« はじめてのモバイルプリンタ 「Officejet H470」 | トップページ | 「Raspberry Pi」についてあれこれ。 »

2013年6月26日 (水)

キングソフト & 「KB2839229」パッチに翻弄されたLong Long 2days

先日久しぶりに遭遇することになったブルースクリーン表示。

Bluescreen

結果的に原因と対処自体はたいしたことはなかったのですが、この対処の情報を見つけるまでの約2日間(2013/6/13(木)~6/14(金))、頭真っ白、目の前真っ暗になって大変苦しんだことについて長々と記載してみます。


今回の現象に遭遇するきっかけは、久しぶりにご連絡を頂いたMさんから以下の内容でのサポートからはじまる。

IEの画面が空白のページになって「インターネットオプション」のホームページを設定を何度変更しても「about:blank」に戻ってしまうんです。

Photo

Mさん宅にお伺いして私も行ってみましたが確かにうまくいかない。ハテ?(゜o゜)
(Mさん宅でそのパソコンを使って)ネット検索ができないので一端お預かりすることに。

職場に戻り、調べてみるとほどなくして"「キングソフト」を使っているとこうした現象が起こる"という情報にたどり着く。
(それを裏付けるかのようにMさんのパソコンにはキングソフトが入っている!)

で、見てみると「IEホームページ設定のロック」という項目を発見!(◎o◎)!

Photo_4

よくみるとホームページの箇所が「空白のページ」になっている。ここをYahooのアドレスに変更することで通常通りYahooが表示されるようになり解決終了。

となるはずだったのですが・・・これは後ほど味わう悪夢の序章にすぎませんでした。


お預かりしたパソコンの返却は、Mさんの仕事が休みの6/16(日)をご希望されていたので、その間の6/12(水)にあるWindowsの月例更新パッチを取り込んでおいたほうがいいかなと思い「MicrosoftUpdate」を実施。

このままご返却日までお預かりしたパソコンは起動せずにそっとしておくつもりでしたが、ほぼ同時期に「Adobe FlashPlayer」と「Adobe AIR」のセキュリティ更新がリリースされる情報を目にする。

いっしょにそれらもバージョンアップしておこうと思って電源を入れたところ・・・・Windowsが起動するやいなや、即落ちて再起動を繰り返す現象が発生!( ̄○ ̄;)!

何度か繰り返しているうちにブルースクリーン表示に!
以下はこの現象を撮影したもの。(約1分15秒頃から)Windowsが起動したかと思ったら落ちてブルースクリーン表示されます。

ブルースクリーン・・・ハードウェア障害か・・・( ̄○ ̄;)!

(起動時にNTローダーが普通に動作するので)メモリの故障の可能性は低いものの、まずは「Memtest86」を使ってメモリ診断チェックを実施。

Memtest

メモリに問題ない・・・となると・・・ハードディスク障害の可能性大?
まずい・・・今回バックアップはとっていない!・・・( ̄◆ ̄;)

焦る気持ちを抑えて、XPのセットアップCDで回復コンソールを使い恐る恐る「chkdsk」コマンドを実施すると・・・不良箇所が発見される・・・。

Photo

「バックアップができる時間だけでいいのでWindowsシステムの修復をしてくれ~!頼む!」と祈るような思いでしたが・・・無常にも「修復しました」のメッセージとは裏腹にパソコンを起動すると再起動を繰り返し、その後ブルースクリーン表示に・・・(T_T)

「あああ・・・初めてお客様のお預かりしたパソコン(のHDD?)を壊してしまったか・・・。」

しばし放心状態・・・_ノフ○ グッタリ

しばらくして気を取り直してMさんに謝罪するための、経緯と原因のレポートを記載している時に、瞳孔が全開になるような情報を目にする!(◎o◎)!

「KINGSOFT Internet Security」でWindowsが起動できなくなる不具合が発生

「お~そういうことだったのか!」と手順通りセーフモードで起動してセキュリティパッチ「KB2839229」を削除を実施。

Photo_3

再起動してみると無事にWindows起動! HDDの破損でなくてよかった~(;´▽`A``


ふ~と胸をなでおろしていたのですが、返却日の6/16(日)に一応ウイルススキャンチェックしてみると・・・トロイ(らしきもの)が3件ほど引っかかってくる・・・(-_-;)

Photo_2

「どうしてこうも苦労させられるだろう」・・・と半べそ状態になりながらも無事に解決。

(精神的に)ぐったり疲れた今回の件でしたが、今思えばご返却する前(Mさんがご利用する前)に「KB2839229」パッチ絡みの現象を解決できてよかったと思っています。(^^♪

もっともこれら一連のすったもんだした苦労についてMさんが知る由もないのですが・・・(^_^;)

|

« はじめてのモバイルプリンタ 「Officejet H470」 | トップページ | 「Raspberry Pi」についてあれこれ。 »

コメント

これプリウスですよね。プリウスDTの電源って24Vも生成する特殊電源で、熱により整流子・ヒューズ・MOSFETが簡単に壊れます。経年劣化の進み具合が比較的早く、故障しやすいです。自分は一度、ハンダコテで交換した経験がありますが、復活後も短命に終わる事が多いですね。お気をつけて。って余計なお世話ですが。

投稿: ㍉ | 2013年6月27日 (木) 12:28

㍉さんこんにちは。
プリウスって電源周り特殊なんですね。
お客様のPCは調べたら「Prius PCF-AW33P」という品番の製品でした。

そう言えば、結構前に納品した「Prius Deck570C 」もAC電源の発熱がものすごく数年後ダメになってしまったことがありました。
(このブログの2008/7/7に関連記載あり。)
http://p-pocket-pc.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_7ed0.html

投稿: P-ぽけっと | 2013年6月27日 (木) 12:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はじめてのモバイルプリンタ 「Officejet H470」 | トップページ | 「Raspberry Pi」についてあれこれ。 »