« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の7件の記事

2012年8月31日 (金)

4才になった愛犬「ニコ」

今日で2012年の8月が終了・・・つまり2012年の2/3=約67%が過ぎたことになりますね。

8月最後の日に、このブログに記載したいことはいっぱいあるのですが・・・
愛犬「ニコ」dogが、2012/8/14(火)で4才になったことにしよう。
(「オイオイ仕事がらみのことはどうした!」と突っ込みが入りそうですが・・・(^_^;))

このブログの主旨内容とは直接的な関連はないにも関わらず、何度も登場させて(しまって)いるのですが、(しかも「愛犬ニコ」のカテゴリまでつくちゃって・・・)今回も好き勝手に記載してみます。

「ニコ」が生まれてもう4年。日々過ぎるのが早いなぁと感じますが、犬にしてみれば(ドックイヤーという言葉があるくらいですから)もっと早いですよね。
ちなみに犬の4才は人間の年齢に換算すると32才相当と言われているそうです。

(「ニコ」の初登場は、2008/11/14の記載の「我が家にパピーがやってきた!」(動画付き)。)


「ニコ」もすっかり大切な家族の一員。今年(2012年)も日常の散歩だけではなく、家族でいろんな所に行ったっけ。

2012/2/12: 釧路町 「別保公園」で雪中凧揚げ

Photo

2012/4/30: 中標津 「道立ゆめの森公園」--->「サーモンパーク」--->「尾岱沼」

Photo_2

2012/7/01: 北見 「コーチャンフォー北見店」--->「北見イオンチャンスセンター」

Photo_2

2012/8/11: 登別 「マリンパークニクス」--->「伊達時代村」--->「登別地獄谷」

Photo_3

Photo

その他省略。


以下は昨年のお盆休み中に(2011/8/13)、P-ぽけっとに「ニコ」をつれてきたときの写真。
(この日は奥さんと娘とP-ぽけっとのスタッフで札幌旅行に出かけており、私と「ニコ」はお留守番でした。)

Nico_in_ppocket1

なんで仕事場に「ニコ」がいるかというと・・・早い話が泣き落とし。ε-( ̄ヘ ̄)┌

私はこの時期に溜まっていた仕事を片付けたくて、一人で仕事場のP-ぽけっとに行こうとしたところ「あたしも行く~」といわんばかりに詰め寄ってくる。

(その時は「ニコがいたら仕事にならないよ」と思って、)「後でちゃんと戻ってくるよ。」と告げて、仕事場の1Fに行ったところ、(自宅の)2Fで、ニコいつもにはない泣き声の連呼・・・まるで「さびしいよ~。」といわんばかりに・・・。

そんな状況では、気になって仕事が手につかず、P-ぽけっとに連れてきちゃったというわけです。

Nico_in_ppocket2

職場につれてきて泣き止みはしたけど、私が「ニコ」に話しかけちゃったり、写真撮ったり、遊んじゃったりして、結局仕事は全然はかどらなかった・・・。
今思い返せばいい思い出。アハハ (;;;´Д`)ゝ


ちょっと昔(2008年)の話ですが、普段よく見ているサイト「dog actually(ドック・アクチュアリー)によると、アメリカで最もペットフレンドリーな職場ベスト4の中に、Amazon がランクインしているようです。シアトルの本社には、毎日24頭から36頭の犬がオフィスにやって来るのだとか。
http://www.dogactually.net/blog/2008/07/post-ea7f.html

データベースソフトウェアで有数の「日本オラクル」には社員犬「Candy」がいるのは、(コンピュータ業界の人の間では)割と有名。
http://www.oracle.com/jp/corporate/candy-employee/index.html

いずれにしても犬は心を癒してくれる効果だけにとどまらず、時に人と人の接点になってコミュニケーションをスムーズにしたり職場ムードを円滑にしてくれる効果もあったりするのかなと。

「ニコ」もいつの日かP-ぽけっとの看板犬になれる時が来るかな?


これからもよろしくな。「ニコ」! (◎´∀`)ノ

プードルとの暮らしがもっと楽しくなる本 (ベネッセ・ムック いぬのきもちブックス) Book
プードルとの暮らしがもっと楽しくなる本 (ベネッセ・ムック いぬのきもちブックス)
Amazonで確認する

出版社: ベネッセコーポレーション
発売日: 2010/03/10

| | コメント (0)

2012年8月27日 (月)

はじめてのベアボーンPC 「FunTwist Fiono330」

このブログで以前(2010/10/31)に「購入してみよっかな?」と記載していた小型のベアボーン(半完成品の状態で販売されているパソコン)、「FunTwist Fiono330」。

その後、Amazonで販売がなくなり、ヤフオクでも出品がほとんどなくなってしまって忘れかけていたのですが、先日たまたまヤフオクで発見!( ̄○ ̄;)!

9,150円(メモリ、HDDなし、送料別)ほどでGet!

FAST FunTwist ベアーボーン Fiono330 ブラック 超小型IONプラットフォームAtom330搭載ベアボーン CE

"弁当箱サイズ"と呼ぶのがぴったり?な極小型サイズのマシン。

Fiono330

「FunTwist Fiono330」は超小型サイズということも注目されましたが、
ION(イオン)が搭載されていることで(一部のユーザーの間で?)とても話題になったベアボーン製品。

(このブログをご閲覧してくれてる大多数の方はご存知だと思いますが、)
「IONって何?」って方のために簡単に説明すると、 「ION」の定義は、

NVIDIA(エヌビディア)製のGPU、「GeForce9400M G」と
インテル製のCPU、「Atom(アトム)」とセットにした呼称

ということになっています。
(ちなみにインテルの「Centrino(セントリーノ)」も同じような感じ。)

(自分なりに)もうちょっと説明を付け加えると、

「ION」は非力な「Atom」CPUだけではまかなえないような負荷の高い映像処理も「GeForce9400M G」GPUが映像処理を担ってくれる製品(チップセット)。
つまり「ION」の登場でPC関連メーカーは、

  • 極小サイズながらも
  • グラフィック機能が劇的に向上、
  • そして安価

と言う感じの今までありそうでなかったマシンのリリースが可能になったわけです。


まだメモリやHDDを用意していないのですが、近いうちにUbuntu12.04LTSをインストールして使ってみよっと。(^^♪

全国的に節電が奨められていますが、消費電力も小さく(平均23W程度、連続稼動しても電機代金は月額380円前後ぐらい)、静音なのでサーバーとしての利用もいい。

例えばVPNサーバーでも市販品ではほとんどみないL2TP/IPSecサーバーとかいいね~。
Ubuntuサーバーを使ってL2TS/IPSecサーバーを構築する方法は以下の書籍のP60~P63に記載あり。

日経 Linux (リナックス) 2011年 10月号 [雑誌] Book
日経 Linux (リナックス) 2011年 10月号 [雑誌]
Amazonで確認する

出版社: 日経BP社
発売日: 2011/09/08

IPSecに「Openswan」、L2TSに「xl2tpd」のサーバーソフトを使っているのですが、confファイル(設定ファイル)への追記や記述変更が中心なので(コンパイルやビルド作業がないので)これなら私にでも出来そう。(^^♪

L2tp_ipsec

USBブート対応ですからUSB数本用意してディストリビューションを気分で色々と試してみるのもいい。
(内臓HDDのほうは「Samba」や「MediaTomb」用のストレージ用にするとか。)

とにかく「FunTwist Fiono330」を使って何に利用するかを色々と考えているだけでワクワクしてくる。ヽ(´▽`)/

しかしながら仕事に絡める気がない(出来ない)のが、お遊びレベルと言いましょうか、私のビジネス感覚のなさと言いましょうか・・・(^_^;)


私が「FunTwist Fiono330」の存在を知ったのは「FunTwist Fiono330」が発売されてから結構後のことで、(意外?にもネットではなく)、以下の書籍の立ち読みがきっかけ。(^_^;)

Windows100%超まとめスペシャル! 完全保存版 −最新活用テクニック丸ごと入ってます! (100%ムックシリーズ) Book

普段はこの手の書籍を見ることはないのですが、Linux(UbuntuやeAR OS)をインストールした活用法やテレビに接続してIONの性能が発揮する(つまりグラフィック性能が求められる)地デジやブルーレイなどの視聴するような感じの記事が掲載されていて中々興味深かったです。

というのも、当時(2010年7月頃)の私には、小型のPCをテレビに接続して大画面モニターとして利用するリビングPCという考えが希薄だったので、とても新鮮に感じたんだと思います。


もっとも最近では、既存のテレビのHDMI端子に装着することで、スマートテレビに大変身することを謳っている、Androidを搭載した超小型のスティックが格安で次々と登場してきていていることに一人で驚いてますが・・・!( ̄○ ̄;)!
(但し価格やAndroidバージョン、スペックはマチマチで過度の期待は禁物?)

テレビに挿すだけで、ご自宅のテレビが「SmartTV」に変身!Android Stick 4 SmartTV:ANDHDM40 CE
サンコ- Androidスティック with DUALCORE ANDHDM2S CE
サンコ- Androidスティック with DUALCORE ANDHDM2S
Amazonで確認する

メーカー: サンコー
発売日: 2012/07/19
スティック 型 android 4.0 端末 高速タイプ デュアルコア CE


ここのところ、過去にこのブログで"購入したい"と記載していたものを目ざとく見つけて購入することが多くなってきた。 ある意味で有言実行してる? (^_^;)

---8/29追記---

数年経って価格がこなれてたら、より超小型で性能が良い以下のベアボーン製品あたりに乗り換えているかもしれない。

いつまで経っても物欲は絶えないなぁ・・・(;´д`)トホホ…

ZOTAC AMD Fusion E350 APU搭載 コンパクトベアボーンPC ZBOXNANO-AD10 CE
ZOTAC コンパクトベアボーン Sandy Bridge Celeron搭載 ZBOXNANO Intel HM65 Intel CULV 867搭載ベア  ZBOXNANO-ID61-J CE
ZBOX Blu-ray HD-ID33 ZBOXHD-ID33BR CE
ZBOX Blu-ray HD-ID33 ZBOXHD-ID33BR
Amazonで確認する

メーカー: ZOTAC

| | コメント (0)

2012年8月22日 (水)

はじめてのポータブルHDDに障害発生!

プライベートで以下のネットワークメディアプレイヤーを使用しているのですが、今回はその時に起こった血の気が引く出来事を長々と記載してみます。

プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー PAV-MP1 CE
プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー PAV-MP1
Amazonで確認する

メーカー: プリンストンテクノロジー
発売日: 2009/11/20

「PAV-MP1」には1TBながら6,800円と(2012年3月の購入時当時にしては)激安だった以下のポータブルHDDをバスパワー接続しています。

LaCie USB2.0対応2.5インチ外付ポータブルHDD rikikiシリーズ1TB LCH-RK1TU2 CE
LaCie USB2.0対応2.5インチ外付ポータブルHDD rikikiシリーズ1TB LCH-RK1TU2
Amazonで確認する

メーカー: ラシー
発売日: 2011/12/02

仕事がむちゃくちゃ忙しかった時期もピークが過ぎて、「PAV-MP1」で映画でも見ることぐらいの時間が取れるようになったので、「PAV-MP1」の電源を入れたのですが、DVD-ISOデータが入っているポータブルHDD「LCH-RK1TU2」の接続ランプが点灯しない・・・?

「あれ?」と思い何度も電源をON/OFFにしたり、USBケーブルを抜き差しを行うも状況は変わらず・・・次第に血の気が引いて行き、同時にジト~と額から変な汗が出てくる・・・。

「これは・・・まずい?・・・500GB近くあったコンテンツが・・・( ̄◆ ̄;)」 

しばし時間が流れ・・・(今の自分に出来ることは、ディスクそのものの故障なのかUSBコネクター部分の故障かどうかを確認することしかないので、)とりあえず分解してみることに。


HDDとケースは背面の4つのネジで止めてあるだけなので分解は簡単です。

Photo

ただネジがスター型なので専用ドライバー(トルクスレンチ)が必要になります。

Photo_2

「買おう」と思っていつも後回しになって未だに所持していないトルクスレンチ。ヤフオクでいつも大変お世話になっているKさんにをお借りすることに。(^_^;)

Photo_3

E-Value 精密ドライバーセット EPS-650 Book
E-Value 精密ドライバーセット EPS-650
Amazonで確認する

メーカー: イーバリュー(E-Value)

バラして見てみるとこんな感じ。(ちなみにHDDはシーゲート。)

Seagate

USBコネクター部分。故障箇所が(HDDではなく)これだけなら代替品利用でなんとかなる。

Photo_4

幸い手元にSATA用のHDDケースが眠っていたので、祈るような気持ちで付け替えてみることに。(^_^;)

Photo_6

つなげてみてPC接続してみると・・・。

Usb

認識OK!HDDは生きていた!ヽ(*≧ε≦*)φ

今思えば「LCH-RK1TU2」のUSBコネクター部分、結構ぐらついていてUSBケーブルを無理に動かしていたこと何度かあったっけ。(゜o゜)


このHDD、通常の2.5インチHDD製品より厚みがあってケースに入らない・・・。

Photo_5

当分はケース無しのむき出し状態で利用することになるなぁ・・・(-_-;)

それにバックアップを取るにしてもそれなりの容量のストレージが別途必要になるし・・・。

HDDに異常がなかったことはホントよかったのですが、なんだか複雑な気持ちです・・・(^_^;)

| | コメント (1)

2012年8月18日 (土)

はじめてのデジタルフォトフレーム「F8012N-BN」

数年前(2008年頃)、デジタルフォトフレームのちょっとしたブームが起こったのですが、振り返ってみると、このブログで2008/3/22の記載に「デジタルフォトフレーム使ってみたいなぁ~」ってなことを記載していたのですが、その後自分の中で興味が薄れてしまってフェードアウト・・・(^_^;)

今更ながらという感じもするのですが、足掛け約4年半越しに以下の製品をヤフオクで格安(2,480円 中古美品 送料別)を見つけたのでGetしてみました!

F8012nbn

LG Electronics デジタルフォトフレーム 8インチ ブラック F8012N-BN CE
LG Electronics デジタルフォトフレーム 8インチ ブラック F8012N-BN
Amazonで確認する

メーカー: LG Electronics Japan
発売日: 2009/11/14

人それぞれデジタルフォトフレームに求めるものは異なると思いますが、私の場合は、

  • 画面サイズは、7インチ以上であること。
  • 液晶は光沢のあるグレアであること(デジタルフォトフレームに関しては好み)。
  • べセルの幅ができるだけ小さいこと。
  • サブモニターとしても使えること。
  • 上記を含めて(中古品も含めて)5,000円以下であること。

といった感じ。
(その他、ネットワーク対応とか多数の動画ファイルの再生対応と一時期は思ってましたが、デジタル家電が当たり前になってしまった今では、それほど気にしなくてもいい要素になりました。)

「F8012N-BN」は(私好みの)デザインポイントはベゼルにあるかと。

  • べセルの幅は上下約13mm、左右18mmと小さ目
    ベゼルの幅が大きいとどうしてもおもちゃっぽさを感じちゃいます。
  • べゼルの素材がラバー製
    このラバーがつや消しカラーで(プラスチック製品にありがちな)安っぽさがかなり軽減されていると感じます。

F8012n

液晶サイズは8インチでアスペクト比は4:3。
(今時の16:9ではないので、好みが大きく分かれるところですが、)自分的には過去とそして現在所持しているデジカメ写真の縦横比は4:3がまだ中心なので、フレーム内にすっきり収まるからこれでいいかなと。

(サブモニターとしての写真は近日中にUP予定)

惜しいのが

  • USBバスパワーじゃないことと、
  • サブモニターとして使えるのはWindowsXPまで、

Vista/7でユーティリティーソフトをインストールすると…。

Photo_3

デザインと機能と価格と全てを満たすデジタルフォトフレームって中々ないと思うんですが、今回の「F8012N-BN」はバランスの良い製品でした。

結局まとめると単なる自己満足なんですけどね・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2012年8月12日 (日)

ようやくUSBバスパワー対応モニター「GH-USD16K」をGet!

以前(2011/1/30)にこのブログで記載したことがある)、バスパワー対応モニター「GH-USD16K」。あれから約1年半以上経ちましたが、ようやく?重い腰をあげて購入しました。

グリーンハウス 15.6型 USB接続 サブディスプレイ ブラック GH-USD16K CE
グリーンハウス 15.6型 USB接続 サブディスプレイ ブラック GH-USD16K
Amazonで確認する

メーカー: グリーンハウス
発売日: 2011/01/28

ここのところ"パソコンは初めて触る"というご年配の受講者さまが増えてきているのですが、ウィンドウを最小化したら、もうその内容は覚えていないという状況に四苦八苦しています・・・(-_-;)

マルチウィンドウという概念を理解するのにも大変時間がかかるので、(ご年配でまして初めてパソコン触る方からするとこれは無理もないことですから、)モニターを並べて見比べるように表示させてあげる必要があって購入したという感じです。


ノートPCや拡張性のあるデスクトップPCならデュアルモニター環境は簡単ですが、P-ぽけっとのパソコンは美観?の関係上、一体型デスクトップPC(が中心)・・・。当然ながらグラフィックカードの拡張スペースはありません・・・_| ̄|○

Pc

そうなるとUSBを利用したデュアルモニター環境となるわけで、以下のような製品を使うと簡単に実現することは出来るものの・・・

I-O DATA USB接続外付グラフィックアダプター 「USBグラフィック」 アナログ専用モデル USB-RGB2 CE
I-O DATA USB接続外付グラフィックアダプター 「USBグラフィック」 アナログ専用モデル USB-RGB2
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2010/01/30
BUFFALO USB2.0用 ディスプレイ増設アダプター GX-DVI/U2B CE
BUFFALO USB2.0用 ディスプレイ増設アダプター GX-DVI/U2B
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2010/09/11

以下のことも発生してきます。

  • ディアルモニター用の電源が必要になる。
    (個人的にコード類やOAタップ等の配線はできるだけ使いたくない。)
  • デュアルモニターの準備が面倒。
    (設置スペースの関係上、使用しない場合は出来ればしまっておきたい。)

ということで、前々から簡単設置が可能なUSBバスパワーモニター「GH-USD16K」には気にはなっていたんですね。

デュアルディスプレイに15.6インチサイズというのも今時は小さい感じもしますが、P-ぽけっとの環境ではむしろこのくらいがベスト。あんまり机にスペースがなく21インチ以上のモニターは置くと、結構な圧迫感が・・・(^_^;)


今時のスペックのパソコンならマルチディスプレイ側にDVDや動画もOK。
(画面が15.4インチと小ぶりサイズなので、DVD動画を再生することはあまりないと思うのですが、まぁお約束として・・・(^_^;))

Photo_2

「GH-USD16K」を利用するには付属のユーティリティソフトをあらかじめWindowsパソコンにインストールしておく必要があって(「GH-USD16K」のプラグアンドプレイ(USB接続感知)や設定で利用されます。)、デュアルモニターに表示中ユーティリティーソフトのメモリ消費量は大体以下のような感じ。

Photo_3

接続端子やボタン類はほとんどないシンプルな作りです。
余計な部品がないので重量はわずか1.2kg。(この手のモニターの中では)うそみたいに軽い!( ̄○ ̄;)!

Ghusd16k

アーム部分を折りたためるとかなりコンパクトに!\(◎o◎)/!
なんと15インチ用のノートパソコン用のバックに収納できちゃいます

Photo

P-ぽけっとの環境では、しまったり、運んだりすることが多いので、これはとてもマッチしたスタイル。(^^♪

万人向けの製品ではないですが、15.6インチサイズでUSBバスパワー表示できるモニターとなると、「GH-USD16K」以外は(2012/8/12現在、私の知る限りでは)存在しない・・・。

他社の周辺機器メーカーも、まだニーズが掘り起こせていないご年配の製品としてアプローチしてリリースしてもいいと思うんだけどなぁ・・・。

それに市場が活性化すれば、バリュープライスな製品が登場してくるのは確実だし・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2012年8月 8日 (水)

はじめての楽譜作成ソフト

学校が夏休みの期間に入ると学校教職員の方からの問い合わせや受講が毎年ポツポツあるのですが、今年多いですね。

その中で音楽の先生(現在は産休中)のMさんからこんなご相談を受ける。

小学生向けの童謡などの音楽を自分で譜面を起こしてそれをCDにするってことはできます?
それができれば楽器のない教室でも音楽の授業ができますし、楽器を弾くのが得意ではない先生にCDを提供することで対応できるので。

いつかこんなこともあるかも?と思って頭の片隅にあったのが、オープンソースソフト「MuseScore (ミューズスコア)Ver1.2」。

Musicscore


オープンソースソフトなので、WindowsだけでなくMac版やLinux版も存在しています。
以下はUbuntu10.04LTSにインストールした「MuseScore」。

Musescore_by_ubuntu

Ubuntu10.04LTSのリポジトリにある「MuseScore」はちょい古いバージョンでVer0.96(2012年8月現在)。


作成した楽譜をWave形式にファイル出力できますので、(Windows Media Player等を使って)簡単に楽譜を元にした音楽CDを作ることが可能です。

Wave

小学校からず~っと音楽の成績は(5段階評価で)2の私・・・(^_^;)
当然ながら楽譜の読み書きはまったくできませんが、とりあえず「MuseScore」の基本操作は簡単なのでMさんのご要望に(とりあえず)応えることができてよかった。

CADソフトの時(このブログの2012/5/3に関連記載あり。)もそうですが、自分だけだったら絶対使う必要がないソフトをお客様を通じて使う機会に恵まれたり、まだ未知ながら便利なフリーソフトに出会えるきっかけが多々あるのは、この仕事の楽しさの1つだったりします。(^^♪

| | コメント (0)

2012年8月 5日 (日)

真夏なのにカイロを使用するなんて・・・

本州では連日30℃以上の夏日でうだるような暑さだと思うのですが、今日(2012/8/5)は朝からしっとり雨が降っていて釧路では嘘みたい肌寒さ・・・。

室温は14℃前後で、パソコンに向かいながらじっとしていると、指先が冷たくてどうにも我慢できない。ついに愛用している充電式のカイロを使っちゃいました。
しかもフリース着ちゃってますし・・・(^_^;)

Kirsl2s

SANYO エネループカイロ(両面発熱型) 充電式カイロ シルバー KIR-SL2S(S)
SANYO エネループカイロ(両面発熱型) 充電式カイロ シルバー KIR-SL2S(S)
Amazonで確認する

メーカー: 三洋電機
発売日: 2009/09/01

蛇足ですがこの充電式カイロ、釧路の肌寒い時期(9月末頃から春先の4月頃まで)において愛犬ニコdogとの散歩に大変重宝しています。

  • エネループなので充電で繰り返し使えるのはもとより、
  • 使い捨てカイロと違ってスイッチ1つで急速保温できるし、
  • サイズも小ぶりでポケットに収まりますしね。

今年はこちらも購入しようと考えてちゃってます。(^_^;)

SANYO エネループネックウオーマー アイボリー ENW-NW2S(C)
SANYO エネループネックウオーマー アイボリー ENW-NW2S(C)
Amazonで確認する

メーカー: 三洋電機
発売日: 2010/10/14

ちなみに夏の時期は温かグッズの需要は低いので、Amazonで比較的安くGetできるねらい目シーズン。


本州の方からすると北海道の道東って涼しいイメージがあると思いますが、同じ道東地区でも帯広や北見、網走などの地域は夏は蒸し暑い日が多いです。そう考えると釧路って完全に別世界。

まさか真夏のこの時期にカイロ使うなんて思いもしなかった・・・今年は8/7(火)が暦上は立秋だけど夏はもう終わっちゃった? (-_-;)

| | コメント (3)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »