ネットワークメディアプレイヤー関連

2013年6月29日 (土)

「Raspberry Pi」についてあれこれ。

最近のLinuxはGUIがかなり充実していることや実用的で使いやすいGUIソフトも多数登場してきて(サーバー用途だけでなくクライアントパソコンとして)使い始めた方も多くなったんじゃないかと思います。

しかし組み込み機器にカスタマイズしたLinuxをインストールし、トコトンいじってオレ流を楽しむとなると、まだまだLinuxに精通した極限られたヘビーユーザーだけの特権・・・というのも徐々に過去の話になりつつある(のかもしれない)。

今回は(も?)、そんなことについて好き勝手に長々と記載してみます。


理由の1つが(今までの数万円した「BeagleBoard」、「PandaBoard」と比べると)3,500円~4,500円と超破格なシステムボード「Raspberry Pi(ラズベリー パイ)」の登場。

Raspberry Pi Type B 512MB CE
Raspberry Pi Type B 512MB
Amazonで確認する

メーカー: RS Components Ltd

「Raspberry Pi」専用のケースも安価で売っています。
(カラーはスケルトン、ブラック、ホワイトなど多数)

Raspberry Pi Type B ケース (White 白)
Raspberry Pi Type B ケース (White 白)
Amazonで確認する

メーカー: RS

ちょうど昨年の今頃(2012年6月)は発注しても手元に届くのに数ヶ月から半年以上もかかるほどの盛況だったのですが、最近はだいぶ生産・供給も安定してきたようでAmazonやネットオークションでも比較的入手しやすい状況のようです。

もう1つの理由としては、ユーザーが増えたことで(組み込み機器向けのLinux)の情報もネットや書籍で増えてきたこと。

以下は「Raspberry Pi」向け(に最適化された)Linuxディストリビューション、「Raspbian(ラズビアン)」について。

Raspbian

「Raspberry Pi」の書籍も続々と出版されています。
(こうした専門書籍は釧路の書店では中々扱ってくれないのが残念・・・(T_T))

               

Raspberry Piユーザーガイド     Book    
Raspberry Piユーザーガイド
Amazonで確認する

出版社: インプレスジャパン
発売日: 2013/03/14
   

               

Raspberry Pi〔実用〕入門 ~手のひらサイズのARM/Linuxコンピュータを満喫! (Software Design plus)     Book        

以下の書籍は発売前の予約者に「Raspberry Pi」をセット販売する企画付き。

誰でもできる! Raspberry Piで楽しもう (日経BPパソコンベストムック) Book
誰でもできる! Raspberry Piで楽しもう (日経BPパソコンベストムック)
Amazonで確認する

出版社: 日経BP社
発売日: 2013/06/29

予約しようと思って予約販売サイトにアクセスしてみると・・・当初用意した100台は即日完売したようで、追加で500台用意したみたいだけど、こちらも既に完売してる! 。゜゜(´□`。)°゜。 人気の高さがうかがえるなぁ・・・(゜o゜)

Photo


普段あまり味わうことがない(ちょっとマニアックな香りが漂う)異質なその世界に踏み込んでみたいと思っていたものの、思考力が低くなんちゃってLinuxユーザーである私には、「(パソコンとは比べ物にならない)このロースペックな組み込み機器をどこに生かす?実際のところ実用性は?」とも感じていました。

ところが「Raspberry Pi」をネットワークメディアプレイヤーとして活用させる(ための動画コーデックの購入方法や適用方法などの詳細な)記事を目にして読んでみると「これは中々の実用性!\(◎o◎)/!」と思う。

Raspberry_pi

日経 Linux (リナックス) 2013年 06月号 Book
日経 Linux (リナックス) 2013年 06月号
Amazonで確認する

出版社: 日経BP社
発売日: 2013/05/08

OSに「Raspbian」ではなく(メディアプレイヤーソフト「XMBC」に特化した)「Raspbmc」を使うことで、

  • 「Raspberry Pi」内臓の動画再生アクセラレーターのフル活用。
    (MPEG-2、H264動画のHDクラスまで快適に再生)

  • スマホをリモコン代わりにすることが(多分)可能。
    (対応アプリ「XBMC Remote」をスマホにインストール)

TV接続して使うネットワークメディアプレイヤー機として中々実用的に利用できるそう。

---2013/7/8(月) 追記----
以下の書籍、釧路書店でも置いてあるのを発見!
ちらっと立ち読みしたらP47に上記の記事がそのまんま掲載されていました。

誰でもできる! Raspberry Piで楽しもう (日経BPパソコンベストムック) Book
誰でもできる! Raspberry Piで楽しもう (日経BPパソコンベストムック)
Amazonで確認する

出版社: 日経BP社
発売日: 2013/06/29

あと個人的に、"Linux版USBデバイスサーバー"なんてのが実現出来ると面白い?って思っていたりします。(以下は「日経Linux 2011年8月号」のP53の掲載の一部)

Usb_device_server_for_linux

日経 Linux (リナックス) 2011年 08月号 [雑誌] Book
日経 Linux (リナックス) 2011年 08月号 [雑誌]
Amazonで確認する

出版社: 日経BP社
発売日: 2011/07/08

あっ!でも・・・貧乏暇なし・技量なしの私のことだから、考えて楽しむだけに終わってしまう可能性大!?・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2012年10月28日 (日)

Amazonで「MZK-MP02HD」が投げ売り状態!?

Amazonで今最もホットな製品となるとタブレット端末の「Kindle Fire」シリーズが含まれるのは間違いないですよね。

で、今回の話は「Kindle Fire」の話・・・ではなく(フェイントかけてすんません (^_^;) )

「Kindle Fire」について色々と見ている途中で、目に留まったプラネックスのネットワークメディアプレイヤー「MZK-MP02HD」について。

PLANEX 動画や写真、YouTubeをハイビジョンテレビで楽しめる3.5インチHDD対応ネットワークメディアプレーヤー(リモコン付) MZK-MP02HD CE

50台限定ながらもなんと!2,980円!(5,250円以上の購入で送料無料)と、ほとんど投げ売り価格です!( ̄◆ ̄;)

Mzkmp02hd

今年(2012)の4月27発売なのでまだ半年ほどしかたっていないのに・・・。(発売時価格は11,930円也)

ちなみにネットワーク機能がないながらも同じく2,990円と格安メディアプレイヤーとしては以下の製品がある。(2012/10/29現在。)

Hanwha Xtreamer Elvira / コンパクト メディアプレーヤー USBホスト対応 H.264ハイビジョンコンテンツ再生対応 CE

「MZK-MP02HD」のユーザーレビューはあまり芳しくない記載が多いのですが、PC周辺機器メーカーのメディアプレイヤー機器は最初から安定している製品というのは少なく幾度かのファームウェアの更新を経て徐々に安定してくるいうスタイルは結構普通?のことだったりします。

家電ユーザーからすれば嘘みたいな話ですが、老若男女が利用する家電の場合は安定性と動作レスポンスをかなり考慮していて、ハードウェアは結構性能の良いものを搭載している傾向にあります。
(その裏返しで価格は結構お高いものが多いです。)

「MZK-MP02HD」について言えば比較的短期サイクルでファームウェアをリリースしていて(今月(2012/10/2)もリリース)いるので完成度(安定性)は未知数だけど、まぁ値段が値段なのでポッチってみよっかなと。

あっ!気が付けばこんな時間、何しょうもないこと記載してんだろオレ・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2012年3月 8日 (木)

ネットワークメディアプレイヤー「Android media BOX」が50%OFFに!

メディアプレイヤーは3台所有していて各部屋で利用しているのですが、最近はOSにAndroidを搭載したネットワークメディアプレイヤーもちょいちょい見かけるようになりましたので、手頃だったら試しに購入してみようかと思っていました。

その矢先に、サンコーレアモノショップの「Android media BOX」が9,980円から4,980円50%OFFになったのを知る・・・(◎o◎)!

Android_media_box

2011/6/27の発売から、まだ半年ほどしか経ってないのに50%OFFってのは、普通ならかなりおいしい品だと思うのですが、バージョンアップが盛んなAndroidにおいて搭載されているAndroidがVer2.2と少々古いので、そこは新ファームウェアのリリースを期待したいところです。

サンコーレアモノショップの「Android media BOX」は直営サイトの他にAmazonでも同額で購入可能。(2012/3/8 現在)
4,980円(送料除く)という失敗しても諦めがつく?絶妙な価格で、ポッチゃう寸前の私です。(^_^;)

サンコ- Android media BOX ADMEPL01 CE
サンコ- Android media BOX ADMEPL01
Amazonで確認する

メーカー: サンコー

気になる点として、

  • マニュアルは英語PDFファイルしかない。
    Google翻訳でファイルをアップロードすれば概ねしっかりした内容に翻訳してくれるのを確認しましたので、この辺りは問題なさそう。
  • Google Play(旧Android Market)には非対応(みたい)。
  • フラッシュメモリの空き容量が40MBほどしかない(みたい)。


Android搭載のメディアプレイヤーを使う醍醐味として、(パソコンのようにソフトを自由に追加インストールすることで)専用機から多目的な汎用機に変身可能な点がありますよね。

動作レスポンスの軽快さも重要なポイントですが、Google Play(旧Android Market)に対応してアプリを自由に追加しているかも、購入を検討する時の大きなポイントの1つになるかと。

そうした意味では、まだちょっとお値段は高めだけど、
左の「Android TV インターネット BOX」は、Google Playに標準で対応している(ような)ので、こちらも気になるところ。

| | コメント (0)

2012年2月23日 (木)

コストパフォーマンス抜群な「Media Player M130」!

我家にはネットワーク対応のメディアプレイヤーが2台あるにも関わらず、思わず衝動買いしてしまったのがメディアプレイヤー「M130」。

KEIAN KWORLD マルチメディアプレイヤー SDカード/VGA出力対応 M130 CE

色々と使ってみて感じたことを好き勝手に長々と記載してみます。

  1. 価格が安い
  2. 超小型サイズ
  3. (比較的)高速動作レスポンス
  4. 利用シーン

1.について
この手の製品は使ってみて初めてその便利さや価値を実感できるタイプの製品ですから、購入に勇気のいるような数万円もする価格ではダメで、購入して失敗しても諦めがつくぐらいの価格であることが望ましいかと。(そうでないほうがいいのはもちろんですが・・・(^_^;))

そう言った意味で今回の 「M130」は、初期導入の役割を果たす製品としてピッタリなのではないかと。 Amazonで4,800円前後で購入できるのは非常に魅力。(^^♪

2.について
見ての通り、お弁当のおかずタッパほどの極少サイズ(そしてとても軽い)、場所もとりません。

Media_player_m130

3.について
思っていた以上にデコード処理が高速!(◎o◎)!
この手の低価格製品にありがちなモッサリレスポンスやフリーズはある程度発生すると思っていただけに、いい意味で予想外でした。

4.について
基本的にテレビにつなげての利用が中心になると思いますが、19インチ~22インチほどのHDMI対応のモニタ(できればスピーカー付き)があれば、テレビじゃなくてもOK。
また(テレビのような固定的な使い方ではなく)状況によって移動するな使い方もありかと。

P-ぽけっとでは、職場のプロジェクタにつなげての使い方がマッチしているかな?

  • こうした製品をご存知ないお客様に紹介するのもいいですし、
  • WindowsLiveムービーメーカーを受講されている方に作成したWMVファイルコンテンツをSDカードスロットに入れて大画面で表示して楽しんで頂くのもいいし、
  • 自分の映画鑑賞用に。(結局これが一番の購入理由かも・・・(^_^;))


以下、初めて使う方がハマるような点を記載

最初にハマるのが画面の表示。つなげただけでは何も表示されません。リモコンで出力モードにあったボタンを押す操作が必要。
(多くの方はテレビとHDMIでつなげると思いますので、「HDMI」ボタンを。)

Photo

リモコンは小さすぎることはなく、ボタンも押しにくいことはないと思うのですが、ボタンはすべて英語表記で、キー配列に少々クセがあるかな?
個人的にはさほど苦にならないのですが、使いづらい場合は学習リモコンに変えてみるのも1つの手かと。


次にリッピングしたDVD-ISOの再生について。

ほとんどのDVD-ISOファイルは再生できるのですが、(特典映像が付いたり)ちょっとディレクトリ構造が特殊なものは、そのまま再生ボタンを押しただけでは再生ができません

Photo

イレギュラーな構造例?(マトリックス リローデッド)

Photo_2

パソコンで閲覧しようとするとAutoRunが働き専用のプレイヤーソフトが自動起動してくる。

Player

しかし以下の方法で多くの場合は閲覧でき(ると思い)ます。

まず、再生したいDVD-ISOを選択して(再生ボタンではなく)、リモコンでファイル閲覧を選択。

Photo_2

そうすると(DVD-ISOなので)DVDのファイル構造が表示されますので、「Video_TS」を選択。

Video_ts

表示されるチャプターごとに分割されているVOBファイルを選択(予告などを飛ばしたい場合時はVTS_01_1.VOBを選択)。

Vts_01_1vob

これで再生が始まります。(^^♪


メディアプレイヤーというジャンルの機器は、(2012年2月現在)一部のデジタルガジェット好きの方々が利用している程度のまだまだマイナーな部類に入る機器(だと思う)。

「M130」に機能的に不足している部分や不満なところがないわけではないですが、それでも4,800円前後と、大変安価で登場したことの意義は大きいと思うなぁ。

死蔵されがちなマルチメディアデータデジタル(画像や動画映像など)を楽しむきっかけになるととうれしいな。

同様なことはAndroid搭載の激安中華タブレットにも言える。ってことでそっちも衝動買いする日は近いかも・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2011年11月27日 (日)

ネットワークメディアプレイヤー「PAV-MP1」を無線LAN環境で利用することについてのあれこれ。

このブログのアクセスログで結構見かけるのが、プリンストンテクノロジー社のネットワークメディアプレイヤー「PAV-MP1」を無線LANで利用することに関する検索キーワード。

Pavmp1usb1

Pavmp1usb2

プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー PAV-MP1 CE
プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー PAV-MP1
Amazonで確認する

メーカー: プリンストンテクノロジー
発売日: 2009/11/20


「PAV-MP1」には無線LANモジュールは標準搭載していないので、通常は有線LANでの利用となるのですが、我家ではプラネックスの以下のイーサネットコンバータを使って無線LAN環境で利用しています。

PLANEX デジタル家電やゲーム機を無線化 300Mbps 無線LANシンプルコンバータ(子機)MZK-SC300N2 CE
PLANEX デジタル家電やゲーム機を無線化 300Mbps 無線LANシンプルコンバータ(子機)MZK-SC300N2
Amazonで確認する

メーカー: プラネックス
発売日: 2011/04/28

Kdl32cx400

  1. 無線LANイーサネットコンバータ:「プラネックス:MZK-SC300N2」
    (テレビ「SONY:KDL-32CX400」の背面にガムテープ付け)
  2. USB給電コード「プラネックス:SSOP-USB01」
    (テレビにUSB端子があるのでUSB給電可能)
  3. テレビとLANケーブル接続
  4. 「PAV-MP1」とLANケーブルで接続


とまぁ普段ならこれで話が終わりなのですが、あまりに日々の検索によるお立ち寄りする方々が多いので、「もしかしたらUSB無線LANアダプター使えるのかな?」と思い検索してみると、(メーカー公認ではないものの)USB無線LANアダプターのチップセットがRealtekのものなら使えるらしい。\(◎o◎)/!

「お~!これは是非試してみたい」と思ったのですが・・・USB無線LANアダプターのチップセット情報ってメーカーサイトでも公開していない(のがほとんど)。
当てずっぽうに購入していては、お金と時間が無駄だし・・・困った・・・(-_-;)

しばし時間が流れ・・・「Ubuntu Magazine Japan Vol.4」で、多数のUSB無線LANアダプターをLinuxで接続テストしている特集があったのを思い出す!

Ubuntu Magazine Japan vol.04 (アスキームック) Book
Ubuntu Magazine Japan vol.04 (アスキームック)
Amazonで確認する

出版社: アスキー・メディアワークス
発売日: 2010/05/31

「確かチップセットの情報も載ってたはず!?」と思い確認してみると、ちゃんと記載されていた。\(^o^)/
ありがたいことに、この書籍はPDFにて公開されていますので、無償で閲覧・印刷が可能です。
http://ubuntu.asciimw.jp/elem/000/000/010/10269/

("動かし隊が行く!なんでもUbuntuで使いたい"のページに)記載されていた製品の中でチップセットがRealtek RTL8192Cの製品は3つあったのですが、テストなので安いコレガの「CG-WLUSBNM」に決定。

Corega Draft2.0 11n/g/b対応 無線LAN USBアダプタ CG-WLUSBNM CE
Corega Draft2.0 11n/g/b対応 無線LAN USBアダプタ CG-WLUSBNM
Amazonで確認する

メーカー: コレガ
発売日: 2009/05/10

Cgwlusbnm

つなげてみると白いデザインが浮いちゃってるし、少々出っ張って不恰好・・・。

Photo

見栄えはともかく、「PAV-MP1」のネットワーク設定画面をみてみると、通常はグレーアウトになっている無線LAN設定が有効になる。

Lan1

SSIDと事前共有キーを入力して接続テストしてみると、

Lan

繋がった!(ただそれだけなんだけど、結構感動!\(^o^)/)

Lan_2

無線LANルータのクライアントモニターで確認してみると通信はちゃんと11nモードで接続している。

Photo_2

一応コマ落ちが発生しないか、NASにあるDVD ISOファイルを30分ほど再生して確認してみたのですが、コマ落ち・延滞はなく無線LAN経由での再生はまったく意識しなくてもよい状態。
(手ブレがあって見苦しいのですが・・・)そのときのデモ動画がこちら。

virtual trip モーターパラグライダー空撮 沖縄八重山諸島 西表島・竹富島(トールパッケージ&低価格化) [DVD] Book

しかし最後に致命的な問題が・・・P-ぽけっとでは無線LANをステルス環境で使っているのですが、ステルス環境だと「PAV-MP1」を起動するたびに毎回SSIDと事前共有キーを入力しなくてはならないことが判明!( ̄○ ̄;)!
事前共有キーだけでも30字以上あるのに、これでは面倒でやってられない・・・(T_T)
(ちなみに半自動で接続してくれるWPS機能は便利ですが、勝手に接続される可能性が少ないながらもあるので停止してます。)

数あるネットワークメディアプレイヤーの中で(メーカー純正品として存在している)USB無線LANアダプターは、私の知る限りではデジタルカウボーイの「DC-MCNP1/W」用として「DC-MCWAN」があるだけ(だったと思う。2011年11月現在)。

【送料無料】【在庫限り 超特価中】 Hanwha USB 無線LANアダプタ DC-MCWAN [DC-MCNP1/DC-MCNP2/DC-MC35UL4/Xtreamer SideWinder/Xtreamer Ultra専用オプション] [IEEE802.11b/g/n Draft2対応] CE

無線LANは通信環境に大きく左右されて、時として不安定になるのは分かるのですが、ネットワークメディアプレイヤーの(メーカー純正品)USB無線LANアダプターにもうちょっと力をいれて欲しいものです。

とりあえずテストが終了したので、今回のUSB無線LANアダプター「CG-WLUSBNM」の行き場がなくなっちゃた・・・。
「NdisWapper」(Windows 用のドライバーをLinuxで利用できるようにするソフト)を使えば問題なく動作するようなので、Ubuntu10.04搭載のマシンに使うことにでもするかな?

| | コメント (3)

2011年8月15日 (月)

番組録画用HDDをGet!次なるステップは…

地デジ移行に伴って、我家の寝室にあるアナログTVは地デジチューナー搭載の「HVT-BCT300」を接続して利用しているのですが、番組録画用のHDDが必要になってくる。(もうアナログビデオテープは使えないし…(^_^;))

購入するHDDは、ポータブルHDDであることが必須条件。(バスパワーで利用するため。)
私、コンセントやケーブルが煩わしくて大嫌いいうこともあるのですが、使っているタップにあまり予備がない状態という事情も。
(ちなみに取説によると「HVT-BCT300」は500mAまでバスパワー給電可能とのこと。)

ポータブルHDDだと価格と容量のバランスのとれた製品が思っている以上に少ないのですが、それでも目ざとく安いものを見つけました。(^^♪
今回Getとしたのは、以下の「NTT-X」で期間限定製品。 http://nttxstore.jp/_II_SL13096587

Nttx_hdd

ゴールドの筐体デザインはハッキリ言って私の好みではありませんが、
640GB4,980円(送料無料!)なので良しとしよう。(^_^;)

Silicon Power USB2.0/1.1対応 耐衝撃 Armor A50 ポータブルHDD 640GB Gold SP640GBPHDA50S2G CE
Silicon Power USB2.0/1.1対応 耐衝撃 Armor A50 ポータブルHDD 640GB Gold SP640GBPHDA50S2G
Amazonで確認する

メーカー: シリコンパワー
発売日: 2009/11/20

蛇足ですが、昨年末(2010年12月)に320GBのポータブルHDDを3,980円でGetとして一人で浮かれてましたが、半年経った現在では、それほどお得な価格ではなくなってしまったみたい。


私のような(バカの一つ覚えみたいに)ポータブルHDDにこだわらなければ、
2TB8,000円以下というのもAmazonでざらにある!

WD Elements Desktop 2.0TB (USB2.0, 静音/省電力, PC&Mac, レグザ/アクオス/ブラビアTV録画対応) WDBAAU0020HBK-JESN CE

(2011/8/15現在)7,708円。単純計算で1GBあたり約3.8円?

Lacie USB3.0/2.0 3.5インチ外付ハードディスクドライブ minimusシリーズ 2TB LCH-MN2TU3/E [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] CE

(2011/8/15現在)7,980円


「HVT-BCT300」につなげてみた状態。(ただつなげて乗っけているだけですが…)

640gb_hdd

  • 購入前に気になっていた録画中HDDへの書き込み音はほとんどなし。
    (むしろあまりにも音がしないので録画されているのか心配になったほど。)
  • (経年劣化にかかわる)発熱は、ほんのり温かくなる程度で常識の範囲内。

これで最大で約55時間の番組録画できる環境が整った。

次なるステップは、モニターと録画した番組コンテンツをワイヤレスで飛ばしてリビングのメインTVで視聴することを実現してくれる機器の導入だね。 ( ̄ー+ ̄)
(奥さんになんてプレゼンするかが最重要課題ですが・・・)

| | コメント (0)

2011年7月27日 (水)

Android搭載のネットワークメディアプレイヤーが2011年下半期くる?

Android(アンドロイド)と言えば、爆発的に普及し続けているスマートフォンやタブレットPCに搭載されているイメージが大きいと思いますが、最近はネットワークメディアプレイヤーにも「Android搭載」と明記している製品が登場してきた!

サンコーレアモノショップからは、「Android media BOX」なるものが・・・。

サンコ- Android media BOX ADMEPL01 CE
サンコ- Android media BOX ADMEPL01
Amazonで確認する

メーカー: サンコー

アイオー・データからもAndroid搭載ネットワークメディアプレイヤーの「alimo(アリモ)」が8月上旬にリリースされる。
(アイオーが出すならバッファローやプラネックスだって黙っていないと思うなぁ。)

I-O DATA  ホームネットワークAndroidプレーヤー 「alimo」 IAT-PSR701 CE
I-O DATA ホームネットワークAndroidプレーヤー 「alimo」 IAT-PSR701
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2011/08/10

Androidも既存のネットワークメディアプレイヤー機に搭載されているOSもオープンソースのLinuxを使っているのですが、
「Android搭載のネットワークメディアプレイヤー」となってくるとユーザー自身でアプリをインストールできたり、比較的簡単にカスタマイズできるようになるため自由度が高くなるところが決定的に異なってくる。

自作大好きのメカ男君なら「PandaBoard(パンダボード)」や「BeagleBoard(ビーグルボード)」といった小型基盤を元にAndroidをインストールすることでネットワークメディアプレイヤーを自作することもそれほど高いハードルではない(かもしれない)。
興味ある方は「日経Linux 2011年6月号」などが参考になるかと。

日経 Linux (リナックス) 2011年 06月号 [雑誌] Book
日経 Linux (リナックス) 2011年 06月号 [雑誌]
Amazonで確認する

出版社: 日経BP社
発売日: 2011/05/07

2011年下半期は「Android搭載ネットワークメディアプレイヤー」の静かなブームがくる?

| | コメント (0)

2011年5月19日 (木)

釧路では売れなかったけどヤフオクでは爆売!

先月(2011/4/29)に釧路では2店目になるYAMADA電器がオープンしたのですが、今回はそれに絡めた話題を。

オープン初日の夕方にちょっと立ち寄ってみたのですが、大盛況ですっごい人!
(翌日の新聞によるとオープン初日は2,000人以上の来店があったとか。)

「何かお買い得商品でもないかなぁ~」とPC周辺機器販売コーナーに直行。
そこは大賑わいでホットな家電・パソコンコーナーとは対照的に、お客さまはほとんどいなくて寂しさすら感じるようなお寒い状態・・・(^_^;)

しかし往々にしてお宝はそんなところにこそ眠っているものでして、目ざとく見つけちゃいましたよ!( ̄ー+ ̄)
IOデータ「HVT-BCT300」が4/29~5/5の期間限定、数量50台限定で、
なんと7,980円
(ちなみに2011/5/19現在、価格.comでも14,000円以上する品です。)

I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BCT300 CE
I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BCT300
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2010/03/26

この製品、地デジチューナー機能以外にネットワークメディアプレイヤー機能(以下の同社製品「AV-LS700」と同じ性能)も搭載しているので、すでに地デジ対応TVを購入した方でも無駄にならず便利に利用できます。

I-O DATA DTCP-IP対応ネットワークメディアプレーヤー「AVeL Link Player」 AV-LS700 CE
I-O DATA DTCP-IP対応ネットワークメディアプレーヤー「AVeL Link Player」 AV-LS700
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2009/12/30

競合する他社製品としては、バッファロー「DTV-X900」かな。
(こちらはDLNAサーバー機能を搭載している違いがあるけど。)

BUFFALO メディアプレイヤー機能搭載地デジ・BS・CSデジタルチューナーリンクシアターDTV-X900 CE

「HVT-BCT300」についての製品レビューは以下のサイトが参考になるかと。


さて話を戻すとして、オープン当日はちょっと立ち寄っただけなので、所持金がなく翌日購入することにしたのですが、「あれだけのお買い得品だから、もう完売してるかもなぁ・・・」と思っていました。
が・・・来店してみると(前日同様の大盛況にもかかわらず)予想に反してまったく減って(売れて)いない・・・(゜o゜)
とりあえず我家用に1台購入して数時間後の夕方にまた来てみると一向に減っていない・・・(-_-;)

Photo_2

「そうですか・・・それでは売上のお手伝いをしましょう!」と数台購入。もちろんヤフオクで売却するために。(^_^;)

で、その結果は(7,980円だった品が、)12,000円ほどに。
(しかも出品から数分でウォッチ多数、数時間で完売するくらいに需要ありあり状態です!)

そんなわけで数日間YAMADA電器に、

  1. 来店(例のごとく売れているのは1~2台)
  2. 数台購入!
  3. ヤフオク出品、売却

を繰り返し、気がつけば計17台も購入!(=´Д`=)ゞ
(いつもヤフオク出品をお願いしているKさんにこの情報を伝え、Kさんも6台購入。)

Photo

最終的な売却益は(具体的に記載しませんが、)ちょこっとお小遣い稼ぎというレベルではないほどの金額になっちゃいました・・・( ̄○ ̄;)!

あっ!こんなに購入しましたが、独り占めして他の方にご迷惑をかけるような行為はしてませんよ。
オープンセールが終了した翌々日(2011/5/7)に立ち寄ってみると、まだ12台も売れ残ってましたから・・・。(もちろん特別価格は終了。)

Photo

結局、オープンセール(4/29~5/5)の1週間で約3,000人以上の来店があったにもかかわらず釧路の他の方が購入されたのが、わずかに15台・・・特価品として50台も用意したのに回転率はあまりに低い結果に・・・。
(私:17台、Kさん:6台、売れ残り:12台から算出)

それとは対照的にヤフオクでは(出品から最短9分で即決されてしまうくらいに)爆売だった「HVT-BCT300」。

ネットワーク機器というのは、(多機能になればなるほど)その特徴や価値が伝わりにくい製品であることは事実なのですが、それにしてもこれほどまでに釧路の方には売れないとは・・・ちょっと残念。

ちなみに「HVT-BCT300」の後継機の「HVT-BCT300S」が6月上旬にリリースされるみたいで、最大の特徴はDTCP-IP対応のDLNAサーバー機能が搭載されて、ネットワークを介して・・・あっ!こんなこと記載しても釧路の方には伝わらない可能性大・・・_| ̄|○

ちなみに「HVT-BCT300S」についての発売前情報は「AV Watch」からです。

I-O DATA  地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BCT300S CE
I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BCT300S
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2011/06/10

| | コメント (0)

2011年1月 5日 (水)

ネットワークメディアプレイヤー「PAV-MP1」でWake on LAN!

利用しているネットワークメディアプレイヤー「PAV-MP1」がWake on LAN(リモート起動)機能を実装したことを以前(2010/11/17)記載していたせいもあってなのか、
このブログのアクセスログを見ると、「PAV-MP1」、「Wake on LAN」のキーワード検索でこのブログをご閲覧されている方が案外と多い・・・。

Pavmp1_wake_on_lan

Photo

プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー PAV-MP1 CE
プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー PAV-MP1
Amazonで確認する

メーカー: プリンストンテクノロジー
発売日: 2009/11/20

で・・・続きを記載しようと思ったものの、準備・撮影・後片付け・その後画像&動画編集作業と面倒なことが多いのでその後は放置してました・・・(^_^;)

なんの特にもなりませんが、まぁお正月休みに暇なことをしてみるのもありかと思い「PAV-MP1」でWake on LAN!のデモ動画をアップしてみました。


デモ動画での構成は以下のような感じ。

Photo

「PAV-MP1」は無線LAN機能は非搭載ですが、(有線LAN端子があるので)以下の製品を無線LANコンバーターモードで使えば、安価に無線化が可能です。

PLANEX 300Mbps 超小型ハイパワー無線LANマルチファンクションルータ/アクセスポイント/コンバータ MZK-MF300N CE

さらに上記の製品はUSB給電できる以下の製品とセットで利用することで、コンセントを1つ減らすことができます。

PLANEX 無線LANルータ/アクセスポイント/コンバータ「MZK-MF300N」「FFP-PKR01」専用 USB給電ケーブル SSOP-USB02 CE

(ただ「PAV-MP1」にはUSBポートが前面に2つしかないので、USB機器を多用される方はUSBハブがあるといいかと。)


(さて話を戻して、)リモート起動できるパソコンは2つまで。
正確には(コンピュータに搭載している)物理ネットワークインターフェースのMACアドレスを2つまで。

Mac

「結局、リモート起動してもリモートコントロールするのにパソコンを使う必要があるでしょ?」ってことになるのですが、Wii+テレビでWindows搭載のパソコンをリモートコントロールは可能です。

そのことは(結構撮影などの準備が面倒なので)また暇なときに記載してみる予定です。(^^ゞ

| | コメント (0)

2010年11月17日 (水)

ネットワークメディアプレイヤーでリモート起動!

所持しているネットワークメディアプレイヤー「PAV-MP1」にリモートPC起動できる「Wake on LAN」機能が追加(ファームウェアVer1.9.7)されたましたのでそれ絡みについて少々記載。

プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー PAV-MP1 CE
プリンストンテクノロジー デジ像メディアプレーヤー PAV-MP1
Amazonで確認する

メーカー: プリンストンテクノロジー
発売日: 2009/11/20

今回のファームウェア(Ver1.9.7)の更新で、パソコン使わずにLAN内のPCを遠隔起動できるので、家族から「(仕事中じゃないのに)またパソコンばっかり触って・・・」ってお叱りのこ言葉が軽減されるってことになれば・・・いやならないよね・・・(^_^;)

Photo

実用的どうかはさておき、「PAV-MP1」で「Wake on LAN」を行ってみました。
ちょっとだけネットワークの知識の必要ですが、設定そのものは至って簡単。
設定しちゃえば、「PAV-MP1」のリモコンボタン1つを押すだけで起動用マジックパケットをLAN内に吐き出してくれます。

(デモ動画はこのブログの2011/1/5に掲載してあります。)

難点をあげるならば、「Wake on LAN」のボタンを押した時でも、画面上は何も変化がないのはちょっと・・・(-_-;)
これじゃ押したのかどうかわからないので、点滅か音が鳴るなど何かアラートがほしいところです。

「リモートPC起動しても、結局(起動したパソコンを)リモート操作するには別のパソコンを使うことになるでしょう?だったら最初からパソコン使って、リモート起動したらいいんじゃないの?」
という声が聞こえてきそうですが、実はWiiなどのゲーム機器を使って(パソコンを使わなくても)リモート操作はできないこともないのです。
(そのことについてはまた今度にでも。)

それにしても日常的にパソコンで行っている遠隔起動と遠隔操作を、テレビモニタを介して操作すると、(行っていることは同じでも)なぜか新鮮な感じがしてくるから不思議。
もっとも自分の性格からして、すぐに飽きてくるとは思いますが・・・(^_^;)

| | コメント (0)