« お花見「ニコ」 in 2013 | トップページ | キングソフト & 「KB2839229」パッチに翻弄されたLong Long 2days »

2013年6月 8日 (土)

はじめてのモバイルプリンタ 「Officejet H470」

先月(2013年5月)のことですが久しぶりにプリンタを購入。

一般的なプリンタでは芸がない?ので、持ち運びが可能なモバイルプリンタをチョイス。

Officejet_h470

重さは、バッテリー装着時で2.27Kg (非装着時で2.1Kg)なので、片手持ち出来ると思います。(ちなみに大きさは、幅:約34cm×奥行:約16.5cm×高さ:約8cm)

専用バッテリーは背面に装着します。スライド式のつまみで簡単に脱着可能。

Officejet_h470_1

(貧乏人の私の場合、当然ながら新品購入ではなくAmazonで中古品ながらバッテリー付きで4,220円と(手数料240円)格安でGetです・・・(^_^;))

Photo

(2013/6/9現在、Amazonで中古品が3,980円で10台ほど在庫あるみたいです。)

HP Officejet コンパクト・モバイル A4インクジェットプリンタ H470 CE
HP Officejet コンパクト・モバイル A4インクジェットプリンタ H470
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2008/05/14

今回は、「Officejet H470」について長々と好き勝手に記載してみます。
(2008年の製品なので、今更感ありありですけども・・・(^_^;))


モバイルプリンタは文字通り(出張時や臨時会場など)一時的に利用する場所に持ち運んで使うことを想定したプリンタ。

私の場合は、出張パソコンサポート時に車内で書類をささっと作って印刷して"お客様にサポート終了時にその場で書類をお渡し。"といった利用法を想定して・・・

・・・・というのは後付の理由で、本当の購入動機はもっと単純。

(1Fが職場、2Fが自宅という環境において、)
2Fの自宅で夜な夜な仕事(らしき事)をすることが最近ちょこちょこと増えてきて、「これ、ちょっと印刷したいなぁ・・・」と思うことが多くなる。

(1Fの職場にある複合機は無線LAN対応なので、2Fのパソコンから印刷はもちろん可能なのですが、眠気の差してきている時に出力した印刷物を1Fに取りにいくのが年齢を重ねるとともに段々億劫になってきまして・・・(^_^;))

安価で小型のプリンタを探してたら、たまたまAmazonで「Officejet H470」が目に止まったというだけの話です。

今回の「Officejet H470」が中古で激安だったというもありますが、インクカートリッジが、職場で利用している複合機(「Officejet 7410」)と共通ということも大きな購入ポイントの1つ。

印刷機ごとにインクカートリッジの種類が異なると在庫の維持管理が結構面倒。何より共用品ならヤフオクでインクのまとめ買い入手でかなりコスト削減できますしね。

ヒューレット・パッカード HP 135プリントカートリッジ カラー
ヒューレット・パッカード HP 135プリントカートリッジ カラー
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2004/10/06
ヒューレット・パッカード HP 131プリントカートリッジ 黒
ヒューレット・パッカード HP 131プリントカートリッジ 黒
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2004/10/06

購入した品が到着して開封してみると(中古品ということもあって)、外観(特にカバー部分)には多数のスリ傷がある・・・。

「あらら・・・ハズレ引いちゃったかな・・・ε-( ̄ヘ ̄) 」と最初はへこみましたが、気を取り直してプリンタ内部を確認して見てみると、かなりキレイなコンディション。(◎o◎)!

Officejet_h470_2

Officejet_h470_3

実際に印刷してみたところ動作も良好!気持ちを持ち直しました・・・(^_^;)


ヒューレットパッカード社は自社製品のLinux対応を積極的に行っていることでも有名。(このブログの2010/1/3に関連記載あり。

Linux向けにプリンタ/複合機の様々な調整やステータス情報の取得可能なユーティリティーソフト「HPLIP Toolbox」を提供しています。
インク残量の確認はもちろん、バッテリー残量も表示可能。

Hpliptoolbox

デスクトップLinux(UbuntuやMintなど)を結構利用している私としては、Linuxパソコンから気軽に使えるユーティリティソフトがあるのはありがたいと感じてます。
(日本語ローカライズされていれば最高なんですけど、まぁ英語表記でもアイコンマークなどから概ね理解ができると思います。)


「Officejet H470」のワイヤレス通信用 純正品アクセサリーとして、

  • USB 無線LANアダプタ と
  • USB Bluetoothアダプタ 「bt500」

があるのですが、純正品は入手できない(ような)ので、他メーカーのUSB無線LANアダプタを(5種類ほど)試してみましたが、どれも動作せず・・・(T_T)
(純正品のUSB無線LANアダプタのチップセット情報がわかれば同じチップセットを搭載した製品を入手して試せるのですが・・・残念。)

Bluetoothに関しては以前(このブログの2011/2/14に関連記載あり。)に純正品でなくも動作したので、試してみると今回も問題なく動作OK。 (^^♪

以下は背面にあるUSBポートに取り付けたところ。

Btmicroedr2

PLANEX Bluetooth ver2.1+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class2/10m) BTMICROEDR2XZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] CE

ただ「Bluetooth 2.0」なのでデータ転送速度は無線LANと比べてとても遅いのが玉に瑕・・・(T_T)

以下は、Bluetoothアダプタ & モバイルバッテリー装着での完全ケーブルレス状態でテストページ印刷を行ったデモ動画。
(Bluetooth経由なので印刷ボタンを押してもデータ転送が遅く、中々印刷が開始されないこと注目。)


(印刷だけでなくコピーやスキャンもできる)モバイル複合機ってのは、さすがにないだろうなぁと思っていたら・・・存在していた!( ̄○ ̄;)!

このブログを見ている方の多くはご存知だと思いますが、
ヒューレットパッカード社が昨年(2012年)11月下旬に世界初のモバイル複合機 「Officejet 150Mobile AiO」をリリース!

HP Officejet 150 Mobile AiO モバイル 複合機 4色 / 6色(オプション)交換式 バッテリ駆動対応 CN550A#ABJ CE
HP Officejet 150 Mobile AiO モバイル 複合機 4色 / 6色(オプション)交換式 バッテリ駆動対応 CN550A#ABJ
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2012/11/22

参考になった「Officejet 150Mobile AiO」の主なレビューサイト

お~これはすごい!( ̄◆ ̄;)

今時の製品だけあってスマホ/タブレットには当然?対応している。
これはGetしたい・・・・ただし価格がこなれてきたらね。
(でも貧乏人の私の場合、いつの日になるのやら・・・5年後ぐらいかな・・・(^_^;))

|

« お花見「ニコ」 in 2013 | トップページ | キングソフト & 「KB2839229」パッチに翻弄されたLong Long 2days »

コメント

 純正インク使用派でいらっしゃるみたいですね。私は会社使用なので、本体投げ捨てを前提で大量の互換インク使用をしています。6710CDW+ビッグタンクと5750C+アップルトナーです。異常なほど大量に印刷するのでこのシステムですね。1年くらいもてば、純正インク代相当分は回収済みなので消耗品扱いですね。NECはリコーがOEMですので信用しています。

投稿: ㍉ | 2013年6月27日 (木) 12:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お花見「ニコ」 in 2013 | トップページ | キングソフト & 「KB2839229」パッチに翻弄されたLong Long 2days »