« はじめてのポータブルHDDに障害発生! | トップページ | 4才になった愛犬「ニコ」 »

2012年8月27日 (月)

はじめてのベアボーンPC 「FunTwist Fiono330」

このブログで以前(2010/10/31)に「購入してみよっかな?」と記載していた小型のベアボーン(半完成品の状態で販売されているパソコン)、「FunTwist Fiono330」。

その後、Amazonで販売がなくなり、ヤフオクでも出品がほとんどなくなってしまって忘れかけていたのですが、先日たまたまヤフオクで発見!( ̄○ ̄;)!

9,150円(メモリ、HDDなし、送料別)ほどでGet!

FAST FunTwist ベアーボーン Fiono330 ブラック 超小型IONプラットフォームAtom330搭載ベアボーン CE

"弁当箱サイズ"と呼ぶのがぴったり?な極小型サイズのマシン。

Fiono330

「FunTwist Fiono330」は超小型サイズということも注目されましたが、
ION(イオン)が搭載されていることで(一部のユーザーの間で?)とても話題になったベアボーン製品。

(このブログをご閲覧してくれてる大多数の方はご存知だと思いますが、)
「IONって何?」って方のために簡単に説明すると、 「ION」の定義は、

NVIDIA(エヌビディア)製のGPU、「GeForce9400M G」と
インテル製のCPU、「Atom(アトム)」とセットにした呼称

ということになっています。
(ちなみにインテルの「Centrino(セントリーノ)」も同じような感じ。)

(自分なりに)もうちょっと説明を付け加えると、

「ION」は非力な「Atom」CPUだけではまかなえないような負荷の高い映像処理も「GeForce9400M G」GPUが映像処理を担ってくれる製品(チップセット)。
つまり「ION」の登場でPC関連メーカーは、

  • 極小サイズながらも
  • グラフィック機能が劇的に向上、
  • そして安価

と言う感じの今までありそうでなかったマシンのリリースが可能になったわけです。


まだメモリやHDDを用意していないのですが、近いうちにUbuntu12.04LTSをインストールして使ってみよっと。(^^♪

全国的に節電が奨められていますが、消費電力も小さく(平均23W程度、連続稼動しても電機代金は月額380円前後ぐらい)、静音なのでサーバーとしての利用もいい。

例えばVPNサーバーでも市販品ではほとんどみないL2TP/IPSecサーバーとかいいね~。
Ubuntuサーバーを使ってL2TS/IPSecサーバーを構築する方法は以下の書籍のP60~P63に記載あり。

日経 Linux (リナックス) 2011年 10月号 [雑誌] Book
日経 Linux (リナックス) 2011年 10月号 [雑誌]
Amazonで確認する

出版社: 日経BP社
発売日: 2011/09/08

IPSecに「Openswan」、L2TSに「xl2tpd」のサーバーソフトを使っているのですが、confファイル(設定ファイル)への追記や記述変更が中心なので(コンパイルやビルド作業がないので)これなら私にでも出来そう。(^^♪

L2tp_ipsec

USBブート対応ですからUSB数本用意してディストリビューションを気分で色々と試してみるのもいい。
(内臓HDDのほうは「Samba」や「MediaTomb」用のストレージ用にするとか。)

とにかく「FunTwist Fiono330」を使って何に利用するかを色々と考えているだけでワクワクしてくる。ヽ(´▽`)/

しかしながら仕事に絡める気がない(出来ない)のが、お遊びレベルと言いましょうか、私のビジネス感覚のなさと言いましょうか・・・(^_^;)


私が「FunTwist Fiono330」の存在を知ったのは「FunTwist Fiono330」が発売されてから結構後のことで、(意外?にもネットではなく)、以下の書籍の立ち読みがきっかけ。(^_^;)

Windows100%超まとめスペシャル! 完全保存版 −最新活用テクニック丸ごと入ってます! (100%ムックシリーズ) Book

普段はこの手の書籍を見ることはないのですが、Linux(UbuntuやeAR OS)をインストールした活用法やテレビに接続してIONの性能が発揮する(つまりグラフィック性能が求められる)地デジやブルーレイなどの視聴するような感じの記事が掲載されていて中々興味深かったです。

というのも、当時(2010年7月頃)の私には、小型のPCをテレビに接続して大画面モニターとして利用するリビングPCという考えが希薄だったので、とても新鮮に感じたんだと思います。


もっとも最近では、既存のテレビのHDMI端子に装着することで、スマートテレビに大変身することを謳っている、Androidを搭載した超小型のスティックが格安で次々と登場してきていていることに一人で驚いてますが・・・!( ̄○ ̄;)!
(但し価格やAndroidバージョン、スペックはマチマチで過度の期待は禁物?)

テレビに挿すだけで、ご自宅のテレビが「SmartTV」に変身!Android Stick 4 SmartTV:ANDHDM40 CE
サンコ- Androidスティック with DUALCORE ANDHDM2S CE
サンコ- Androidスティック with DUALCORE ANDHDM2S
Amazonで確認する

メーカー: サンコー
発売日: 2012/07/19
スティック 型 android 4.0 端末 高速タイプ デュアルコア CE


ここのところ、過去にこのブログで"購入したい"と記載していたものを目ざとく見つけて購入することが多くなってきた。 ある意味で有言実行してる? (^_^;)

---8/29追記---

数年経って価格がこなれてたら、より超小型で性能が良い以下のベアボーン製品あたりに乗り換えているかもしれない。

いつまで経っても物欲は絶えないなぁ・・・(;´д`)トホホ…

ZOTAC AMD Fusion E350 APU搭載 コンパクトベアボーンPC ZBOXNANO-AD10 CE
ZOTAC コンパクトベアボーン Sandy Bridge Celeron搭載 ZBOXNANO Intel HM65 Intel CULV 867搭載ベア  ZBOXNANO-ID61-J CE
ZBOX Blu-ray HD-ID33 ZBOXHD-ID33BR CE
ZBOX Blu-ray HD-ID33 ZBOXHD-ID33BR
Amazonで確認する

メーカー: ZOTAC

|

« はじめてのポータブルHDDに障害発生! | トップページ | 4才になった愛犬「ニコ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はじめてのポータブルHDDに障害発生! | トップページ | 4才になった愛犬「ニコ」 »