テレビ関連

2013年4月29日 (月)

一体型スピーカー「MXSP-1200WM」が3,500円以下!になったので

以前からチェックしていたマクセルの一体型スピーカー「MXSP-1200WM.NY」がAmazonで61%OFFと3,500円以下になっているのを先日目にする・・・。

maxell ウォークマン対応 アクティブスピーカー ネイビー MXSP-1200WM.NY CE
maxell ウォークマン対応 アクティブスピーカー ネイビー MXSP-1200WM.NY
Amazonで確認する

メーカー: 日立マクセル
発売日: 2011/03/03

万年ひっ迫財政の我家ですが、例によってポチってしまったので、今回はその購入経緯を交えて好き勝手に記載してみたいと思います。


本来「MXSP-1200WM」は、SONYのウォークマンをドックに乗せて(ウォークマンに蓄積している)ミュージックを出力するスピーカー。

しかし私の購入用途はそうではなく、我家の寝室にある"なんちゃってTVシステム?"のスピーカーとして使用したかったんですね。

以下はスピーカー変更前の状態。

Photo_2

"なんちゃってTVシステム"の各機器は、全てパソコン周辺機器メーカー製品の組み合わせ(家電、映像・音響機器メーカーの製品は1つもありません)。

貧乏人なりに「自己満足」を満たそうと(購入時においては)格安で苦労して手に入れたもので、色々としょうもないことをこのブログで記載してあります・・・(^_^;)


モニタ・・・(このブログの2012/3/19に関連記載あり。

iiyama 21.5インチワイド液晶ディスプレイ フルHD対応 LEDバックライト搭載 電源内蔵 HDMIケーブル同梱モデル マーベルブラック PLE2273HDS-B1 CE

TVチューナー&ネットワークメディアプレイヤー&DTCP-IP/DLNAサーバー
・・・(このブログの2011/5/19に関連記載あり。

I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BCT300 CE
I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BCT300
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2010/03/26

「HVT-BCT300」の通信をワイヤレス化に使用する無線LANイーサネットコンバータ
・・・(このブログの2010/11/14に関連記載あり。

[Amazon.co.jp限定] PLANEX 手のひらサイズ 300Mbps ハイパワー無線LANルータ/アクセスポイント/コンバータ FFP-PKR01 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] CE

録画用ポータブルHDD 640GB・・・(このブログの2011/8/15に関連記載あり。

Silicon Power USB2.0/1.1対応 耐衝撃 Armor A50 ポータブルHDD 640GB Gold SP640GBPHDA50S2G CE
Silicon Power USB2.0/1.1対応 耐衝撃 Armor A50 ポータブルHDD 640GB Gold SP640GBPHDA50S2G
Amazonで確認する

メーカー: シリコンパワー
発売日: 2009/11/20

音声出力用スピーカー・・・(このブログの2012/4/22に関連記載あり。

SANWA SUPPLY 液晶テレビ・パソコン用サウンドバースピーカー MM-SPSBA2 CE

今回入れ替えになったサンワサプライのスピーカー「MM-SPSBA2」ですが、その訳は音量調整用のリモコンがないから。
(利用するのが奥さんと娘が大半で私はさほど使っていなかったので)導入時はあまり気にしていませんでしたが、いざ自分も使い始めてくると「やっぱり不便だなぁ・・・(-_-;)」と思い始め、何とかしたい気持ちが芽生えてくる。

Photo

そんなわけでスピーカーを買い替えを検討することに。選定条件としては以下のような感じ。

  • 一体型のサウンドバータイプであること。
    (これ以上配線でゴチャゴチャしたくないので。)

  • (設置場所が広くないため)コンパクトであることが望ましい。

  • 音量調整ができるリモコン付きの製品であること

  • 価格は(送料・手数料等も含んで)4,500円以下であること。

上記条件で探していくとターゲットはおのずと「MXSP-1200WM.NY」に絞られたのですが、今年(2013年)の初めあたりまで価格は5,000円前後で推移していて中々踏ん切りがつかない。そうこうしているうちに、しばらく仕事が忙しくなって存在を忘れてしまう。

で、先週ふと思い出してチェックしてみると一気に3,500円以下まで価格が下落しているではないですか!\(◎o◎)/!

以下はセッティングした感じの様子。

Mxsp1200wm

付属のリモコンはそっけないデザインですがよく言えば無駄がない。小さいながらも使いやすいです。

Photo

おかげでゴロ寝しながらTVの音量調整できるようになってかなり便利。
(なんか昭和臭がするようなコメントですが・・・(^_^;))

音質は中々クリアーで明瞭!(◎o◎)!
奥行きあるというか音に広がりがあるのを感じられる(ような気がします)。

ニュースのアナウンサーの声はもとより、ドラマに登場する男性俳優の低い声でも比較的聞き取りやすい(ような気がします)。

音質はさほど期待はしていなかっただけに、ちょっとプチ感動。
(もっとも音に鈍感な私だけに当てはまることなのかもしれませんが・・・(^_^;))

ちなみに元々付属しているケーブルでは「HVT-BCT300」には使えないので、以下の変換ケーブルもAmazonにて購入。

[F-FACTORY] オーディオケーブル ステレオミニプラグ φ3.5mm-ピン(RCA)×2(赤・白) 変換ケーブル 1.0m/B-2 CE

とまぁ長々と記載しましたが、スピーカーを「MXSP-1200WM.NY」を入れ替えてリモコンによる音量調整ができるようになって奥さんも娘も悪い気はしていないようだったので、よかったよかった。ヾ(´ε`*)ゝ

で・・・1つ改善されると次なる自己満足を満たしたくなるもの・・・(^_^;)

それは現在使用している録画用ポータブルHDD(640GB)の入れ替え。

  • 奥さん・・・お笑い系のバラエティー番組(「アメトーク」 その他 多数)
  • 娘・・・アニメ系番組(「ポケモン」、「トリコ」、「ドラえもん」 その他 多数)
  • 私・・・ドキュメンタリー系(「NHKスペシャル」、「ガイアの夜明け」 等)

と、各人それぞれテレビ番組の趣向が違うこともあって番組録画が頻繁にあって残容量不足気味・・・。

今時なら2TBの大容量HDDでも(メーカー、USB3.0、製品デザイン、カラー等に)こだわりがなければ格安で購入できる時代になりましたが、私には、"外付けHDDを買うなら絶対バスパワーで使えるポータブルHDD!"という変な?こだわりがあったりします。

近日中に格安製品の購入を画策しているのですが、実現したらまた「自己満足」全快で好き勝手に記載してみたいと思います。(^_^;)

| | コメント (0)

2012年8月27日 (月)

はじめてのベアボーンPC 「FunTwist Fiono330」

このブログで以前(2010/10/31)に「購入してみよっかな?」と記載していた小型のベアボーン(半完成品の状態で販売されているパソコン)、「FunTwist Fiono330」。

その後、Amazonで販売がなくなり、ヤフオクでも出品がほとんどなくなってしまって忘れかけていたのですが、先日たまたまヤフオクで発見!( ̄○ ̄;)!

9,150円(メモリ、HDDなし、送料別)ほどでGet!

FAST FunTwist ベアーボーン Fiono330 ブラック 超小型IONプラットフォームAtom330搭載ベアボーン CE

"弁当箱サイズ"と呼ぶのがぴったり?な極小型サイズのマシン。

Fiono330

「FunTwist Fiono330」は超小型サイズということも注目されましたが、
ION(イオン)が搭載されていることで(一部のユーザーの間で?)とても話題になったベアボーン製品。

(このブログをご閲覧してくれてる大多数の方はご存知だと思いますが、)
「IONって何?」って方のために簡単に説明すると、 「ION」の定義は、

NVIDIA(エヌビディア)製のGPU、「GeForce9400M G」と
インテル製のCPU、「Atom(アトム)」とセットにした呼称

ということになっています。
(ちなみにインテルの「Centrino(セントリーノ)」も同じような感じ。)

(自分なりに)もうちょっと説明を付け加えると、

「ION」は非力な「Atom」CPUだけではまかなえないような負荷の高い映像処理も「GeForce9400M G」GPUが映像処理を担ってくれる製品(チップセット)。
つまり「ION」の登場でPC関連メーカーは、

  • 極小サイズながらも
  • グラフィック機能が劇的に向上、
  • そして安価

と言う感じの今までありそうでなかったマシンのリリースが可能になったわけです。


まだメモリやHDDを用意していないのですが、近いうちにUbuntu12.04LTSをインストールして使ってみよっと。(^^♪

全国的に節電が奨められていますが、消費電力も小さく(平均23W程度、連続稼動しても電機代金は月額380円前後ぐらい)、静音なのでサーバーとしての利用もいい。

例えばVPNサーバーでも市販品ではほとんどみないL2TP/IPSecサーバーとかいいね~。
Ubuntuサーバーを使ってL2TS/IPSecサーバーを構築する方法は以下の書籍のP60~P63に記載あり。

日経 Linux (リナックス) 2011年 10月号 [雑誌] Book
日経 Linux (リナックス) 2011年 10月号 [雑誌]
Amazonで確認する

出版社: 日経BP社
発売日: 2011/09/08

IPSecに「Openswan」、L2TSに「xl2tpd」のサーバーソフトを使っているのですが、confファイル(設定ファイル)への追記や記述変更が中心なので(コンパイルやビルド作業がないので)これなら私にでも出来そう。(^^♪

L2tp_ipsec

USBブート対応ですからUSB数本用意してディストリビューションを気分で色々と試してみるのもいい。
(内臓HDDのほうは「Samba」や「MediaTomb」用のストレージ用にするとか。)

とにかく「FunTwist Fiono330」を使って何に利用するかを色々と考えているだけでワクワクしてくる。ヽ(´▽`)/

しかしながら仕事に絡める気がない(出来ない)のが、お遊びレベルと言いましょうか、私のビジネス感覚のなさと言いましょうか・・・(^_^;)


私が「FunTwist Fiono330」の存在を知ったのは「FunTwist Fiono330」が発売されてから結構後のことで、(意外?にもネットではなく)、以下の書籍の立ち読みがきっかけ。(^_^;)

Windows100%超まとめスペシャル! 完全保存版 −最新活用テクニック丸ごと入ってます! (100%ムックシリーズ) Book

普段はこの手の書籍を見ることはないのですが、Linux(UbuntuやeAR OS)をインストールした活用法やテレビに接続してIONの性能が発揮する(つまりグラフィック性能が求められる)地デジやブルーレイなどの視聴するような感じの記事が掲載されていて中々興味深かったです。

というのも、当時(2010年7月頃)の私には、小型のPCをテレビに接続して大画面モニターとして利用するリビングPCという考えが希薄だったので、とても新鮮に感じたんだと思います。


もっとも最近では、既存のテレビのHDMI端子に装着することで、スマートテレビに大変身することを謳っている、Androidを搭載した超小型のスティックが格安で次々と登場してきていていることに一人で驚いてますが・・・!( ̄○ ̄;)!
(但し価格やAndroidバージョン、スペックはマチマチで過度の期待は禁物?)

テレビに挿すだけで、ご自宅のテレビが「SmartTV」に変身!Android Stick 4 SmartTV:ANDHDM40 CE
サンコ- Androidスティック with DUALCORE ANDHDM2S CE
サンコ- Androidスティック with DUALCORE ANDHDM2S
Amazonで確認する

メーカー: サンコー
発売日: 2012/07/19
スティック 型 android 4.0 端末 高速タイプ デュアルコア CE


ここのところ、過去にこのブログで"購入したい"と記載していたものを目ざとく見つけて購入することが多くなってきた。 ある意味で有言実行してる? (^_^;)

---8/29追記---

数年経って価格がこなれてたら、より超小型で性能が良い以下のベアボーン製品あたりに乗り換えているかもしれない。

いつまで経っても物欲は絶えないなぁ・・・(;´д`)トホホ…

ZOTAC AMD Fusion E350 APU搭載 コンパクトベアボーンPC ZBOXNANO-AD10 CE
ZOTAC コンパクトベアボーン Sandy Bridge Celeron搭載 ZBOXNANO Intel HM65 Intel CULV 867搭載ベア  ZBOXNANO-ID61-J CE
ZBOX Blu-ray HD-ID33 ZBOXHD-ID33BR CE
ZBOX Blu-ray HD-ID33 ZBOXHD-ID33BR
Amazonで確認する

メーカー: ZOTAC

| | コメント (0)

2012年4月22日 (日)

はじめての購入スピーカー、サンワサプライの「MM-SPSBA2」

以前(2012/3/19)このブログに記載したのですが、パソコン用格安モニター購入してサブTV代わりにしたシステムを組んだもののモニターの内臓スピーカーの音質が悪いことと音量操作が難しいことで奥さんと娘から大ダメ出しをくらい打ちのめされてしまった私・・・(^_^;)

その後、別途スピーカーを購入することで、"音質問題の解決"を淡々と考えておりましたが、実現しましたので今回はそのことについて長々と好き勝手に記載してみます。


私、音質・音響には全くこだわりがないこともあって接続端子の特徴や音の良し悪しを判断する指標についても知識を持ち合わせていません。

スピーカーを購入するのも意外にも?今回が初めてで、何を判断基準にしたらいいものかと色々探ってみるもチンプンカンプン・・・。

そんな中、自分の記憶をたどるとプリンストンテクノロジーに「デジ奏(PSP-3DBAR)」というちょっと変わった?スピーカーが過去に存在していたことを思い出す。(◎o◎)!

Psp3dbar

オーディオケーブル入力ジャック(3.5mmステレオミニジャック)があるし、音量調節用のリモコンもある。製品特徴に"3Dサウンド"って謳っているくらいだから、「少なくとも現状のモニターに内臓しているスピーカーの音質よりは絶対に良いはず。」と思いターゲット候補にしようとしましたが・・・以下の点でアウト。

  • 価格が完全に予算オーバー(ヤフオクを使っても1万円ぐらいになりそう)。
  • 既にメーカー生産中止製品であること。(2012年4月現在)
プリンストンテクノロジー 3Dサウンドスピーカー PSP-3DBAR CE
プリンストンテクノロジー 3Dサウンドスピーカー PSP-3DBAR
Amazonで確認する

メーカー: プリンストンテクノロジー
発売日: 2011/02/10

あんまり話題の製品にはならなかったみたいだし、(Amazonのユーザーレビューでは酷評されている)発売から程なくして生産中止になったところをみると不発製品だったのかも?


ただ「デジ奏(PSP-3DBAR)」を取っ掛かりにして各種あるスピーカーの中でもサウンドバータイプの一体型にとりあえずフォーカスすることが出来ました。

一体型スピーカーは、さほど種類があるわけではなかったのですが(私の調べた限りでは)唯一本件の用途向けの制約条件に合致する製品を発見。それはサンワサプライの「MM-SPSBA2」。

SANWA SUPPLY 液晶テレビ・パソコン用サウンドバースピーカー MM-SPSBA2 CE

以下がポイントになったところ。

  • 予算内(5,000円以下)であったこと。
  • バー型(一体型)なので場所を取らず配置もすっきりすること。
  • RCAピンジャックもステレオミニジャックもあること。
  • サブウーハーの増設可能であること。
    (音質が万が一悪くてもウーハーつければさすがに向上するかと。)

Mmspsba2


---2012年8月追記---

上記の「MM-SPSBA2」ですがサンワダイレクトで「400-SP025」と製品名を変えて発売されています。

サンワダイレクト サウンドバースピーカー 20W 液晶テレビ パソコン iPhone 接続対応 400-SP025 CE

「400-SP025」は3,980円。同じ製品の「MM-SPSBA2」が4,500円前後なのでちょっとだけお得かな。(2012年8月現在)


(後ほど知ったのですが「Φ3.5-RCA変換ケーブル」なるものがあるので、それを使えばRCAピンジャックのないスピーカーも利用することができますから選択肢はもっと増えていたことになりますね。)

アクロス AUDIO変換ケーブル 1.5m ステレオミニメス-RCAピン×2 AVC-116 CE
アクロス AUDIO変換ケーブル 1.5m ステレオミニメス-RCAピン×2 AVC-116
Amazonで確認する

メーカー: アクロス
発売日: 2001/01/31

音質に関しては個人差もありますので、とにかく使ってみないとわからない。ここはメーカーを信じて購入してみました。セッティングしてみると以下のような感じに。

Photo_2

設置スペースが限られていますし、機器でこれ以上ゴチャゴチャしたくなかったので一体型の「MM-SPSBA2」(横幅50cm)は結構良い選択だったかなと。( ̄▽ ̄)


で、気になる音質ですが奥さんや娘からは、「いい感じになったね。聞きやすいよ。」の返答。゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

このブログの2012/4/23に音量のデモ動画があります。

ボリューム操作はリモコンがないので残念ながら手動・・・でも音量操作は右側面にボリュームつまみを回すだけなのでメカオンチの奥さんや小3になったばかりの娘にでも簡単操作で心配なし。(幸いなことに寝室という設置環境ということもあって音量の上げ下げは非常に少ない。)

Photo


一人で「MM-SPSBA2」を使ってゴチャゴチャしながら遊んでいたら、程なくして奥さんから

「最初から22インチぐらいのテレビ買ったほうがよかったんじゃないの。今とっても安くなっているみたいだし。」

と、さりげないながらも強烈に突き刺さるコメント・・・( ̄○ ̄;)!

それ言われちゃ返す言葉もないっす・・・il||li _| ̄|○ il||li

| | コメント (2)

2012年3月19日 (月)

サブTV用にフルHD液晶モニターを購入したものの…

我家の寝室には小さなアナログTVがあって地デジチューナー(を搭載しているネットワークメディアプレイヤー「HVT-BCT300」)につなげて利用しています。

Hvtbct300

I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BCT300 CE
I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BCT300
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2010/03/26

番組視聴は問題なくできているものの、見た目といいますかこのサイズはもうちょっとなんとかしたいと思い続けていました。(もっとも家族でそう思っていたのは私だけなんですけど・・・(^_^;))

ようやく悲願の?交換が実現したので今回はそのことについて長々と好き勝手に記載してみます。


交換といっても、新たに地デジTVを購入したというわけではなく、購入したのはパソコン用の液晶モニター。

実のところ液晶TVが欲しかったというよりもPCモニターで組みたかったという単なる自己満足を実現したかっただけなんですけどね。(^_^;)
各メーカーから山ほどあるモニターの中から色々見比べたりしながら絞り込むことが、また楽しかったりするわけでして。(このブログの2011/8/9に関連記載あり。

選定の判断基準にしていたことは大体以下のようなこと。

  • 購入予算は13,800円まで
  • 画面サイズは21~24インチぐらいまで。
    (設置場所が狭いので24インチ以上はNG)
  • HDCP対応製品
    (テレビ用モニタとして使用するので必須)
  • 表面処理にこだわりなし。
    (光沢グレア、非光沢ノングレアどっちでもOK)
  • 液晶パネルにこだわりなし。
    (予算的におのずとTNパネルになりますが・・・)
  • LEDバックライト搭載。
  • フルHD対応。
  • HDMI端子搭載。
  • スピーカー内臓。

昨年(2011年)の8月からチェックしていましたが、ようやくマッチした製品を発見!
NTT-X Storeでセール品として9,980円と約1万円也!

E2273hdsb

iiyama 21.5インチワイド液晶ディスプレイ フルHD対応 LEDバックライト搭載 電源内蔵 HDMIケーブル同梱モデル マーベルブラック PLE2273HDS-B1 CE

それにしても近年のパソコン関連製品の価格下落は凄まじい!数年前ならこのグレードの製品で安くても3万円以上はしていましたからね。
(まぁそのおかげで私のような貧乏人であっても購入出来てしまうわけですから実にありがたい。)

実際並べてみると(当然ですが)薄いながも大きくそして軽いことに一人で感動。(^^♪

Photo

HDMIケーブルを接続し色々画面の輝度、コントラスト等を調整してウキウキ状態。(この後、家族からの散々なダメ出しが待ち受けているとも知らずに・・・。)

Photo_2

で、設置や設定が終わり奥さんと娘に自慢げに披露するも想像とまったく相反する結果に。 具体的には以下の点でダメ出しを食らう

  1. 電源を入れてモニタ表示されるまでの時間がかかる(約10秒ほど)。
  2. リモコンで音量の増減調整が出来ない。
  3. 搭載スピーカーの音がスカスカ


1.について
これは購入してから気づきました。(というか購入して接続してみないとわからない。)まぁここは大目にみてもらうしかない。(T_T)

2.について
これも購入後気づいたことです。一応モニタの調整機能でボリュームの増減は可能なのですが、メカ音痴の奥さんと小学2年生の娘にこの操作は確かに酷かもしれない。

3.について
奥さんいわく「これあまりにもスカスカな音でしょ!これじゃ一昔前のラジオみたい。」とバッサリ・・・確かに言われればそうだけどさ・・・(-_-;)
「音は聞ければ問題ないでしょ。」と思い込んでいたので完全ノーマークでした。

ようやくコスパに優れた液晶モニターを手に入れて交換が実現するもこうなるとは・・・。そりゃテレビではなくパソコン用の液晶モニターですから色々ありますよね・・・トホホ (T_T)


敗北感に打ちのめされながら、ふと「HVT-BCT300はHDMI端子とビデオ端子から同時音声出力はできるのかな?」という疑問が沸く。

というのも音の問題を解決するには別途スピーカーが必要になってくるので。
排他利用(どちらか一方しか使えない)ならThe Endです・・・。

使っていない超お古のコンポでテストしてみるとOK!o(*^▽^*)o

Photo

これでモニター内臓スピーカーの音を止めて、ビデオ端子から(音声のみ)出力する構成が可能であることがハッキリしたので、以下の条件を満たすようなスピーカーを別途用意することで音の問題は(ある程度)解決できる!

  • 音声入力(RCA)端子があるもの。
  • (設置場所の関係上)コンパクトサイズであること。
  • (奥さんや娘でも操作できる)音量調整のつまみがあること。
  • (奥さんや娘が納得できる)音質であること。 (この判断が難しい)
  • 予算は5,000円以下。

楽しい苦闘はまだまだ続く・・・(^_^;)

---2012/4/22追記---

この内容の続きは2012/4/22記載の"初めての購入スピーカーはサンワサプライの「MM-SPSBA2」"にあります。

| | コメント (2)

2011年8月21日 (日)

WHDI技術を使った「WTR-HDAV/A」で非圧縮で録画番組を飛ばそう!

このブログで地デジ番組録画のポータブルHDDを格安Getしたことを記載(2011/8/15)しましたが、今回は次なるステップ?について好き勝手に長々と記載してみます。

次のステップは"録画番組をリビングのTVまでワイヤレスで飛ばす環境構築"。
文章では中々説明しづらいので、我家の大まかなレイアウトを表示。

1

地デジ放送番組を録画できるようになったのがRoom3にあるTV。
ただお世辞にも15インチアナログモニターでは快適とは言えず、大きなモニターで見たいと思う(娘と奥さんはまったく気にしてませんが・・・)。
それにRoom3は娘や奥さんの寝室でもあるため、就寝中は録画番組の視聴は出来ない。
(実際のところ私は昔から番組録画してまでTV番組をみるという習慣がないので全然問題ないのですが・・・(^_^;))

そうなってくると、おのずと"ネットワークの利用"となってくるわけですが、ご存知の通り(著作権の関係上)まどろっこしい縛りをかけている地デジ録画番組をIPネットワーク経由で視聴するにはDLNAサーバーDTCP-IP対応機器が必要になってきます。

先月(2011年7月)、「HVT-BCT300」の新ファームウェアがリリースされたのですが、ありがたいことに、このファームウェアの更新でDLNAサーバー機能が利用できるようになる!

Photo

小さなアナログモニターのTVでは文字がつぶれて何書いてあるかわからないので(書き込みに失敗すると一発でオシャカ)、ファームウェアの更新はリビングのTVで実施。

Photo_2

これで「HVT-BCT300」にDLNAサーバー機能が搭載され、新製品の「HVT-BCT300S」と同等になった。\(^o^)/

確認も兼ねてDLNAサーバー機能を搭載された「HVT-BCT300」にネットワーク接続できるか一応試してみたところすんなりupnp_descriptor_0(応答)した。

Dlna

録画番組の配信できる状況にはなったものの・・・リビングのTV「KDL-32CX400」は、DTCP-IPには非対応のため録画番組の再生は出来ない・・・これは間違いでした。「KDL-32CX400」はDTCP-IPに対応しています。<(_ _)>

「KDL-32CX400」で(USB HDDをつなげて)番組録画することも可能なのですが、シングルチューナのため録画中はチャンネルの変更ができない・・・これではTVチャンネル変更による家庭内紛争が頻発するのは目に見えているので却下。


そんなモヤモヤとした状態のところに、HD動画を非圧縮で飛ばす以下の製品がリリースされるのを目にする!(◎o◎)

IODATA テレビ用HDMI無線化ユニット WTR-HDAV/A CE
IODATA テレビ用HDMI無線化ユニット WTR-HDAV/A
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2011/08/30

製品仕様によると電波範囲は最大20メートルなので我家の環境では十分OK!
あとは気になるお値段は定価で21,000円也・・・(-_-;)。
しかし、今の自分にとってこの製品は価格以上の価値があると感じているのでなんとかGetしたいところです。

2

ちなみにプラネックスから以下の製品が既にリリースされていましたが、定価73,500円と激高ながらも、「ブチブチ途切れて使い物にならない」とユーザーレビューで大酷評…この製品は(今では15,000円ほどで手に入るみたいですが)やめとこ・・・(-_-;)

PLANEX ワイヤレスHDMIキット(HDMI端子/映像・音声用送受信機2台セット/10m) HDMI-WKIT CE
PLANEX ワイヤレスHDMIキット(HDMI端子/映像・音声用送受信機2台セット/10m) HDMI-WKIT
Amazonで確認する

メーカー: プラネックス
発売日: 2010/07/08


ところで、HD動画を非圧縮で飛ばすのに、無線LANで行うのは安定性の面で何かと課題が多い。
(チャンネル混信、帯域、接続機器の台数による影響 等)

そこで「WHDI(Wireless Home Digital Interface)」や「Wireless HD」という短距離ながら大容量のデータを非圧縮でワイヤレス送信を可能にする技術の製品が最近注目されているようです。
以下備忘録も兼ねて記載しておくことにしよう。

Wireless HDでは「ミリ波(30G~300GHz)」というものすごい超高周波を使うのですが、これだけの高周波だと直進性が強くとても制御が難しいとのこと。
(ちなみに無線LANでは2.4Ghz~5Ghzだから単純計算で約6倍~125倍)

そこでWireless HDでは安定したワイヤレス通信を実現するための特徴があるのですが、そのひとつが1方向に向けて強力な電波飛ばすビームフォーミングという技術。
また遮蔽物対策としてビームサーチビームトラッキングという技術が盛り込まれています。

Wireless HD(やTransferjet、二次元通信など)の詳細な仕組みは以下の書籍の「超・近距離間ワイヤレス通信のしくみ」が図解入りでとても参考になりました。(^^♪

絶対わかる!モバイル・ブロードバンド超入門―ネットワークのしくみを知る!基礎を学ぶ! (日経BPムック ネットワーク基盤技術選書) Book


そんなわけでビームフォーミング機能は「Wireless HD」をうたったいる製品だけに搭載されているのかと思っていたのですが、ややこしいことにビームフォーミングを実装している無線LAN製品が(まだ少ないながらも)登場してきています。
現在私が知っている限りでは、以下の無線LAN製品にビームフォーミング機能が搭載されています。

バッファローの最大450Mbps対応の超高速無線LANルータ「WZR-HP-G450H」!

BUFFALO 11n/g 450Mbps対応 無線LANルーター Air Station WZR-HP-G450H CE
BUFFALO 11n/g 450Mbps対応 無線LANルーター Air Station WZR-HP-G450H
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2011/06/12

IOデータからはテレビ家電向けの無線LANアダプター「WN-AG300EA-S」が2011年9月上旬に発売予定。

I-O DATA デジタル家電用 無線LANアダプター 親機&子機セット WN-AG300EA-S CE
I-O DATA デジタル家電用 無線LANアダプター 親機&子機セット WN-AG300EA-S
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2011/09/10

単に録画番組を別のテレビでみるだけの話なのですが、いろんな技術や導入コストが絡んでくるわけでして・・・そんな状況を一人で楽しく騒いでる私でした。(^_^;)

| | コメント (0)

2011年8月15日 (月)

番組録画用HDDをGet!次なるステップは…

地デジ移行に伴って、我家の寝室にあるアナログTVは地デジチューナー搭載の「HVT-BCT300」を接続して利用しているのですが、番組録画用のHDDが必要になってくる。(もうアナログビデオテープは使えないし…(^_^;))

購入するHDDは、ポータブルHDDであることが必須条件。(バスパワーで利用するため。)
私、コンセントやケーブルが煩わしくて大嫌いいうこともあるのですが、使っているタップにあまり予備がない状態という事情も。
(ちなみに取説によると「HVT-BCT300」は500mAまでバスパワー給電可能とのこと。)

ポータブルHDDだと価格と容量のバランスのとれた製品が思っている以上に少ないのですが、それでも目ざとく安いものを見つけました。(^^♪
今回Getとしたのは、以下の「NTT-X」で期間限定製品。 http://nttxstore.jp/_II_SL13096587

Nttx_hdd

ゴールドの筐体デザインはハッキリ言って私の好みではありませんが、
640GB4,980円(送料無料!)なので良しとしよう。(^_^;)

Silicon Power USB2.0/1.1対応 耐衝撃 Armor A50 ポータブルHDD 640GB Gold SP640GBPHDA50S2G CE
Silicon Power USB2.0/1.1対応 耐衝撃 Armor A50 ポータブルHDD 640GB Gold SP640GBPHDA50S2G
Amazonで確認する

メーカー: シリコンパワー
発売日: 2009/11/20

蛇足ですが、昨年末(2010年12月)に320GBのポータブルHDDを3,980円でGetとして一人で浮かれてましたが、半年経った現在では、それほどお得な価格ではなくなってしまったみたい。


私のような(バカの一つ覚えみたいに)ポータブルHDDにこだわらなければ、
2TB8,000円以下というのもAmazonでざらにある!

WD Elements Desktop 2.0TB (USB2.0, 静音/省電力, PC&Mac, レグザ/アクオス/ブラビアTV録画対応) WDBAAU0020HBK-JESN CE

(2011/8/15現在)7,708円。単純計算で1GBあたり約3.8円?

Lacie USB3.0/2.0 3.5インチ外付ハードディスクドライブ minimusシリーズ 2TB LCH-MN2TU3/E [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] CE

(2011/8/15現在)7,980円


「HVT-BCT300」につなげてみた状態。(ただつなげて乗っけているだけですが…)

640gb_hdd

  • 購入前に気になっていた録画中HDDへの書き込み音はほとんどなし。
    (むしろあまりにも音がしないので録画されているのか心配になったほど。)
  • (経年劣化にかかわる)発熱は、ほんのり温かくなる程度で常識の範囲内。

これで最大で約55時間の番組録画できる環境が整った。

次なるステップは、モニターと録画した番組コンテンツをワイヤレスで飛ばしてリビングのメインTVで視聴することを実現してくれる機器の導入だね。 ( ̄ー+ ̄)
(奥さんになんてプレゼンするかが最重要課題ですが・・・)

| | コメント (0)

2011年8月 9日 (火)

地デジチューナの需要と供給のバランスが…

2011/7/24(日)に地デジ放送に完全移行しましたが、我家もどうにか完了。(^_^;)

といっても、貧乏な我家には、2台あるTVを同時期に入れ替えるほどの余裕なんてあろうはずもなく、ちっこいモニタのサブアナログTVには、地デジチューナー搭載の「HVT-BCT300」(このブログの2011/5/19に関連記載あり。)を接続して使っています。

I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BCT300 CE
I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BCT300
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2010/03/26

Hvtbct300

小2の娘でもテレビを見るぶんには、なんの支障もなく使えて一安心。
(「HVT-BCT300」は非常に多機能なのでもっさり動作?と思っていたのですが、予想に反してレスポインスは上々。)

以前、このブログに記載(2010/11/22に記載あり。)した通り、ネットワークメディアプレイヤー機能付きの地デジチューナーを導入したからには、色々とデジモノ関連商品をそろえたくなるもので、まずはモニタを以下の製品にすることを画策中。(^_^;)

AOC 2436Vwh 23.6インチワイド液晶 AWV2436W0H-G13R CE
AOC 2436Vwh 23.6インチワイド液晶 AWV2436W0H-G13R
Amazonで確認する

メーカー: AOC
発売日: 2010/08/20
  • 画面サイズ: 23.6インチ
  • 画面解像度:フルHD(1920×1080)
  • ノングレア(非光沢)液晶
    (個人的にはグレアでもノングレアでもどっちでもいい。)
  • HDCP対応製品 (テレビ用モニタには必須)
  • HDMI端子搭載 (しかもHDMIケーブルも付属)
  • スピーカー標準搭載
  • 応答速度: 5ms (サブTV用ならこれで十分かと。)

概ね上記の感じのスペックながらAmazon(2011/8/9現在)で13,453円という一昔ではありえない激安価格!
その他、録画用大容量HDDや録画コンテンツのワイヤレス配信する機器の導入を夢みているのですが、その辺の独り言はまた今度にでも。
(導入の最大の障壁は、奥さんの説得かな・・・(^_^;))

話が本題とだいぶ反れてしまいましたが、地デジ移行後も「地デジチューナーがメーカー各社品薄もしくは品切れ状態!」というニュースを目にしたので、何気なく価格.comで人気の地デジチューナの1つ、バッファローの「DTV-S110」をチェックして目が点になる・・・( ̄◆ ̄;)

Dtvs100

モノが余っている(と言われている)この国でも需要と供給のバランスが崩れると恐ろしいことになるのを実感・・・。
それにしても特需とは言え4,000円程度のものが、15,000円以上になるなんて何かがおかしい気がするのですが・・・(`◇´*)

| | コメント (0)

2011年7月27日 (水)

Android搭載のネットワークメディアプレイヤーが2011年下半期くる?

Android(アンドロイド)と言えば、爆発的に普及し続けているスマートフォンやタブレットPCに搭載されているイメージが大きいと思いますが、最近はネットワークメディアプレイヤーにも「Android搭載」と明記している製品が登場してきた!

サンコーレアモノショップからは、「Android media BOX」なるものが・・・。

サンコ- Android media BOX ADMEPL01 CE
サンコ- Android media BOX ADMEPL01
Amazonで確認する

メーカー: サンコー

アイオー・データからもAndroid搭載ネットワークメディアプレイヤーの「alimo(アリモ)」が8月上旬にリリースされる。
(アイオーが出すならバッファローやプラネックスだって黙っていないと思うなぁ。)

I-O DATA  ホームネットワークAndroidプレーヤー 「alimo」 IAT-PSR701 CE
I-O DATA ホームネットワークAndroidプレーヤー 「alimo」 IAT-PSR701
Amazonで確認する

メーカー: アイ・オー・データ
発売日: 2011/08/10

Androidも既存のネットワークメディアプレイヤー機に搭載されているOSもオープンソースのLinuxを使っているのですが、
「Android搭載のネットワークメディアプレイヤー」となってくるとユーザー自身でアプリをインストールできたり、比較的簡単にカスタマイズできるようになるため自由度が高くなるところが決定的に異なってくる。

自作大好きのメカ男君なら「PandaBoard(パンダボード)」や「BeagleBoard(ビーグルボード)」といった小型基盤を元にAndroidをインストールすることでネットワークメディアプレイヤーを自作することもそれほど高いハードルではない(かもしれない)。
興味ある方は「日経Linux 2011年6月号」などが参考になるかと。

日経 Linux (リナックス) 2011年 06月号 [雑誌] Book
日経 Linux (リナックス) 2011年 06月号 [雑誌]
Amazonで確認する

出版社: 日経BP社
発売日: 2011/05/07

2011年下半期は「Android搭載ネットワークメディアプレイヤー」の静かなブームがくる?

| | コメント (0)

2011年7月 3日 (日)

SONY「ブラビア」専用無線LANアダプタ「UWA-BR100」が届いたものの…

2011年6月中旬、ようやく我家にも(格安品ながらも)地デジテレビを購入。

購入したテレビは、SONYの32型ネットワークTV「KDL-32CX400」。

SONY 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ BRAVIA CX400 32V型 KDL-32CX400 CE

2011年7月末までにこの製品を購入するとUSB無線LANアダプタ「UWA-BR100」が無料プレゼントされるキャンペーンが実施中だったので、購入日に応募していました。(^^♪ (このブログの2011/6/15に関連記載あり。

で、その品「UWA-BR100」が(応募から約1週間ほどで)届き、今回はそれ絡みについて少々記載。

「UWA-BR100」は価格.comなどでも5,500円前後する製品でこの手の製品にしては結構割高。
それが「無料プレゼント。ありがたいなぁ。」なんて思っていたのですが・・・

SONY BRAVIA用 USB 無線LANアダプター UWA-BR100 CE
SONY BRAVIA用 USB 無線LANアダプター UWA-BR100
Amazonで確認する

メーカー: ソニー
発売日: 2010/02/25

「UWA-BR100」はでかい(300Mbps製品対応製品全般に言えることですが)・・・
ノートPC用の(150Mbps)USB無線LANアダプタと比較するとその差は歴然!

Photo_2


蛇足ですが「UWA-BR100」はバッファローの「WLI-UC-AG300N」と酷似していることから、恐らくOEM製品だと推測されます。

BUFFALO Air Station NFINITI 11n/a/g/b USB2.0用無線子機 WLI-UC-AG300N CE
BUFFALO Air Station NFINITI 11n/a/g/b USB2.0用無線子機 WLI-UC-AG300N
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2008/04/30

ただ「WLI-UC-AG300N」をブラビアTVで利用することは不可(のはず)。
ネットワーク対応TVには(もちろん今回の「KDL-32CX400」も)機器制御にLinux OSが採用されています。
USB無線LANアダプタを接続すると(Linuxカーネルの一部の)USBコアがUSB機器と情報を交わして、ベンダーIDなどを読み込みます。
取得したベンダーIDや製造IDを元に「UWA-BR100」以外の製品を認識させないようにしていると思われます。
(この辺についてはまた暇なときにでも記載みる予定。)


話を戻して、早速「UWA-BR100」をテレビにつけて無線LAN接続設定してみるもつながらず・・・(# ̄З ̄)

「おかしい?」・・・しばし時間が流れ・・・「もしや!」と思って無線接続設定をANY接続許可にしてみるとすんなり接続OKに・・・ということは・・・

Photo

そう、この製品は、無線LANの設定がステルス環境では接続できない機器ということになる!( ̄○ ̄;)!
(同じくステルス環境で利用できなかった無線LAN対応の複合機について、このブログの2011/2/12に関連記載あり。

ステルス環境で使えない無線LAN機器は、P-ぽけっと では使う気になれない。
(セキュリティ上は問題なのですがSSIDを周辺にばら撒きまくるのは少々抵抗があって。)

むしろセキュリティ上まずいなと思うのが、テレビ「KDL-32CX400」で無線LAN手動接続設定を行うことで設定してある事前共有キー(パスワード・パスフレーズ)が丸見え状態になってしまうこと。
こうした設定を第三者が我家の自宅リビングで行うことは、確率的にかなり少ないと思うけど、P-ぽけっとでは無線LANを業務上のインフラになっていることを加味するとやっぱり無視できない。

そんなわけでヤフオクで売却しちゃいました・・・(T_T)

Photo

「KDL-32CX400」はテレビとしてはネットワーク機能てんこ盛りで、そこがウリの1つですから、ネット接続をしないのもちょっともったいない・・・。
そんなわけでヤフオクでの売却金額を元手に無線LANイサーネットコンバータを購入することに。

安価な無線LANコンバータといえば、このブログでも毎度登場していますが、プラネックス製品。
今回はLANポートが2つあって小型ながらも3,000円以下で購入できる以下の製品をチョイスしてみました。

[Amazon.co.jp限定] PLANEX 手のひらサイズ 300Mbps無線LANコンバータ(子機)FFP-PKC03 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] CE

なんの問題もなく使える(もちろんステルス環境でもOK)のですが、1つ腑に落ちない点が・・・。その続きはまた今度。
(記載しないかもしれません・・・(^_^;))


蛇足ですが、2.4GHz帯を使った11g/n製品は、昨今爆発的に普及しているため、(場所によっては)無線LANアクセスポイントが乱立・密集されていて混信しやすい。
(しかも2.4GHz無線LAN規格はチャンネル数が少ないのでなおさら。)

動画・音声など連続して送られてくるマルチメディアデータは、途切れるとカクカクして見るに耐えなくなりますから、チャンネル数が多い(混信に強い)5GHz帯を使用した無線LANコンバータ(11a/n対応)がお勧め。
例えば、NECの以下製品は信頼性が高いみたいです。

NEC Aterm WL300NE-AG (Ethernet子機) PA-WL300NE/AG CE
NEC Aterm WL300NE-AG (Ethernet子機) PA-WL300NE/AG
Amazonで確認する

メーカー: NEC
発売日: 2009/02/08

あっ!書き忘れていましたが、当然無線LANルータも5GHzが使える11a/b/g/n対応のものが必要なのでご注意を。
以下は無線LANルータとのセットモデル。

NEC Aterm WR8700N(HPモデル) イーサネットコンバータセット PA-WR8700N-HP/NE CE
NEC Aterm WR8700N(HPモデル) イーサネットコンバータセット PA-WR8700N-HP/NE
Amazonで確認する

メーカー: NEC
発売日: 2010/04/15

個人的には5GHz対応の無線LANルータを単体で購入するならバッファローの以下の製品が多機能でコストパフォーマンスが高くていいかなと。

BUFFALO 節電+USBポート搭載 11n/a&n/g対応 ハイパワー 無線LANルーター AirStation WZR-HP-AG300H CE
BUFFALO 節電+USBポート搭載 11n/a&n/g対応 ハイパワー 無線LANルーター AirStation WZR-HP-AG300H
Amazonで確認する

メーカー: バッファロー
発売日: 2010/07/31

| | コメント (2)

2011年6月15日 (水)

地デジテレビ「KDL-32CX400」が我家についにやってきた!

我家には地デジテレビを購入することは当分ない(無理)と半ば諦めムードだったですが、6月に入り事態が急展開!

SONY 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ BRAVIA CX400 32V型 KDL-32CX400 CE

先日(2011/6/8)Getしちゃいましたぁ━━━━━━━!
というのも、(スペックや性能を考えると)嘘みたな値段の37,830円(3年保障付き)だったので!( ̄◆ ̄;)

37830

このテレビの特徴を挙げるとそれはそれはてんこ盛りで長ったらしくなるので、自分の中で気に入った点を簡単に列挙すると

  • 32インチにしてフルHD
    (2011年6月現在、32インチ型では唯一の機種!)
  • 超解像度エンジン「X-Reality」搭載
    (42インチ以上の上位機種に搭載されていた機能。エントリー機としては異例?)
  • DLNAクライアント搭載
    (これはもう今時テレビなら当たり前になりつつある?)
  • ネット関連機能満載
    (中でもスカイプ対応スマートフォンがリモコン代わりになる「Media Remote」は特筆に値する?)
  • 外付けUSB HDDを使っての番組録画可能
    (ただし録画中は他のチャンネルの視聴ができないけど。)
  • 6,000円前後のUSB無線LANアダプタ無料プレゼントキャンペーン中!
    (期間は2011/6/1~7/31までですが、在庫なくなり次第終了。)

バックライトに(LEDではなく)蛍光管を採用しているので消費電力が114Wと若干大きいのですが、この圧倒的な高コストパフォーマンス(ネットブック並の価格!)を前にすれば、購入を踏みとどめてしまうような重要ファクターではありません。
何より進歩と製品サイクルの早いこの時代、(知識と知恵を持ち合わせていれば)自分の身の丈にあったデジタル機器の上手な購入が可能ですしね。
(ちょっと貧乏人の負け惜しみにも聞こえるけど・・・(^_^;))

ネット通販でも大変人気があるようで、「価格.com」のデータによると5/26の37,000円底値から上昇に転じ、2011/6/15現在、42,300円。(それでも安いと思いますが・・・)

Photo

本日(2011/6/15)、K's電器の近くまで来る機会があったので立ち寄って見てみると、(購入時の39,000円から200円安くなって38,800円となっていましたが、)店頭在庫は既に完売していて納期はなんと8月上旬になっていた!
しかも遅延の可能性有りとの手書き文字も・・・)

Photo_2

とりあえず購入してよかった・・・ι(´Д`υ)アセアセ

購入した当日テレビをセッティングもせずに行ったことは・・・

Photo_3

でした・・・(^_^;)
到着した「UWA-BR100」については、このブログの2011/7/3に関連記載あり

SONY BRAVIA用 USB 無線LANアダプター UWA-BR100 CE
SONY BRAVIA用 USB 無線LANアダプター UWA-BR100
Amazonで確認する

メーカー: ソニー
発売日: 2010/02/25

| | コメント (0)