« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の4件の記事

2012年11月30日 (金)

HDDを圧迫している原因を探し出せ!2

以前このブログで「HDDを圧迫している原因を探し出せ!」(2011/9/26に記載。)という記載をしたことがあるのですが、再びそのような現象に遭遇しサポートする機会があったので記載してみます。(しかも今回は前回よりも手ごわかった。)

ご依頼主のKさんから電話で状態を聞くとデータファイル(ドキュメントフォルダ内の写真データなど)は全て外付けHDDに移動してあるとのこと。

それが確かだとしたら(100GBほどの)内臓HDDの容量をWindowsシステムやアプリケーションソフトだけで食いつぶすことは通常はない・・・はて・・・(゜o゜)?

とりあえず現場に出向き、確認してみるとHDDの空き容量は確かにわずか483MBしかない!( ̄○ ̄;)!

Hdd


そんなわけで前回の時も利用したフリーソフト「Free Disk Usage Analyzer」を使い、無駄にHDDの容量を消費している箇所を突き止めてみることに。
(ちなみに前回のケースではウイルス対策ソフト「Norton Internet Security」のウイルス定義ファイルフォルダが原因だったけど、今回利用しているウイルス対策ソフトは「Microsoft Security Essential」で「Norton」ではない。)

しかし・・・チェック開始から1時間以上が経過するもスキャンが終わらない・・・。
何せ使っているノートパソコンは、

  • OS: Vista SP1(SP1は2011/7/13でサポート期間が終了している・・・)
  • CPU: Celreon 530(シングルコア 1.73GHz)
  • メモリ: 1GB

ということもあって、激重・・・(-_-;)

(現場では時間がかかりすぎると判断し、いったんP-ぽけっとに持ち帰らせて頂き)再度スキャンを実行。約4時間ほどもかかったけどどうにかスキャンが終わり、圧迫している部分をついに発見!

それは「Content.IE5」フォルダ。
そのサイズなんと約57GBなり!え~マジで~!(@Д@;

Contentie5

「Content.IE5」はIEで利用したWebキャッシュデータファイルが置かれるフォルダ。
ネット検索すると多くの方が「Content.IE5」の異常な肥大化で苦労されているようです。それにしてもなんでこんなに肥大化したものなんだか・・・。

(この症状について記載あり。---2012/12/20(木)追記---)


ようやく場所を特定したものの、本当の苦難の道のりは実はここから。

定番システムメンテナンスソフト「CCleaner」を使って不要ファイルを削除を試みたのですがかかった時間はなんと・・・

84,773秒1,413分23.5時間丸1日

Photo

インターネット一時ファイル削除するだけで丸1日かかるなんてぇ~・・・(≧ヘ≦)
(あまりに長いので平行して別の仕事をしていましたが、それでも終わらないので途中で寝ちゃってました・・・。)


原因はハッキリしませんが、未更新ファイル(VistaSP1のままだったり、IEも最新のIE9ではなくIE7のままだった)が絡んでいたのかな?

HDDの空き容量は半分近くになったけれども、激重なのは相変わらずなので、

  • メモリを1GBから2GBに増設
  • HDDをSSDに交換

を提案したところすんなりとご依頼頂き、最終的にずいぶんレスポンスは向上。(^^♪
(SSDのファームウェアの更新で苦労したところがありましたが、それについてがまたの機会に記載してみます。)


ちなみに最近このブログに以下のような検索が・・・。

Photo

(「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」風な語りで・・・(^_^;))

あなたの(Vista)パソコンの「Content.IE5」も水面下で恐ろしく肥大化が進行しているかもしれませんよ。


---2012/12/20 追記---

肥大化はVistaのIE7から実装されたIEの「保護モード」が絡んでいるのかな?と思いその後調べてみるとどうやら「インデックス情報の破損」が直接の原因みたい。

マイクロソフト社 Internet Explorer サポートチームのブログによると
http://blogs.technet.com/b/jpieblog/archive/2011/09/09/3452071.aspx

前略---どのような場合にキャッシュフォルダーが肥大化するか

IE サポートチームにお問合せを頂く現象の中に、「ディスク容量が圧迫され確認すると Temporary Internet Files フォルダー」のサイズが数 GB などの大きさになっているというご質問があります。
([使用するディスクの領域] の設定は最大でも IE7 以降の場合 1024 MB までの設定しかできません)

キャッシュファイルはインデックス情報と関連づけて保持されていますが、この関連づけが不整合な状態となり正常な管理がされていない状態である場合にこのような現象が発生します。

このような現象/状況を私たちは「インデックスの破損」(キャッシュの実ファイルとインデックス情報が崩れた状態)と呼んでいます。

インデックス情報の破損の要因は様々に考えられ、残念ながら破損した状態の後からその理由を遡って確認する事ができません。----後略

| | コメント (0)

2012年11月29日 (木)

はじめのウイルス感染したVistaパソコンに遭遇!

このブログでは、WindowsXP搭載パソコンがウイルス感染ケースを何度か記載したことがあるのですが、(2012年11月現在)Windows Vista/7でウィルス感染しているPCに実際に目にしたことがない私。

いつもお世話になっているOさんの職場スタッフのAさんのVista搭載パソコンがウイルス感染したかも?とのご相談ではじめて遭遇することに。

とりあえずパソコンをお預かりすることにして、職場に戻ってパソコンを起動してみるとかなり動作が遅い・・・。しばし時間が経つと、以下のような画面が表示される。

Photo

お目にしたのは、トロイの木馬型の「ZeroAccess」。
(「ZeroAccess」はルートキットを持つようでネット検索すると結構情報がある。)

「ユーザーアカウント制御」(UAC:User Access Control)システムの採用で(通常多くの方が管理者権限で使用するWindowsXPよりも)大幅にセキュリティが高まったVista/7ですが、「ZeroAccess」は、

  • UACがあっても、
  • セキュリティ対策ソフトが入っていて、
  • 最新パッチを当てていても、

メジャーアプリケーション(JRE、AdobeFlash、AdobeReader 等)を最新にしておかないと感染してしまう(らしい)・・・。

一般の方がそこまで状況を判断出来ないことの方が多いでしょうから悩ましいところです。

今回のようにインストールされてたウイルス対策ソフト「マカフィー」が反応して感染しているメッセージを表示されれば、ユーザーに感染したことの自覚症状があるのでまだいいのですが、そうでない場合はどうなることやら・・・。


画面表示された「マカフィー」のメッセージでは再起動することで駆除してくれるような感じなのですが、ルートキットをもつマルウェア(ウイルス感染を隠匿することが可能)ですからやはり安全のためにリカバリーを行うことに。

ネット情報でも完全駆除にはならないみたいだし。以下は参考にさせてもらった情報。


そんなわけでリカバリー&復元作業を行うことに。

  1. データ(ドキュメント、ピクチャ、ミュージック、ビデオ、メール、お気に入り等)をUSBストレージに退避させて、
  2. 退避させたデータファイルに感染がないかを別のPCのウイルス対策ソフトでスキャンして、
  3. リカバリーを実施して、
  4. 各種パッチを当てたり、アップデート処理したり、
  5. 退避したデータを戻して復元。
  6. 動作レスポンスのメンテナンス
    (レジストリの清掃&レジストリのデフラグ、OS標準のHDDデフラグ)

地味でとても・とても時間のかかる作業でしたが無事復元終了。

それにしてもWindowsのセキュリティ機能がどれほど強化してもウイルス対策は永遠に切り離すことができないんだろうなぁ。

最新のWindows 8はカーネルは「Ver6.2」(Vistaのカーネルは「Ver6.0」で、7のカーネルは「Ver6.1」)だけどセキュリティ面では強化はどうなんだろう?時間ある時にでも調べてみるとしよう。

| | コメント (0)

2012年11月27日 (火)

はじめての2重ウイルス対策ソフト環境に遭遇!

今年(2012年)の春にノートPCを納品したMさんから以下のような感じのご相談が

パソコンの電源を入れても更新プログラムのインストール中の画面がずっと続いていてパソコンが使えないんです・・・。

Photo_2

はて・・・?とりあえずパソコンをお預かりして2時間ほど放置してみると、確かにずっとこの画面のまま・・・。

パソコンは、

  • CPU: Core i5
  • メモリ: 4GB
  • OS: Windows7 SP1(64bit )

という構成なので、(サービスパックのような大きなパッチを当てているわけでもなく、またハードウェアもまずまずの性能なので)たった数個のパッチのインストールに2時間以上も待たされるのは明らかにおかしい・・・・(-_-;)

こうしたトラブル解決の手がかりになる「管理ツール」もログイン出来ないことに利用できない・・・。

しばし時間流れ・・・「セーフモード」で起動してみることに気づく。
(最近「セーフモード」を使うようなトラブルに出会ってなかったので忘却してました。(^_^;))

で、セーフモードで起動してログイン。(;´Д`A ```

問題解決のヒントを探るために管理ツールの「イベントビューワー」を見てみるとのウイルス対策ソフト「マイクロソフト セキュリティ エッセンシャル(Microsoft Security Essential)」のウイルス定義ファイルの更新に失敗のエラー文字を発見
(キャプチャーし忘れて残念ながら画像なし)。

「これは!きっと!( ̄◆ ̄;)」と直感が働き、ソフトウェアの一覧を見てみると予想通り「Kingsoft AntiVirus(キングソフト アンチ ウイルス)」と「Microsoft Security Essential」の2つウイルス対策ソフトがインストールされているのを発見

2

セキュリティ対策ソフト(ウイルス対策ソフトを含む)は2重でインストールするとWindowsシステムが不安定になってしまうのは割と知られていることなのですが、こうして実際にお目にするのはこれが初めて。

「Baidu」のIMEもインストールされていたので、何かのフリーソフトをインストールする時にオプションのチェックを外していなかったのみたいで一緒にインストールされたみたい。

「Kingsoft AntiVirus」をアンインストールして完了。


気付けばどってことないんですが、"はじめてのケース"というのは何かと私には新鮮でブログネタになりやすい?です。(^_^;)

そんなわけで次回の記載は「はじめのウイルス感染したVistaパソコンに遭遇」(仮題)の予定です。

| | コメント (0)

2012年11月21日 (水)

はじめての予想を覆してのうれしい合格!

ここのところ・・・

  • 受講希望のご連絡が絶えないことと、
  • 各種PCサポート、
  • Webサイトリニューアルの依頼案件が3件抱える
  • 商売道具のプロジェクタの故障 (ランプ切れかな?)

など、ほんとに絵に描いたような貧乏暇なし状態・・・(^_^;)

そんなわけでブログを記載している暇はなかったのですが、今月中にどうしても記載しておきたいうれしい出来事?があったので目の充血と肩こりにも負けずに記載してみます。


先日、MOS(Excel 2007)の受検を目標にご来所頂いていたTさんに近所の書店でばったり会うことに。

忙しくてご連絡遅れましたが、先日(2012/10/23(火))受検したMOS試験とっても緊張しましたが無事合格しました。本当にありがとうございます。

お~!(@Д@; これはいつも以上にうれしい!

というのも私の"よろしくない予想"をはじめて覆してくれたので!\(^o^)/

"よろしくない予想"というのは、大体2回ほどの受講で、その人が資格取得の勉強にまじめに取り組んでくれる方か、諦めてフェードアウトされる方なのかが高い確率で当たってしまう"悲しき予想"のことです・・・(^_^;) 
このブログの2011/3/21に関連記載あり。

包み隠さず言いますと、私の中でTさんは後者でした・・・。

Tさん、P-ぽけっとでMOS資格取得(Excel2007)を目標に受講を始めたのが昨年の夏(2011/7/4(月))。そして受講をされてから約1ヶ月後の8/2(火)境に案の定フェードアウト・・・。
色々と努力はしてみたものの残念ながら、「やっぱり当たってしまったか・・・」と肩をおろす・・・_| ̄|○

さらに付け加えると通常フェードアウトされた方はその後ご連絡を頂くことはない・・・100%の確率で・・・。

しかし、今回のTさんはその前例?を破って、フェードアウトされてから約1年後の2012/5/23(水)再びご連絡があって「今度は真剣に取り組んで合格してみます!」と真剣モード宣言!(◎o◎)!

Excel 2007は、おろかパソコンを使う職務経験が一度もない専業主婦のTさんにしてみれば、受講で使っている以下のテキスト/問題集を理解することは決して簡単ではなかったと思います。

よくわかるMicrosoft Office Excel2007(応用) Book
よくわかるMicrosoft Office Excel2007(応用)
Amazonで確認する

出版社: FOM出版/富士通エフ・オー・エム
発売日: 2007/01
よくわかるマスター MCAS Excel 2007 完全マスター2 模擬問題集 模擬試験CD付 Book
よくわかるマスター MCAS Excel 2007 完全マスター2 模擬問題集 模擬試験CD付
Amazonで確認する

出版社: FOM出版/富士通エフ・オー・エム
発売日: 2007/09/18

それでも色々と補足資料を作って弱点補強と完全マンツーマンの(時に厳しい)指導で、どうにか受検できるレベルまでもっていく。その後期間を開けずに受検受付に。

やった~!これでほぼOKのはずだぁ~( ̄ー+ ̄)
というのもP-ぽけっとにMOS試験を目的に受講頂いている方の傾向として、MOS試験に受検する前に諦めてフェードアウトされてしまう方が少ながらずいるものの、逆に受験手続きまで奮闘してくれた方は100%の確率で合格しているので。


しかし受検日の2012/10/23(火)、そして翌日の24(水)になってもTさんからご連絡がない・・・。もしや・・・ダメだったか?(-_-;)

受検までこぎつけたら100%合格レベル!」という過去の実績をこれまたTさん覆しちゃったのかな?と私もちょっと落胆していたのですが、数週間経過ご書店でTさんと偶然会って結果報告を受けたと言うわけです。

改めて2012年秋 "Tさん合格おめでとう!"\(^o^)/
(ちなみにこの11月から今後はMOS(Word2007)の受検も目指して再びご来所頂いております。)


私の方と言えば今から約3年前(2009年10月末)に「Windows 2008 Server」のMCP試験(70-640)以来、試験らしいものはそう言えば受けていないなぁ・・・。
このブログの2009/11/1に関連記載あり。)

MCP教科書 Windows Server 2008 Active Directory編(試験番号:70-640) (MCP教科書) Book
MCP教科書 Windows Server 2008 Active Directory編(試験番号:70-640) (MCP教科書)
Amazonで確認する

出版社: 翔泳社
発売日: 2008/07/17

結構前に購入した以下のMCP試験対策本があるので受験してみよっかな?
(ActiveDirectory環境においてWin7ならでは新機能(DirectAccess等)の理解用にさらっとだけ読んだあとは放置)

MCP教科書 Windows7 サポート(試験番号:70-685) Book
MCP教科書 Windows7 サポート(試験番号:70-685)
Amazonで確認する

出版社: 翔泳社
発売日: 2010/09/17

既に「Windows 8」がリリースされてるけど・・・って突っ込みがありそうですが・・・(^_^;)


冗談はさておき 、自己目標を見つけて挑戦する方を何度も見てきているのですが、何度見ても自分のことのようにうれしく感じます。

私の目標の1つとしては、「MOS」や「MCA(10-201)」試験を受検してスキルアップしたいと考えている人の向けの講座を提供することかな?
(まだ釧路ではそうしたニーズを満たすようなところはないみたいだし。)

さて今月も頑張って乗り切ろう!\(-o-)/

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »