« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の3件の記事

2013年3月31日 (日)

寝込んでしまって気がつけば3月は終了・・・

気が付けば3月も本日で終了・・・。

(ある程度は予想はしていましたが、)3月に入ってから法人様からの問い合わせとご依頼が急増、加えて制作依頼の納品期限が近づいていたり、サポートご依頼の処理がたまってしまって焦っていたところ、3月中旬ぐらい頃から(発熱はないものの)頭痛とくしゃみ・鼻水といった典型的な風邪の初期症状が・・・

朝起きるとひどい倦怠感が襲ってきて、布団から体を起こすこともままならない。
(気合で乗り切ろうとするものの)どうにもこうにもやる気は出てこない・・・。

そんなわけで数日間寝込むことに・・・。
(お客様には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。<(_ _)>)


ちなみに寝込んでいる時、ふと幼少期にみていたテレビ番組の主題歌のフレーズが頭に中に・・・サビの部分しか思い出せない・・・。(体を起こすと頭痛が起こるのでパソコンは使えないため)寝込んだままスマホで「YouTube」にアクセスしたら・・・・ありました!『小さなスーパーマン ガンバロン』

とても・とても・とても古いですが (^_^;)、知っている人は知ってますよね。きっと。
(ご存知ない方はWikiでどうぞ。)

以下のフレーズが病んでいる私への応援歌になってくれました。

僕が~やらなきゃ~誰が~やる~!
僕が~行かなきゃ~誰が~やる~!

---中略---

男の子なら正しく強く~!

---中略---

僕が~やらなきゃ~誰が~やる~!
僕が~行かなきゃ~誰が~やる~!

東に呼んでいる人がいる~。西には待っている人がいる~。

---中略---

男の子なら正しく強く~!

Wikiによるとこの作曲は、あの「ミッキー吉野」さん とのこと。)


今は体調はすっかり良くなり、(相変わらずの貧乏ヒマなし状態ですが)やる気は結構みなぎってきました。

明日から4月。良いスタートを切るぞ!
(体調を崩さない程度に)ガンバレ自分!\(-o-)/

| | コメント (0)

2013年3月17日 (日)

「日経Linux 2012年8月号」、異常に高くね?

仕事柄コンピュータ関連の書籍をよく目を通すことが多いのですが、その中で愛読しているのが月刊誌の「日経Linux」。
(愛読しているといっても記載内容の半分近くはチンプンカンプンなのですが・・・(^_^;))

先日(2013/3/16)何気なくAmazonで古本めぐりをしている時に目に留まったのが「日経Linux 2012年8月号」。
といってもその書籍の内容にではなく・・・驚きプライスに・・・( ̄◆ ̄;)

Linux20128

定価に対して二桁近くも高額になっているコンピュータ書籍も珍しい?

(既に価格は変更になっているかもしれませんが)興味ある方は下のリンクをクリックして確認してみて下さい。

日経 Linux (リナックス) 2012年 08月号 [雑誌] Book
日経 Linux (リナックス) 2012年 08月号 [雑誌]
Amazonで確認する

出版社: 日経BP社
発売日: 2012/07/06

たしかに2012年8月号の特集記事、

  • 自分だけのOSを作る&改造する!
  • 格安ボード「Arduino」&Linuxサーバー&家電で遊ぶ!

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/MAG/20120705/407558/?ST=oss

などは親切な編集でかつ読み応えありましたけど、これほどプレミア付くほどの内容には思えないから、単なるシステム上の問題だとは思うけど・・・。


ちなみに・・・その「日経Linux 2012年8月号」ですが・・・

Linux_20128_1

Linux_20128_2

私・・・所持していたりします・・・(;´Д`A ```

| | コメント (1)

2013年3月 6日 (水)

3月に入っての「暴風雪」についてつれづれなるままに

3月に入って予想通り?法人さまからのお問い合わせと少々込み入った内容のご依頼が5件・・・少し忘却したいので今回も日常のたわいもないことを記載することにします。(^_^;)


3月に入ったというのに道東では月初からいきなりの雪。

3
2013/3/2(土)  早起きして雪かきが終わった8:00 撮影

3/2(土)の北海道では「暴風雪」により9人が亡くなったことは多くの方がご存知だと思いますが、中でも9歳の娘を守るようにして亡くなった方の事は(自分にも同じ9歳の娘がいることもあって)目に熱いものがこみ上げてきますsweat02


道東では3月の積雪はザラにあります。(時には4月に入っても)

以下は昨年(2012年)の3/15に愛犬「ニコ」との散歩中に急速に降り積もっていく雪の映像。(このブログの2012/3/17に関連記載あり。


極めつけ?は以下の写真と動画。これ4月1日です。4月・・・
このブログの2008/4/1に関連記載あり。

P

クリックして拡大して見て頂ければよりわかると思いますが、地吹雪で雪が舞い上がり庭が硝煙に巻かれたようにみえる。
2Fの窓の辺りにへばり付いている雪みれば風の強さが凄さを物語っているのがわかるかと・・・。

(極一部ですが)その地吹雪の様子を以下の動画でどうぞ。

この日は(娘が保育園の入園式の日だったので)いろんな意味で記憶に残っていますね。


ところで、サスペンス小説や映画で「暴風雨」や「暴風雪」により外界と遮断されてしまい(閉じ込められて)一種の密室環境が出来上がってその状況化で殺人事件が起こる・・・という設定は時々見聞きすると思います。

以下の書籍は道東の暴風雪によるミステリー小説。荒れ狂う「暴風雪」の描写がすごいようなので一度読んでみたい本の一冊。

暴雪圏 Book
暴雪圏
Amazonで確認する

出版社: 新潮社
発売日: 2009/02

雪中モノのサスペンス映画は多数ありますが、(自分が見た中で)パッと思い出せるのは以下の作品かな。

D-Tox [DVD] Book
D-Tox [DVD]
Amazonで確認する

発売元: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日: 2007/05/10
ホワイトアウト [DVD] Book
ホワイトアウト [DVD]
Amazonで確認する

発売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日: 2010/04/07

ともにAmazonでのカスタマーズレビューではイマイチですが、先入観なく(大きな期待せずに)見たこともあって自分的には想像以上に良作でした。


さて・・・仕事に取り掛かるとするか・・・今日も一歩ずつ進んで行こう。
ガンバレ自分。\(-o-)/

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »