« 2013年秋、富山の実家帰省その2 | トップページ | 早くもGetなるか?価格急落のモバイル複合機「Officejet 150Mobile AiO」 »

2013年10月14日 (月)

新登場の「Amazonベーシック」の充電式電池だけを買うはずが・・・

私の周りには乾電池を使う機器が結構あるほうだと思います。例えば、

  • パソコン用のワイヤレスマウスが3つ、
  • ワイヤレスキーボードが3つ、
  • ゲーム機Wiiのコントローラーが2つ、
  • (ヤフオク出品時に多用している)デジタル秤(はかり)が1つ、
  • その他日用品がもろもろ。

今時なら乾電池はどこでも安価に購入できる時代ですが、消耗するごとに捨ててしまうのはちょっと気分的に後ろめたさを感じることもあって、「エネループ」に代表される充電可能なニッケル水素電池を使用しています。

中でも(寒くなるこれからの季節に重宝する)充電式カイロには充電式電池が必須。

SANYO エネループカイロ(両面発熱型) 充電式カイロ シルバー KIR-SL2S(S)
SANYO エネループカイロ(両面発熱型) 充電式カイロ シルバー KIR-SL2S(S)
Amazonで確認する

メーカー: 三洋電機
発売日: 2009/09/01

でも追加で購入するにはやっぱりちょっと高い・・・と感じていたところに、毎度御用達のAmazonから先月(2013/9/11)、以下の充電式ニッケル水素電池がリリースされているのを発見!\(◎o◎)/!

Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単4形4個パック (最小容量750mAh、約1000回使用可能)
Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単3形4個パック (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)

1本単価が175円~200円! もちろん送料無料!
(エネループだとネット購入につきものである送料を含めると結局安くても1本単価が230円ぐらいになってしまう。)

リーフのマークが爽やか。SANYO時代のエネループ充電器をそのまま利用可能。

Amazon_basic

充電回数の上限が1,000回というのはエネループ等と比べると少ないものの、1000回も充電できれば十分エコかと。

ちなみに「Amazon basic」というのは定番品に属するものを中心にAmazonがプライベートブランドとして格安提供する製品。例えばSDカードなどは良く売れていて人気高いみたい。

Amazonベーシック SDHCカード 32GB class10 CE
Amazonベーシック SDHCカード 32GB class10
Amazonで確認する

メーカー: AmazonBasics

ところで・・・気が付いたらこちらも購入していました・・・(^_^;)

【Amazon.co.jp限定】 リボルテック ダンボー・ミニ Amazon.co.jpボックスver (リボコンテナ入り/ダンボールカラー) Book

「えっ?なんで?」と思うでしょうから解説すると、

  1. 電池関連商品を見ているうちに、いつしかバッテリー関連商品がページ内に紛れ込み、

  2. バッテリー商品の1つをクリックすると以下の商品が現れて目に留まる。

  3. cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version マルチデバイス対応モバイルバッテリー CE
  4. 「ん?何これ?」と思ってクリックすると「リアルテック ダンボー」関連商品が続々登場して、

  5. 「リボルテック ダンボー・ミニ Amazon.co.jpボックスver」に行き着く・・・あらら (^_^;)

電池を購入するだけのはずが、気が付けばホビーまでポチッてしまうとは・・・Amazon恐るべし・・・(;;;´Д`)ゝ

|

« 2013年秋、富山の実家帰省その2 | トップページ | 早くもGetなるか?価格急落のモバイル複合機「Officejet 150Mobile AiO」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2013年秋、富山の実家帰省その2 | トップページ | 早くもGetなるか?価格急落のモバイル複合機「Officejet 150Mobile AiO」 »