Bluetooth関連

2013年6月 8日 (土)

はじめてのモバイルプリンタ 「Officejet H470」

先月(2013年5月)のことですが久しぶりにプリンタを購入。

一般的なプリンタでは芸がない?ので、持ち運びが可能なモバイルプリンタをチョイス。

Officejet_h470

重さは、バッテリー装着時で2.27Kg (非装着時で2.1Kg)なので、片手持ち出来ると思います。(ちなみに大きさは、幅:約34cm×奥行:約16.5cm×高さ:約8cm)

専用バッテリーは背面に装着します。スライド式のつまみで簡単に脱着可能。

Officejet_h470_1

(貧乏人の私の場合、当然ながら新品購入ではなくAmazonで中古品ながらバッテリー付きで4,220円と(手数料240円)格安でGetです・・・(^_^;))

Photo

(2013/6/9現在、Amazonで中古品が3,980円で10台ほど在庫あるみたいです。)

HP Officejet コンパクト・モバイル A4インクジェットプリンタ H470 CE
HP Officejet コンパクト・モバイル A4インクジェットプリンタ H470
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2008/05/14

今回は、「Officejet H470」について長々と好き勝手に記載してみます。
(2008年の製品なので、今更感ありありですけども・・・(^_^;))


モバイルプリンタは文字通り(出張時や臨時会場など)一時的に利用する場所に持ち運んで使うことを想定したプリンタ。

私の場合は、出張パソコンサポート時に車内で書類をささっと作って印刷して"お客様にサポート終了時にその場で書類をお渡し。"といった利用法を想定して・・・

・・・・というのは後付の理由で、本当の購入動機はもっと単純。

(1Fが職場、2Fが自宅という環境において、)
2Fの自宅で夜な夜な仕事(らしき事)をすることが最近ちょこちょこと増えてきて、「これ、ちょっと印刷したいなぁ・・・」と思うことが多くなる。

(1Fの職場にある複合機は無線LAN対応なので、2Fのパソコンから印刷はもちろん可能なのですが、眠気の差してきている時に出力した印刷物を1Fに取りにいくのが年齢を重ねるとともに段々億劫になってきまして・・・(^_^;))

安価で小型のプリンタを探してたら、たまたまAmazonで「Officejet H470」が目に止まったというだけの話です。

今回の「Officejet H470」が中古で激安だったというもありますが、インクカートリッジが、職場で利用している複合機(「Officejet 7410」)と共通ということも大きな購入ポイントの1つ。

印刷機ごとにインクカートリッジの種類が異なると在庫の維持管理が結構面倒。何より共用品ならヤフオクでインクのまとめ買い入手でかなりコスト削減できますしね。

ヒューレット・パッカード HP 135プリントカートリッジ カラー
ヒューレット・パッカード HP 135プリントカートリッジ カラー
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2004/10/06
ヒューレット・パッカード HP 131プリントカートリッジ 黒
ヒューレット・パッカード HP 131プリントカートリッジ 黒
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2004/10/06

購入した品が到着して開封してみると(中古品ということもあって)、外観(特にカバー部分)には多数のスリ傷がある・・・。

「あらら・・・ハズレ引いちゃったかな・・・ε-( ̄ヘ ̄) 」と最初はへこみましたが、気を取り直してプリンタ内部を確認して見てみると、かなりキレイなコンディション。(◎o◎)!

Officejet_h470_2

Officejet_h470_3

実際に印刷してみたところ動作も良好!気持ちを持ち直しました・・・(^_^;)


ヒューレットパッカード社は自社製品のLinux対応を積極的に行っていることでも有名。(このブログの2010/1/3に関連記載あり。

Linux向けにプリンタ/複合機の様々な調整やステータス情報の取得可能なユーティリティーソフト「HPLIP Toolbox」を提供しています。
インク残量の確認はもちろん、バッテリー残量も表示可能。

Hpliptoolbox

デスクトップLinux(UbuntuやMintなど)を結構利用している私としては、Linuxパソコンから気軽に使えるユーティリティソフトがあるのはありがたいと感じてます。
(日本語ローカライズされていれば最高なんですけど、まぁ英語表記でもアイコンマークなどから概ね理解ができると思います。)


「Officejet H470」のワイヤレス通信用 純正品アクセサリーとして、

  • USB 無線LANアダプタ と
  • USB Bluetoothアダプタ 「bt500」

があるのですが、純正品は入手できない(ような)ので、他メーカーのUSB無線LANアダプタを(5種類ほど)試してみましたが、どれも動作せず・・・(T_T)
(純正品のUSB無線LANアダプタのチップセット情報がわかれば同じチップセットを搭載した製品を入手して試せるのですが・・・残念。)

Bluetoothに関しては以前(このブログの2011/2/14に関連記載あり。)に純正品でなくも動作したので、試してみると今回も問題なく動作OK。 (^^♪

以下は背面にあるUSBポートに取り付けたところ。

Btmicroedr2

PLANEX Bluetooth ver2.1+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class2/10m) BTMICROEDR2XZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] CE

ただ「Bluetooth 2.0」なのでデータ転送速度は無線LANと比べてとても遅いのが玉に瑕・・・(T_T)

以下は、Bluetoothアダプタ & モバイルバッテリー装着での完全ケーブルレス状態でテストページ印刷を行ったデモ動画。
(Bluetooth経由なので印刷ボタンを押してもデータ転送が遅く、中々印刷が開始されないこと注目。)


(印刷だけでなくコピーやスキャンもできる)モバイル複合機ってのは、さすがにないだろうなぁと思っていたら・・・存在していた!( ̄○ ̄;)!

このブログを見ている方の多くはご存知だと思いますが、
ヒューレットパッカード社が昨年(2012年)11月下旬に世界初のモバイル複合機 「Officejet 150Mobile AiO」をリリース!

HP Officejet 150 Mobile AiO モバイル 複合機 4色 / 6色(オプション)交換式 バッテリ駆動対応 CN550A#ABJ CE
HP Officejet 150 Mobile AiO モバイル 複合機 4色 / 6色(オプション)交換式 バッテリ駆動対応 CN550A#ABJ
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2012/11/22

参考になった「Officejet 150Mobile AiO」の主なレビューサイト

お~これはすごい!( ̄◆ ̄;)

今時の製品だけあってスマホ/タブレットには当然?対応している。
これはGetしたい・・・・ただし価格がこなれてきたらね。
(でも貧乏人の私の場合、いつの日になるのやら・・・5年後ぐらいかな・・・(^_^;))

| | コメント (1)

2012年4月14日 (土)

忙しい反動で意味もなく衝動買い!?

4月入ると世の中が動きが活発になり、その動きと連動して仕事依頼も増えてくるので少々忙しくなってくるのは毎年のことなのですが、今年はその忙しくなる時期のちょっと前にカゼにかかってしまう。(*_*)

もう回復しつつあったころから(予想していたものの)問い合わせやサポートご依頼が連日続くことに・・・。病み上がりの体には(体よりむしろ頭がフラフラで)きつかったのですが、どうにかこうにか乗り切ることができました。

が・・・その反動?なのかどうにも物欲が止まらなくなってしまう・・・(;´Д`A ```

で(衝動買いしてしまったモノの1つが)以下のBluetoothヘッドセットについてちょこっと記載してみることに。

Ghbhhsnbr

グリーンハウス Bluetoothネックバンド型ステレオヘッドセット ブラウン GH-BHHSNBR CE
グリーンハウス Bluetoothネックバンド型ステレオヘッドセット ブラウン GH-BHHSNBR
Amazonで確認する

メーカー: グリーンハウス
発売日: 2011/12/19

毎度チェックしているNTT-Xストアにて会員クーポンを利用することで(実質)1,780円!

Bluetooth

スマホの急速な普及に伴い従来からある無線LANやBluetoothといったパソコン向けのワイヤレス機器は市場が拡大。ずいぶんと種類も増え、価格もよりお手頃になった今日ですが、それでもこの手の製品の中でもかなり安い部類。

このブログでもう結構前(2008/12/22)になるのですが、ロジテックのBluetoothヘッドセット「LBT-HP110C2BK」を購入した時の記載があるのですが、その時で6,500円ほどでヤフオクにて入手して「安っす!」って喜んでいたのですが、これだけ低価格になった今にしてみれば、ずいぶんと滑稽に思えてきます。(^_^;)


で、格安購入したものの・・・今のところBluetoothヘッドセットを使う必要には全く迫られていない。(^_^;) さてどうしたもんだか・・・とりあえずスマホとBluetooth搭載のノートPC(ネットブックとUbuntuPC)が2台あるのでペアリングだけはしておくとしよう。

4月上旬のカゼから回復したと思ったらまったく何してんだか・・・でもこうした愚かなところを含めて自分ってもんが成り立っているだよね。 またがんばろうな自分。(^^ゞ

-----4/16追記-----

もう少しでポチるところだった…それにしても…な…なんだこのうそみたいなプライスは…( ̄◆ ̄;)

Photo

| | コメント (0)

2011年2月14日 (月)

Bluetoothワイヤレス印刷もあるじゃないか!

前回記載した、

の続きです。

HP複合機「Photosmart B209A」のセットアップ時に様々な問題が発生し、結局 ワイヤレス印刷は諦めかけていたのですが、(無線LANがダメでも)Bluetoothワイヤレス印刷ができる可能性が残されていることに気づく。\(◎o◎)/!

HP Photosmart 無線・大型タッチスクリーン搭載 黒顔料・4色独立インク A4インクジェット複合機 B209A CE
HP Photosmart 無線・大型タッチスクリーン搭載 黒顔料・4色独立インク A4インクジェット複合機 B209A
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2009/10/16

今回の激安複合機「Photosmart B209A」が正式サポートしているBluetooth USBアダプタは、HP純正の「bt500」。

Bt500

「bt500」は持っていないので、使っていなかったBluetooth USBアダプタ(このブログの2008/12/8に関連記載あり。)があったので、試してみることに。

Bluetoothusb

結果はすんなりOK!
Bluetoothの通信は標準規格化されているので、純正品のBluetoothUSBアダプタでなくも動作すると思っていました。
ただ設定やトラブルなどは純正品でないとサポート窓口では受け付けてくれない(ケースが多いよう)です。

そんなわけで(例によってブレブレですが)のデモ動画をUPしておきます。

撮影の関係上扉を開けていますが、(家庭用の扉1つぐらいなら)閉めた状態でも通信可能です。

(ペアリングに成功するとBluetooth印刷用の仮想シリアルポート(ここではCOM5)が作られる。)

Bluetooth

理論上は無線LAN(11gで最大54Mbps)に比べてBluetoothは通信速度(Ver2で2Mbps)が大幅に遅いのですが、実際にプリントしてみたところ数ページほどのテキスト中心のドキュメントなら、さほど遅さは気にならないですね。
(逆にファイルサイズが数メガで高解像度の画像の場合は、通信速度の差がハッキリ出ると思います。)

またBluetoothは双行方通信ができないので、インク残量などのステータスは表示できません

そうしたことをさし引いても、じゃまな配線から解放されるので、Bluetoothに対応しているプリンタ・複合機をお持ちの方は、試してみる価値はあるとかと。

Bluetooth USBアダプタは各メーカーから出ていますが、個人的には以下の製品がお奨めです。

PLANEX Bluetooth Ver3.0+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class1/100m) BT-Micro3E1XZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] CE
  • 新規格のBluetooth Ver3.0対応 (下位互換でVer2.0も対応)、
  • Class1対応 (Class2の最大10mよりは通信が安定)、
  • 1,000円前後と安価 (純正の「bt500」は4,200円はちと高い…)、
  • 非常に小型 (純正の「bt500」はちと大きい…)

などなど。

Bluetoothはルータを介しない1対1の通信(無線LANでいうところのアドホック通信)ですが、
無線LANでも「Wifi Direct(ワイファイ ダイレクト)」という規格が策定が進んでいるみたい。
しかも(ハードウェアの構成を変更することなく、)既存の無線LAN機器でも使えるようなので、大幅な追加投資も必要ないみたい。

そうなればBluetoothの弱点である通信の遅さも解決しそう。(゜o゜)

まぁ色々すったもんだあったけど、3,860円の複合機が高コストパフォーマンスなのは確か。サブ機だけど大事に使っていこう。(^^♪

| | コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

プリンタ・複合機を3,860円でGet!

P-ぽけっとには、サブ複合機として約4年間(2006/12/9導入)使用している以下の複合機があるのですが・・・。

BROTHER 薄型デジタル複合機 MyMio(マイミーオ) DCP-750CN CE
BROTHER 薄型デジタル複合機 MyMio(マイミーオ) DCP-750CN
Amazonで確認する

メーカー: ブラザー工業
発売日: 2006/09/27

先月末(2011年1月末)に以下のようなエラー表示が・・・(-_-;)

Photo

クリーニングが出来ない状態。
(インクヘッドかインクパイプ部分にインクが凝固してしまったと思われます。)
自分でバラして問題箇所部品を交換する作業自体は、さほど難しくないと思うのですが、パソコンのように部品調達が簡単にはできないのでどうしようもない…。

ハイエンド多機能複合機でないなら修理に出すよりも、新しく購入したほうが安いこのご時勢。(個人的には、こういう考え方はあまり好きではないのですが・・・。)
最近はエントリー機でもあっても、そこそこ性能がよかったりしますし。

そんなわけで、「特価品でいいのでサブ用複合機を購入しなくては・・・」と思っていたところ、たまたま立ち寄った近隣の電気量販店で、プリンタ複合機コーナーに足を運んでみると・・・
目立たない店舗奥のスポットに、ひっそりとたたずむ製品を発見!(◎o◎)!

Photo_2

ヒューレットパッカード社の「Photosmart B209A」
それはまるで、「君のような貧乏人を待っていたんだよ!」と訴えかけているかのよう(苦笑)。

Photosmart_b209a

「桁を見間違えた?」と錯覚するような表示価格に唖然・・・(@_@;)
しかもケーズデンキは表示価格からさらに3%OFFなので、3,860円也!
4色セットのインク代金(Amazonで約3,500円前後)とほとんど変わらない…(-_-;)

ヒューレット・パッカード  HP178 4色マルチパック CR281AA
ヒューレット・パッカード HP178 4色マルチパック CR281AA
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2010/11/01

このありえない価格を目の前しちゃったら、プリンタ複合機選びのポイントである、

  • プリント速度、
  • 画質、
  • インクのランニングコスト

云々といったことは、すべて脳裏から吹き飛び、消え去っていました。(^_^;)

だってこの複合機は、この価格で私が嫌いなUSB2.0だけでなく、Bluetooth(2.1)、無線LAN(11b/g)といったワイヤレス通信に対応しているから。
(ケーブル配線が大嫌いな私には、ワイヤレス対応か否かは重要な項目。)

HP Photosmart 無線・大型タッチスクリーン搭載 黒顔料・4色独立インク A4インクジェット複合機 B209A CE
HP Photosmart 無線・大型タッチスクリーン搭載 黒顔料・4色独立インク A4インクジェット複合機 B209A
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2009/10/16

展示品でしたが、

  • これといった目立つ汚れ、傷はなく、
    (もちろんインクカートリッジや電源コードは未開封・未使用。)
  • メーカー保障は購入日から1年間、
  • 元箱も含めて付属品はすべてあり。

Photo_3

十分納得のいく状態にウキウキ。o(*^▽^*)o

そう、この時までは・・・愚かにもこの製品固有の特性に、後ほど散々打ちのめされることが待ち受けているとも知らずに・・・続きは

にあります。よければどうぞ。(^_^;)

| | コメント (0)

2010年1月 4日 (月)

Bluetoothでサウンドをとばせ!by Linux

またまたLinuxでのハードウェア動作検証ネタ。今回はBluetoothを使ったワイヤレスサウンドの動作確認。
(こんな暇なことは、正月休み中しかできないですからね。(^_^;))

予想はしていたけど、やはりWindowsの時と違ってドライバーCDいらずで、USBポートに指すだけで動作OK。

使用したBluetooth機器として、

  • プラネックスのBluetooth USBアダプタ、「BT-MicroEDR2」。
    このブログの2008/12/22にも登場。
  • 同じくプラネックスのBluetoothレシーバー(受信機)、「BT-01R」。
    (既に生産終了品。)

Bt01r

Bluetooth

「BT-MicroEDR2」の動作認識は問題ないと思っていたのですが、「BT-01R」とのペアリングがうまくいくか確認しておきたいことの1つでした。
というのも、今回のプロファイルはオーディオで利用するA2DP
ヘッドセットなどで使われているHSPHFP汎用的?なプロファイルとは違うので、果たしてどうか?と。
(多数あるBluetoothの各種プロファイルはプリンストンテクノロジーのサイトの説明がわかりやすいです。)

で、結果はOK。(当然といえば当然かもしれませんが・・・。)

A2dp

が、しかし・・・
ペアリングしたものの、ステレオから音がまったく出ない・・・(-_-;)
しばし時間が流れ・・・サウンドの出力設定を変更しなくてはならないことに気づく。

Photo

自分で記載していてもわかりにくい文面なので、YouTubeの動画を(ちょ~お古の)ステレオにワイヤレスで音声出力しているものを撮影してみました。
(映像とズレることなくステレオから音声出力されているのが、ステレオのイコライザーの変動でわかってもらえるといいのですが・・・。)

下は言わずと知れた映画「炎のランナー」の音楽

こちらもちょ~メジャーな映画「地獄の黙示録」の第一騎兵師団の奇襲シーン

もちろん音楽CDや映画DVDの再生時の音声もこれでオーディオ出力可能になります。

パソコンでわざわざこんなことする?となるとまぁ少数派だと思うのですが、
音楽をかけっぱなしの環境(たとえばショップや美容室、サロンなど)には、うってつけのような気がしますね。
メディアプレイヤーソフトで簡単に複数の再生プレイリストを作成できるから、その日の気分などで選曲順を即チェンジできる。
PCによる音楽管理のメリットが享受できると思うのですが、どうだろ?

| | コメント (0)

2009年11月14日 (土)

「PTM-TA1」の製品モニターに当選2!

依頼業務がなぜか集中し、ブログを記載する気力がまったくなかった今週。(+_+)

ようやく落ち着いてきたので、製品モニターに当選した「PTM-TA1」を利用してみたことについて記載。(このブログの2009/11/5に関連記載あり。)

まず最初に述べることとしては、残念ながらP-ぽけっとの環境では利用できないんですね。
P-ぽけっと では家庭向けの電話ではなく、ビジネスフォン(超小規模向けのIPPBXを導入。)を導入しているため。
もっともこれは最初からわかっていたことで、P-ぽけっとのスタッフ宅での利用を考えていました。

で、実際にしてみたところ、これが思っていた以上によかった。

  • 設定&設置が簡単。
    「PTM-TA1」とヘッドセットにペアリングする作業が必要なのですが、無線LANに比べて非常に簡単。それ以外はこれと言って設定することもないので、どなたでも導入はできると思う。
  • 通話が思ったよりクリア
    Bluetooth通信は(無線LANに比べ)帯域が細いなので過度な期待はしていなかったのですが、実験環境では電話機から2部屋ほどなら問題なし。
    (ただ、別の部屋に入るなど壁を隔てる環境では予想はしていたけど通話は途切れてしまう。)
    より高速で大容量のデータ転送可能なBluetooth 3.0(2009年4月に仕様が発表になった)対応の製品が安価でリリースされたらプチヒットになるかも?

実はプリンストンテクノロジーの製品の利用は今回が初めてなのですが、中々面白い製品多い。
例えば、現在(多分)唯一のワイヤレス通信可能なペンタブレット「PTB-W1」は、実勢1万円程度。
(昔 ワコムからBluetooth対応のワイヤレスタブレット「CTE-630BT/T」という製品があったけど、既に生産中止。しかも価格は実勢価格で18,000円)

プリンストンテクノロジー ワイヤレスタブレット PTB-W1 CE
プリンストンテクノロジー ワイヤレスタブレット PTB-W1
Amazonで確認する

メーカー: プリンストンテクノロジー
発売日: 2008/04/30

今では定番商品になったデジタルフォトフレームも赤外線通信対応のものとなるとグッと数が少ないけど同社からは、以下の手頃な製品がリリースされている。

プリンストンテクノロジー 赤外線通信対応 3.5インチデジタルフォトフレーム (グリーン) PPF-35IRG CE
プリンストンテクノロジー 赤外線通信対応 3.5インチデジタルフォトフレーム (グリーン) PPF-35IRG
Amazonで確認する

メーカー: プリンストンテクノロジー
発売日: 2009/10/30

仕事柄?購入したいワイヤレスデジタル機器はいっぱいありますが、その多くが諦めがつくような価格帯。
しかしプリンストンテクノロジーの製品価格は、買えてしまいそうな微妙な価格帯が多い・・・貧乏人の味方(いや貧乏人泣かせ?)なメーカーです・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2009年11月 5日 (木)

「PTM-TA1」の製品モニターに当選!

以前プリンストンテクノロジーの製品モニター募集に外れたことを記載(このブログの2009/9/23のエントリー。)したことがあるのですが、
めげずに第2弾の製品モニターに応募してみたところ・・・当選!\(◎o◎)/!

Photo

当選したモニター製品は「PTM-TA1」と「PTM-BEM3BU」のセット。

プリンストンテクノロジー 家庭用電話向けBluetoothアダプター PTM-TA1 CE
プリンストンテクノロジー 家庭用電話向けBluetoothアダプター PTM-TA1
Amazonで確認する

メーカー: プリンストンテクノロジー
発売日: 2009/09/20
プリンストンテクノロジー Bluetooth対応コードレスハンズフリーイヤフォン (ブルー) PTM-BEM3BU CE
プリンストンテクノロジー Bluetooth対応コードレスハンズフリーイヤフォン (ブルー) PTM-BEM3BU
Amazonで確認する

メーカー: プリンストンテクノロジー
発売日: 2007/06/30

で、この製品は何なの?というと、家庭用電話機とつないで、ヘッドセットでのワイヤレス通話でハンズフリーを実現してくれる製品です。

Ptmta1_2

ハンズフリーって、
「携帯電話とBluetoothヘッドセット」という組み合わせや、
「パソコン(スカイプなど)とBluetoohヘッドセット」というのはよくあるのですが、
家庭用電話機とBluetoothヘッドセット」ってありそうでなかった気がするんですよね。

(昔そうした製品を探してみたことがあって、プラントロニクス社の「Voyager 510SL」という製品を見つけたことがあるのですが、希望小売価格が44,100円・・・The End。)

まず最初に「PTM-TA1」を手にとって感じたのが、コンパクトなこと。想像していたよりずっと小さい。手のひらサイズです。

Ptmta1

部屋をまたいでも通話できるのが理想なのですが、Bluetooth(Ver2.0)は無線LANよりも通信帯域が狭いので、壁などの遮蔽物があると厳しいかな?
とりあえずワンルームで移動しながらも通話が途切れずクリアーな音声か否かがチェックポイント?
(ちなみに、「PTM-TA1」はClass1で最大通信距離100メートル、Bluetoothヘッドセットの「PTM-BEM3BU」はClass2なので最大通信距離10メートル。)

まだ使用していないので、近日中に使用感を記載予定です。(^^♪

| | コメント (0)

2009年1月14日 (水)

Bluetoothと無線イーサネットコンバーターでツインワイヤレスプリント

今回は昨年末(2008/12/26)のサポート依頼の話でちょい古のネタですが、ちょっとイレギュラーな設定環境だったので記載してみます。

ご依頼者はいつもお世話になっているNさん。
Nさん最近、住まいを移転して1Fが職場、2Fが自宅という環境になったんですね。
それに伴い、1Fと2FにあるノートPCそれぞれワイヤレス印刷は出来ない?というご相談。
(この話の前座として、このブログの2007/9/15に記載あり。)

Nさんが使用している複合機は、HP 「Officejet Pro L7580」。設置場所は職場の1F。

HP ビジネス複合機 Officejet Pro L7580 CE
HP ビジネス複合機 Officejet Pro L7580
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2007/04/16

Photo_2

この複合機はEthernet端子を搭載したネットワーク対応機なので、無線イーサネットコンバーターを使えば、(既存の無線LAN環境に接続して、)複数台のパソコンからワイヤレスプリントが簡単に実現できます。

PLANEX 手のひらサイズ 無線LANポケットルータ (ルータ/AP/コンバータ) GW-MF54G2 CE
PLANEX 手のひらサイズ 無線LANポケットルータ (ルータ/AP/コンバータ) GW-MF54G2
Amazonで確認する

メーカー: プラネックス
発売日: 2008/01/10

BUFFALO WLI-TX4-G54HP CE
BUFFALO WLI-TX4-G54HP
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2005/09/10

しかし・・・今回ワザワザ、Bluetoothワイヤレスプリント環境も設定するかというと、ネット接続していないスタンドアロンのパソコンもワイヤレスプリントを行いたいというオーダーも含まれていたため。
こうした環境の設定は、中々珍しいなぁ~。(◎o◎)

Nさんの場合、1FのPCからBluetooth印刷、2FのPCから無線LANからの印刷を同時に行うことはないので問題ないのですが、
この複合機、同時に異なる通信プロトコルを受け付けられるのかな?疑問・・・?

| | コメント (0)

2008年12月22日 (月)

無線で音楽/音声をとばせ!(Bluetooth編)

最近は、

  • DVD、ブルーレイ視聴、
  • 「YouTube」や「GyaO」などネット動画配信サイトの閲覧、
  • 安価なパソコン用のUSBワンセグチューナーなどで番組を視聴、

と、パソコンで映像/音楽といったマルチメディアを楽しむということは、一昔と違って特別なことではなく、ごく普通のこととして定着してきましたね。

私も時々「YouTube」を利用したり、Windows Media Playerなどで音楽ファイル(LAN内のファイルサーバーに溜めている)をランダム再生したりするのですが、
(一人の時間ならともかく、)家族でいる時や職場だと、パソコンから音声が出るのは、どうも気恥ずかしく感じてしまう私・・・(^_^;)

そこで以下のワイヤレスヘッドフォンを購入してみました。
(2008/10/25に購入したので、もう結構前の話ですが・・・Yahooオークションで新品6,500円也。)

Logitec Bluetooth対応ワイヤレスヘッドフォン(ブラック) LBT-HP110C2BK CE
Logitec Bluetooth対応ワイヤレスヘッドフォン(ブラック) LBT-HP110C2BK
Amazonで確認する

メーカー: ロジテック
発売日: 2007/11/30

実は、この記事もこれを使って、音楽聴きながら夜な夜な書いてました。(^_^;)
(同室内なら音声が途切れることはまずありませんが、部屋をまたぐとアウト。)

この製品の選択の理由は、音質がどうのこうというより、仕事柄パソコンと親和性の高い安価な無線ネットワーク通信機器は触れてみたいからという単純な理由から・・・(^_^;)
(ただ、世間で大人気の「ipod」や「iPhone」といったApple社の製品は、なぜか未だに好きになれませんけども・・・)
Bluetooth USBアダプターも1,500円前後で手に入るところが魅力です。

PLANEX Bluetooth ver2.1+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class2/10m) BTMICROEDR2XZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] CE

Photo

Bluetoothのプロトコルスタック(ドライバー)は、

  • 認証/暗号化など基本機能(GAP、SDP、SPP、OBEX)
  • ネットワーク関連(DUN、LAP、PAN)
  • データ関連(OPP、Sync)
  • 音声入出力関連(HSP、HFP、A2DP、AVRCP)

と多種実装していて、結構便利そうと思うのですが・・・日本では、Bluetooth機器って無線LAN機器に比べてまだマイナーというかあまり普及していないようです。
(無線LANに比べて狭い帯域を使うので、携帯電話用のオプション機器というイメージが定着してしまちゃった気するなぁ~。これだとそのうち新通信規格の「ワイヤレスUSB」に飲み込まれるかも・・・)

それと意外と知られていないこととして、パソコン雑誌「PCJapan 2008年1月号のP102」によると

  • 「Windows XP SP2」から
    DUN、HID、PAN、OBEX、HCRP、SPPを、
  • 「Windows Vista」ではさらに
    HFP、HSP、AVRCP

といったプロファイルを標準で実装していて、
これらのプロファイルを使うだけであれば、Bluetooth機器を内臓していないパソコンでも、USB接続型のBluetoothアダプタを接続するだけで利用可能になります。

もっともWindows標準搭載のプロトコルスタックよりもメーカー提供のものの方が高機能とのことで、私も付属していた「BlueSolid」製のプロトコルスタックをインストールして利用しています。

2

Bluetooth3

それとBluetooth対応のプリンタなら1対1のワイヤレス印刷が簡単に実現できます。
(通信帯域が狭いので会社で使う1対多のような利用シーンには向きませんが、SOHOや個人ユースならそれほど問題なし。)

Bluetoothwirelessprint

このブログには「Bluetooth 印刷」というキーワードだけで、毎日20件ちかく検索があることを考えるとやっぱりみんな「Bluetooth」関心高いのかな?

| | コメント (3)

2007年9月15日 (土)

Bluetooth ワイヤレスプリンタアダプタによる無線印刷

かれこれ1ヵ月以上前の依頼に、いつもお世話になっているNさんからプリンタ(印刷)の無線化の依頼がありました。今回はそのお話。

Nさん新しく以下のHPの(複合機)を購入!
(個人的に、この機種はコスト、デザイン、印刷スピード、印刷品質、拡張機能などバランスが取れていると思います。)

HP ビジネス複合機 Officejet Pro L7580 CE
HP ビジネス複合機 Officejet Pro L7580
Amazonで確認する

メーカー: ヒューレット・パッカード
発売日: 2007/04/16

ビジネス向けの複合機だけあって、有線LAN端子が搭載されています。
そんな中、電話で以下のやり取りがありました。

Nさん:
「あの~購入したプリンタに無線印刷行いたいので、設定お願いしたいんですが。」

私:
「了解です。(^^ゞ ただ、この機種は無線LAN機能が搭載されていませんので、有線LAN通信を無線化するための「無線イーサネットコンバーター」という機器が別途、必要になりますが・・・」

Nさん:
「無線印刷出来る、この機種のオプション機器は購入したんですが・・・。小さいスティックみたいな形しています。自分で設定してみたけどうまく出来なくて。(苦笑)。」

私:
「ハテ・・・(そんな小さな無線イーサネットコンバーターってあったかな?)」

で、早速ネットで調べてみると・・・ありました。(Bluetooth だった!)
「Bluetooth ワイヤレスプリンタアダプタ HP bt450」

Bluetooth

この場合はNさんのパソコンはBluetooth(ブルートゥース)機能が搭載されていないですから、アダプタがもう1つ(パソコン用とプリンタ用で合計2つ)必要になります。
で、お伺いしてみるとやはり1つしか購入してとのことで、昨日ようやくそれを追加購入されたモノを設定に伺ったという次第です。

それにしても「無線印刷」=「無線LAN通信」という先入観があって、「Bluetooth」とはまったく思っていませんでした。
(以前にNさん宅に無線LANを構築したので、なおさらです。(^_^;) )

では「無線LAN」と「Bluetooth」の違いはこんな感じ。Lan

「Bluetooth」は「無線LAN」に比べて近距離間通信で、通信速度は低速ですからデータサイズの大きな高解像度の写真などは、プリンタにデータが到着するまでにちょっと時間がかかるかも・・・

PS.--------------
この記事は非常にアクセスが多いので追記。
この話の続きというか関連記載がこのブログの2009/1/14にあり。

| | コメント (0)