« 来る2014年 | トップページ | 釧路に移り住んでちょうど10年 »

2014年1月 2日 (木)

2013年を振り返る その1

2014年に入って間もないこの時期、本来なら(過去を振り返らずに)今年一年の抱負とか未来について理想を交えて記載するのが前向きな感じがしていいかと思いますよね。

でも、あえて(ちょっとだけ時間的な余裕のあるこの時期に)昨年のことについて振り返ってみたり、記載したかったけどできなかったことについて数回にわけて記載してみようと思いました。

で、その1が「Amazonアフィリエイト」について。
以下が2013年の「Amazonアフィリエイト」の紹介料金の集計結果。

Photo

7万3,880円也。(ご利用頂きました皆様ありがとうございました。<(_ _)>)

月平均にすると6,156円とお小遣い程度の金額。

貧乏人の私にとっては、「たかが6,156円されど6,156円」。ましてこの好き勝手ブログから収入を頂けること自体、なんとも"ありがたき仕組み"と思っています。


「Amazonアフィリエイト」を一度も行ったことがない方に案外誤解されているのが、「紹介」の成立について。

「Amazonアフィリエイト」は成果報酬タイプではあるものの、「紹介」が成立するのは、閲覧者がブログ等を通じて「紹介」した商品(を含めた)購入だけではなく、アフィリエイトリンク経由のお買い物なら基本的にどんな商品であっても(製品カテゴリーによってパーセンテージは異なるものの)「紹介」が成立!という案外ゆるい目?のシステムになっています。(このブログの2014/11/7に関連記載あり。

ただし閲覧者がアフィリエイトリンクのクリックから"24時間以内にご購入したもの"という制限がつきますが・・・。

そんなわけで、(たとえブログの更新頻度がそんなに多くなくても)Amazonへ強く誘導できる記事があれば「紹介」成立の可能性は十分あります。


この仕組みに気づいたのは割と最近のことで、私は(コンピュータシステムやネットワークについては一般の方よりは多少知識はあるものの、)この手のネットサービスの活用方法については、まるっきし疎く、遅れているほうです。(^_^;)

コンピュータやITに詳しくない方よりむしろ、「ネットでお金儲け!」とギラついている人の方が(どっから情報探してくるんだかわかりませんが、)その手のツールを関心するほどうまく活用してよっぽど進んでいたりします。

典型例は、旬のニュースやネタを丸々ベタ張りの「まとめサイト」。

お世辞にも情報がうまく整理されているとは言いがたい「まとめサイト」ってなんで存在してんだろうって?思った方は少なからずいると思いますが、それは結局(閲覧者からの広告クリックだったり成果報酬アフィリエイトだったり)なんらかの報酬が見込まれるからです。


このブログで、割と引きの強いと思われる記事は、無線LAN(特に「DD-WRT」やUSBデバイスサーバ)関連だったり、今時ならXP移行に伴うデスクトップLinux関連だったりかな?

「それ黙っていた方が良いのでは?」と思われるかもしれませんが、アフィリエイトのために日々ブログへ記載しているわけではないのでして・・・。
(そんなことをしていたらストレス溜まるだけで、自由にブログなんてとても記載できない。)

私の場合、ブログに求めているのは(他人に意図的に迷惑をかけないことを前提とした)好き勝手感。つまり自由と息抜きを兼ねた自己満足です。(^_^;)

そんな自己満足全開のなんちゃってブログですが、今年も皆様よろしくです。(^^ゞ

|

« 来る2014年 | トップページ | 釧路に移り住んでちょうど10年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来る2014年 | トップページ | 釧路に移り住んでちょうど10年 »