないで進める座学形式のスタイルは受講される側からすると、とってもつまらなく感じてしまうのは目にみえているわけでして、ご要望のAccessはなんとしても使いたいところです。

実際に書店に行って確認したのが以下の書籍。
(事前にAmazonで色々とめぼしいものはピックアップしておいたのですが)Accessをベースとして講座形式でシステム設計を解説しているのは、多分これだけだと思う。

超入門 AccessVBAデータベース構築講座 Book
超入門 AccessVBAデータベース構築講座
Amazonで確認する

出版社: 技術評論社
発売日: 2009/07/31

立ち読みしてみると内容的にはまずまずだったので購入することに決定。(^^♪

ちなみにモデリングを練習するようなテキストもあることを発見 (゜o゜)。

業務システムモデリング練習帳 業務システムを効果的に設計するための精選45題 Book

立ち読みして思わず購入しちゃったのがこちら。

Google クラウドスクリプティング Google Apps ScriptによるGoogleパワーアップ活用ガイド Book

ExcelVBAやJavaScriptのコードをちょくちょく書いている私にはとっつきやすかったということもあるのですが、スクリプトが詳細に記載されていて良書だと思います。(中でもGoogleカレンダーとの連携がとても新鮮でした!(◎o◎)!)

Google_calendar


8月に入れば、少し仕事が落ち着く(はず)ので、滞っていたこのブログへの記載をまたチマチマながらできると思います。皆様今後ともよろしくお願い致します。<(_ _)>

|

« はじめのサンピラー! | トップページ | 真夏なのにカイロを使用するなんて・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はじめのサンピラー! | トップページ | 真夏なのにカイロを使用するなんて・・・ »